「ナベサダ」の愛称で親しまれている渡辺貞夫は、世界的に活躍するジャズサックス奏者だ。代表作である「カリフォルニア・シャワー」は通算100万枚をセールスし、ジャズ界では空前の大ヒットを記録するなど、日本の音楽界を常にリードし続けるジャズ界の巨匠である。またジャズだけにとどまらず、アフリカやブラジルの音楽を取り入れ新たな音楽シーンを築き上げている。渡辺貞夫の活躍は多くの人に影響を与え、1995年に芸術文化分野において優れた業績を挙げた人に贈られる日本の褒章の一つ、紫綬褒章を受章。さらに2005年には日本国際博覧会「愛・地球博」で政府出展事業の総合監督を務め、メッセージソングの作曲を担当し、その功績が認められ旭日小綬章を受章した。渡辺貞夫の奏でるサックスの音色は、優しく、温かみがあり、そして美しい。一度ライブに行けば彼の音楽に魅了され、虜になること間違いなしだ。

渡辺貞夫の日程

193人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

渡辺貞夫のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 18:00更新)

渡辺貞夫について

渡辺貞夫の魅力とは

渡辺貞夫とは、日本を代表するジャズ・フュージョンのアルトサックスプレイヤーだ。ファンからは「ナベサダ」と呼ばれ親しまれている。
1933年2月1日生まれの栃木県宇都宮市出身。学生時代に映画「ブルースの誕生」を観てクラリネットを始める。高校を卒業後上京、クラリネットからアルトサックスに変更し本格的に音楽活動を始めた。
80歳を超えた今も世界を舞台に活躍を続け幅広い世代から高い人気を誇る。

1978年に発表した「カリフォルニア・シャワー」は通算100万枚のセールスを記録するという偉業を達成し日本で「ジャズ」というジャンルを広く浸透させた。1980年には「渡辺貞夫リサイタル・イン武道館」を開催し3万人余りを動員するなど、日本のジャズ界をリードし続けている。
また2005年に行われた日本国際博覧会「愛・地球博」では政府出展事業の総合監督を務め、メッセージソングの作曲を担当し世界平和のメッセージを音楽を通して提唱した。その功績が認められ同年に日本の勲章の一つである旭日小綬章を受章する。

渡辺貞夫の作る曲はジャズファンのみならず、初心者でも聴きやすいキャッチーなメロディが特徴で親しみやすい曲ばかり。是非ライブ会場で渡辺貞夫の創り出す世界観を堪能してほしい。

渡辺貞夫が好きな方はこんなチケットもおすすめ