WBA(世界ボクシング協会)によって定められた階級のうちの一つがスーパーフェザー級だ。フライ級より重く、ライト級より軽いこの層の体重制限は57.153㎏〜58.967㎏で、平均身長は169cmから171cm程度。「ボクシングの起源」とも言われているギリシャを含む欧米では軽量級に入るのかもしれないが、日本人の体格で言えばやや平均的な体格であり、充分に見応えのある試合となっている。欧米人の参加も多いこの級で内山高志が合計11度の防衛を経て2015年2月21日から2016年4月27日までスーパー王者となったのは、まさに偉業といえよう。日本人も多く活躍するスーパーフェザー級、応援しない手はないだろう。

WBA世界スーパーフェザー級の日程

34人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

WBA世界フライ級の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

WBA世界フライ級のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/17 12:00更新)

WBA世界スーパーフェザー級とは

WBA世界スーパーフェザー級について

WBA世界スーパーフェザー級とは、プロボクシングの世界王座認定団体「世界ボクシング協会」(World Boxing Association)、通称WBAが認定するランク、「スーパーフェザー級」のことである。

平等主義が魅了のボクシングでは体重によって階級が分けられており、同レベルの人との戦いが決められている。その階級はプロボクシングでは17種類、アマチュアで13種類に分けられており、それぞれがそのランクでの頂点を目指すこととなる。

プロボクシングでは、最も軽い階級から順にミニマム、ライトフライ、フライ、スーパーフライ、バンタム、スーパーバンタム、フェザー、スーパーフェザー、ライト、スーパーライト、ウエルター、スーパーウエルター、ミドル、スーパーミドル、ライトヘビー、クルーザー、ヘビーの17階層で構成されている。

スーパーフェザー級はちょうど真ん中あたりにある階層で、体重制限は57.153㎏〜58.967㎏であり、主な日本人選手には内山高志、三浦隆司などがいる。小柄な人が多いアジアからの選手が強いと言われる軽量級だが、フェザー級周辺からは小柄な欧米人も参戦する為、タイトルを取るのは特に厳しいと言われているスーパーフェザー級。白熱の試合は、是非会場の熱気と共に楽しんで頂きたいところだ。

WBA世界スーパーフェザー級が好きな方はこんなチケットもおすすめ