ウィーン国立歌劇場は、日本で開催されるオペラフェスティバルである。1989年に開催されて以来、定期的に開催されている。2011年は、東日本大震災の影響で、ツアー途中で6公演が中止に追い込まれてしまうという事態に見舞われたが、なんとかシリーズを遂行。すでにオペラ・ファンにとって、このシリーズは今後の人生の行事として、なくてはならない存在になっている。このウィーン国立歌劇場のオペラフェスティバルでは、世界一流のオペラ体験ができ、人生をより豊かにさせてくれることでしょう。

ウィーン国立歌劇場の日程

246人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ウィーン国立歌劇場の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ウィーン国立歌劇場のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

ウィーン国立歌劇場について

ウィーン国立歌劇場の魅力とは

公演演目に選ばれたのは、R. シュトラウスの「ばらの騎士」、ワーグナーの「ワルキューレ」。

R.シュトラウスは、ウェルザー=メストが得意とし、同歌劇場でも力を注いで取り組んでいる作曲家の一人。ドミニク・マイヤーが総監督に就任以来、新しいプロダクションの制作にも積極的だが、「ばらの騎士」においては、いつの時代にも変わらないウィーンらしさを残すという意味で、大切なレパートリーになっている。オットー・シェンク演出による「ばら騎士」は、かつて、カルロス・クライバーが指揮した伝説にもなったプロダクションですが、今回のウェルザー=メスト指揮によっても、また新たな伝説の誕生が期待されます。

また、もう一本の「ワルキューレ」は、ウェルザー=メストがまだ音楽監督に就く前の、2007年に初演されたもの。「ニーベルングの指環」が新制作されることになった際、ウィーン国立歌劇場の《指環》を託せる指揮者としてウェルザー=メストが選ばれたものです。

演出を手がけたズヴェン=エリック・ベヒトルフは、先鋭的ながらも美しく、ワーグナーのいわば神話的な世界のイメージを歪曲せずに描いている。スタイリッシュな演出によって、ウェルザー=メストの音楽づくりとマッチした『ワルキューレ』が創り出されている。

ウィーン国立歌劇場が好きな方はこんなチケットもおすすめ