FIVB女子バレーボールワールドグランプリとは毎年夏に開催される女子バレーボールの国際大会。32ヵ国のチームが参加ししのぎを削る戦いが繰り広げられる。1993年の開始から日本を含めた強豪国が出場、最多優勝回数を誇るのはブラジル。元々存在した男子バレーボールの大会ワールドリーグを参考にしたものであり、大きな目的はバレーボールのさらなる普及、発展としている。試合の展開は予選ラウンドを勝ち抜いたチームに加えその年の開催国による決勝ラウンドでの試合となっている。試合の様子は地上波でのテレビ放送も行っているが、日本でのラウンドがない場合は放送は行われない。2017年の日本での試合は宮城県で行われており、世界へと挑戦する様子が確認できる。女子バレーボール界では大きな試合の1つであり制覇は各国の目標となっている。

FIVBバレーボールワールドグランプリの日程

222人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

FIVBバレーボールワールドグランプリの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

FIVBバレーボールワールドグランプリのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/21 06:00更新)

FIVB女子バレーボールワールドランプリについて

FIVB女子バレーボールワールドランプリの魅力とは

FIVB女子バレーボールワールドグランプリとは1993年から毎年開催される女子バレーボール界の大きな大会の1つ。国際公式戦として非常に重要な位置に存在する大会であり、毎年多数の国からチームが参加している。基本的には32チームが参加することになっている大会だが、過去には28チームや20チームとなっている年も存在する。2010年までは12チームと現在に比べ非常に少ないことが分かるが、年々盛り上がりを見せており大会の最大の目的となっているバレーボールの普及などにかなりの貢献を見られる。決勝ラウンドの開催国はその年によって様々だがそのほとんどをアジア圏で開催している。過去には日本でも幾度か開催しており、2014年開催時には東京で行われ日本は準優勝を獲得している。他にも中国、イタリア、アメリカで開催している。試合の運びも年によって何度か変更を行っており、年による参加国の数などで競技方式が変わってくる。特徴的なのは多くの国が参加はしているものの、総当たり戦となっているわけではないので試合を行わない国も出てくる。2017年の大会は25回目となる節目の大会となっており、例年以上に各国気合が入っている。大会最多優勝はブラジルであり、その強さは尋常ではないが決して勝てない相手ではない。そこにはチームの強さとファンの応援が大きな力を持つことになる。

FIVBバレーボールワールドグランプリが好きな方はこんなチケットもおすすめ