ホイットニー(WHITNEY)は、2014年に解散したSmith Westernsでメイン・ソングライターを務めていたMax Karacek(Gt)とサポートメンバーのJulien Ehrilich(Dr)が中心になり結成されたインディー・ロックバンドだ。2016年に1stアルバム「ライト・アポン・ザ・レイク」でメジャーデビューを果たし、アルバム収録曲「No Woman」と「Golden Days」は米音楽メディアPitchforkのBest New Trackに選ばれた。1960年代のフォーク、カントリーを基調にしたアコースティックなサウンドと透明感のあるボーカルが人気を集めている。USインディーの新星・ホイットニー(WHITNEY)の心地よいサウンドを聴いてほしい。

ホイットニー(WHITNEY)の日程

7人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ホイットニーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 00:00更新)

ホイットニー(WHITNEY)について

USインディーロックバンド、ホイットニー(WHITNEY)の魅力とは

フォーク・バロックミュージックを基調としたメロウなメロディーとシンプルなアコースティックサウンドが人気を呼んでいるホイットニー(WHITNEY)は、2015年にMax Karacek(Gt)とJulien Ehrilich(Vo/Dr)を中心に結成されたインディー・ロックバンドだ。バンド名のホイットニー(WHITNEY)は「独身の老人男性をイメージした」架空のキャラクターであるとともに、Julienがはじめてキスをした女の子の名前とも言われている。

元Smith WesternsのギタリストだったMax KakacekとドラマーだったJulien Ehrlich (Unknown Mortal Orchestraのメンバーとしても活動していた)が意気投合し、リズム・ギター、ベース、キーボード、ホーン、サウンドエンジニアを加えた7人でライブ活動を開始し、2016年にWild NothingやUnknown Mortal Orchestraとツアーを敢行するほか、アメリカ3大フェスのひとつ「Bonnaroo Music and Arts Festival」やイギリスの野外フェス「Reading and Leeds Festivals」などに参加し、注目を集めた。2017年1月には待望の来日公演が開催される。USインディーの新しい風を運んでくるホイットニー(WHITNEY)のライブを楽しんでほしい。

ホイットニー(WHITNEY)が好きな方はこんなチケットもおすすめ