ワールド・オーケストラ・シリーズ」では米独仏のオーケストラが来日する。2016年も世界屈指のオーケストラと注目の指揮者が続々と来日!まず第一弾は「フィラデルフィア・サウンド」として、その豪華な音色が人気のフィラデルフィア管弦楽団が来日。注目したいのは世界で活躍するヴァイオリニスト 五嶋龍。その後は音楽監督レナード・スラットキン、フランス国立リヨン管弦楽団が来日。見所はなんといってもルノー・カプソンのヴァイオリン独奏であろう。11月には、89歳を迎える巨匠ヘルベルト・ブロムシュテットがバンベルク交響楽団とともに来日予定。その後はパリ管弦楽団が早くも新音楽監督ダニエル・ハーディングとともに来日。今年も豪華な「ワールド・オーケストラ・シリーズ」が約束されているようだ。

ワールドオーケストラの日程

100人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ワールドオーケストラの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ワールドオーケストラのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

ワールド・オーケストラ・シリーズ について

ワールド・オーケストラ・シリーズの魅力とは

米独仏の世界屈指のオーケストラと指揮者が来日する「ワールド・オーケストラ・シリーズ」。毎年豪華なスケジュールで話題のこのシリーズ。2016年はフィラデルフィア管弦楽団・フランス国立リヨン管弦楽団・ブロムシュテット指揮バンベルク交響楽団・バンベルク交響楽団・パリ管弦楽団が来日予定だ。注目の指揮者は、ヤニック・ネゼ=セガン・レナード・スラットキン・ヘルベルト・ブロムシュテット・ダニエル・ハーディング。

トップバッターとして公演するフィラデルフィア管弦楽団は、ブラームス「第2交響曲」、ブルックナー「第4交響曲・ロマンティック」などを演奏する予定。さらには五嶋龍の共演が決定している。そしてリヨン管弦楽団の回では、この楽団が最も得意とするムソルグスキー「展覧会の絵」が聴けるチャンスも。指揮者ブロムシュテットは毎年NHK交響楽団に客演されており、今回はバンベルク交響楽団とともに紡ぎだすベートーヴェンの傑作「田園」やヴァイオリン協奏曲の演奏を楽しみにしたいところ。そしフランス屈指の演奏者が集まったパリ管弦楽団は「ピーター・グライムズ」「ロメオとジュリエット」を演奏予定。世界トップレベルの演奏を味わえるのは「ワールド・オーケストラ・シリーズ」だけ!

ワールドオーケストラが好きな方はこんなチケットもおすすめ