WINNER JAPAN TOUR 2018取扱中!WINNER(ウィナー)は、BIGBANG2NE1を輩出したYGエンターテインメントから約8年ぶりに生まれたグループである。全世界が固唾を飲んで見守った韓国のオーディション番組「WIN:Who Is Next」で見事デビューを勝ち取った。 現在はジヌ、スンフン、ミンホ、スンユンからなる4人でメンバーが構成されている。BIGBANGのオープニングアクトとして、日本6大ドームツアーでは圧倒的なパフォーマンスを披露し、韓国だけでなく日本をはじめアジア各国にて注目された。こうして彼らはデビュー直後から各種チャートの「1位」を占拠し、あっという間に人気アイドルの仲間入りを果たした。2017年に開催されるファンイベント「WINNER FANEVENT 2017 IN JAPAN」は、ライブからトークセッションまで充実の内容になりそうだ。

WINNER JAPAN TOUR 2018

4,647人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

WINNERのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 18:00更新)

WINNERについて

WINNERの魅力とは

WINNERは韓国出身の5人組グループだる。デビューの契機は、YGエンターテインメント所属の練習生11名が、TEAM AとTEAM Bの2チームに分かれて対決するプロジェクト「WIN:Who Is Next」だった。その模様はテレビで数か月にわたって放送され注目を浴びた。最終バトル及び視聴者投票による最終投票によって、TEAM Aが見事勝利し「WINNER」としてデビューを勝ち取った。こうしてデビュー前から注目されていた彼らだったが、デビュー後もその勢いは増していく。

2014年に行われた初の来日ツアーでは、アルバムタイトル「2014 S/S -Japan Collection-」の文字通り、シティーボーイ、スタイリッシュなどWINNERのキーワード、ブランディングを全面に打ち出したライブとなった。衣装もさることながら、全編を通してファッションショー的な演出と、NYのネオン街、ショー劇場などをイメージした舞台演出の中で、彼らが全曲作詞、作曲に参加したアルバムの世界観を見事にダンスで表現した。ヒット曲の「EMPTY」「COLOR RING」をはじめ、ライブでは久保田利伸などのカバー曲を熱唱するなど、日本のファンに楽しんでもらえるような内容を盛り込んでいる。これは東京、札幌、福岡、名古屋、大阪などで計11回の公演で、2万人以上を動員するほどの盛況ぶりだった。その後も多くの公演を大成功のうちに納めており、今後も彼らの活躍に注目が集まっている。

WINNER(ウィナー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ