ホイッスル!」ファン待望の舞台化が決定。「 ホイッスル! 」は1998-2002年に連載されていたサッカー漫画。小柄な主人公が人一倍の努力を重ね、仲間やライバルとともに切磋琢磨し、選手としても人間としても成長を遂げていく姿を描いている。主人公の風祭将は、大のサッカー好きで、将来はJリーガーになり世界で活躍することを夢見ている中学生。愛称はポチ。連載終了から10年以上経った今も、主人公のひたむきに努力し続ける姿は、多くの人に夢と希望を与え続けている。本公演は2016年に東京・シアター1010にて公演が行われる予定で、キャストやスタッフなどは現時点では明かされていない。前向きに生きる元気をもらえること間違いなしの作品だ。

ホイッスル! 舞台の日程

306人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ホイッスルの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ホイッスルのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

ホイッスル!について

ホイッスル!の魅力とは

週刊少年ジャンプで1998から4年間連載されていたサッカー漫画「ホイッスル!」の舞台化が決定。「ホイッスル!」は主人公である風祭将が将来Jリーガーになることを夢見て、ライバルとともに切磋琢磨し成長を遂げていく物語。元はサッカーの名門校である武蔵森学園に通っていたが、彼はそこで3軍の選手であった。楽しくサッカーをしたいという理由で公立の桜上水中学に転校。しかし顧問の早とちりで武蔵森からエースが来たと勘違いされて不信を買い、早くも居場所を失ってしまう。だが風祭はくじけずに見事レギュラーを獲得し、さらなる高みを仲間と共に目指していく。

彼は平凡な中学生であったが、がむしゃらな姿勢がチームの局面を切り開くことも多い。主人公 風祭将 の勇気と努力は、多くの人に夢と希望を与えてくれた。。風祭将と魅力的なキャラクターが織りなす世界を、どう舞台で表現されるのか、是非足を運んでこの目で確かめよう。

今回の舞台化にあたって原作者の樋口は「まさか舞台化される日が来るなんて、あのころは夢にも思いませんでした。今は一観客として、どんなふうに『ホイッスル!』が舞台として仕上がってくるのか楽しみです!」と期待のコメントを寄せている。

ホイッスル! 舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ