WBA世界ミドル級タイトルマッチ WBC世界フライ級タイトルマッチ取扱中!WBA世界タイトルマッチとは、世界で最も歴史の古いボクシング協会が主催するボクシングの公式試合。WBAとはプロボクシングの世界王座認定団体の1つとされており、歴史も深くその他いくつか存在するボクシング協会のもととなる団体である。そのWBAにより開催されるタイトルマッチはその種類だけ存在しており、下はミニマム級から上はヘビー級まで存在している。かつて日本人ボクサー具志堅用高が当時の世界最多記録となる防衛に成功。その都度世界各国でタイトル防衛線が開催されており、日本でも全国各地で開催されている。もちろん日本人選手も多く出場しており、2017年秋には2012年のロンドンオリンピックで金メダルに輝いた村田諒太とフランス人ボクサーのミドル級タイトルマッチが開催される。

WBA世界ミドル級タイトルマッチ WBC世界フライ級タイトルマッチ

128人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

WBA世界タイトルマッチのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 00:00更新)

WBA世界タイトルマッチについて

WBA世界タイトルマッチの魅力とは

WBA世界タイトルマッチは、世界ボクシング協会WBAにより開催される世界イチのボクサーを決めるボクシングの頂上決戦。ミニマム級からヘビー級まで全部で17階級ある中で、タイトルマッチももちろんその数だけ行われている。さらに防衛線と称した現チャンピオンと挑戦者の戦いが行われ、現チャンピオンが勝った場合は防衛成功、もし負けてしまえばチャンピオンが入れ替わる。

常に新しいチャンピオンが出現するチャンスに溢れた試合であるが、チャンピオンの入れ替わり以上に現チャンピオンの多さも現在では1つの話題となっている。ボクシング協会は最も歴史の古いWBAをはじめWBC、IBF、WBOと存在し、さらにそこに各階級が加わることで現チャンピオンは莫大な数となる。そんなボクシング界で最も歴史的な活躍をした人間をピックアップしたのが、1998年にWBAが発表した「歴史的に議論なきチャンピオン」である。ヘビー級のモハメド・アリ、ミドル級のカルロス・モンソン、そしてライトフライ級には日本から具志堅用高が名を連ねている。日本をはじめ世界中で人気のスポーツであるボクシング、その世界タイトルマッチは常に進化を続けるアスリートの活躍の場そして憧れの場として君臨している。

WBA世界タイトルマッチが好きな方はこんなチケットもおすすめ