SHIN( WHITE JUDAS)は、2015年に解散した5人組ビジュアル系ロックバンドViViDのボーカリストだ。ViViD解散後、Twitterの更新も止まり動向が不明だったが、2016年9月4日にオフィシャルサイトをオープンし、ソロ曲の試聴音源とTEASER MOVIEを公開し、VIVID解散から605日後となる12月24日にワンマンライブを開催することを告知し、ファンを驚かせた。2015年8月にV系フェス「V-NATION」にWHITE JUDASのプロジェクト名で1日限りの出演を行っており、それ以来のライブとなる。抜群の歌唱力とソングライターとしての才能を高く評価され、ViViD時代からたくさんのファンを持つSHIN( WHITE JUDAS)の再生の始まりをぜひその目と耳で確かめてほしい。

SHIN(WHITE JUDAS)の日程

70人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

SHINのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 12:00更新)

SHIN(WHITE JUDAS)について

元ViViDのボーカリスト、SHIN( WHITE JUDAS)の魅力とは

2011年にシングル「夢〜ムゲンノカナタ〜」でメジャーデビューしたViViDは、バンド結成後最速で日本武道館ワンマンライブを成功させるなど、実力派ビジュアル系ロックバンドとして一世を風靡した。
楽曲の多くがテレビアニメのタイアップ曲に起用され、「レベルE」のエンディングテーマ「夢〜ムゲンノカナタ〜」や「機動戦士ガンダムAGE 第3部・キオ編」のオープニングテーマ「REAL」、「BLEACH」のオープニングテーマ「BLUE」などがヒットした。人気の頂点にあったViViDだが、メンバーの方向性の違いから、2015年4月のパシフィコ横浜国立大ホールでのライブ公演を最後に解散することとなった。
解散後、他のメンバーがソロやユニットとして活動を始めるなか、2015年8月にV系フェス「V-NATION」にWHITE JUDASの名前で1日限りの出演を行う。その後、沈黙を守ったSHINの動向が心配されたが、2016年9月4日にWEB上でオフィシャルサイトをオープンし、活動を再開することを発表し、衝撃を与えた。
ViViD解散から605日後の12月24日にソロとしてのファーストライブ「約束」が開催される。越えなければならない壁を乗り越えて、ファンとの「約束」を果たすために再び始動するSHINの歌声をぜひ聴いてほしい。

SHIN(WHITE JUDAS)が好きな方はこんなチケットもおすすめ