ウエストランドはタイタンに所属するお笑いコンビだ。岡山県出身の井口浩之はツッコミ担当。この井口が早口で捲し立てるというのがスタイルの基本となっている。同じく岡山県出身の河本太はボケ担当。タイタンの社長であり太田 光の妻である太田光代から「太田 光と同じ目をしている」と言われた経験がある。二人の出身は岡山であるが、中学、高校と同じ学校を卒業している。若手が大きなチャンスを掴むことの出来るタイタン登竜門、タイタンライブRheaの「タイタンゲート」に出演。この時に日本エレキテル連合とともに預かりとなりその後所属に至った。その後ウエストランドはTHE MANZAIで認定漫才師選ばれ、新春レッドカーペットではレッドカーペット賞も獲得している。

ウエストランドの日程

3人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ウエストランドのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

ウエストランドについて

ウエストランドの魅力とは

ウエストランドは若手の中でも特に実力派のお笑いコンビ。ネタのほとんどを井口浩之が一人で喋ると言う変わっていながらもきちんと面白いというコンビで、特にTHE MANZAIなどの賞レースでは評価が高い。
ネタ作り、構成のほとんどをツッコミの井口浩之が担当していてお笑いに対してのポリシーも際立っているのがこちらだ。認定漫才師にも選ばれていたウエストランドであったがTHE MANZAIの2014では決勝に進出することが出来なかった。その時には自身の番組にて企画構成のシステムに苦言を呈するという場面があったがこれもお笑いに対して真剣であるからこそのことであった。
同期でありながら流行語大賞まで獲得した日本エレキテル連合のことや、笑っていいともにレギュラー出演したにも関わらず番組自体が終わってしまったことをよくネタにしている。事務所の大先輩にあたる太田光からは何も出来ないくせに認定漫才師なんかに選ばれたこと自体がウエストランドの向上を妨げているとダメだしされている。(太田光は認定のシステム自体も批判している)このようにネガティブな思考こそがウエストランドのネタになり漫才に磨きをかけ、自虐ツッコミが冴えていくという面白い一面がある。

ウエストランドが好きな方はこんなチケットもおすすめ