笑い飯は奈良県出身の西田幸治と哲夫からなる漫才コンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。漫才はボケとツッコミ担当に分かれるが、笑い飯は2人ともボケ・ツッコミ担当という独自スタイルの芸風を確立している。「M-1グランプリ」に第2回から決勝に9回連続で出場し続け、2010年におこなわれた第10回大会で悲願の初優勝を飾り、王者となった。その後、「THE MANZAI 2012」では認定漫才師に、第49回上方漫才大賞では大賞を受賞している。テレビ番組やCMなどにも多数出演、定期的に単独ライブも開催されている。「よしもと幕張 週末ネタライブ」「笑い飯・千鳥の大喜利ライブ」「M-1 グランプリツアー」など、この夏もライブが目白押しだ。

笑い飯の日程

178人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

笑い飯のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

笑い飯について

笑い飯とは

笑い飯は奈良県出身の西田幸治と哲夫からなる、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の人気お笑いコンビ。もともとは別のコンビでボケを担当していたが、2000年にライブで共演したことをきっかけにコンビを結成した。
二人ともボケ担当の「Wボケ」と呼ばれ、ボケとツッコミが入れ替わる独自の芸風を確立した。

M-1グランプリをきっかけにブレイクした笑い飯だが、以前からその才能は認められており、中でもバッファロー吾郎は自らがプロデュースしているイベントに彼らを出演させ、活躍の場を与えたという話は有名だ。
そのM-1グランプリでは第2回から決勝戦に9回連続で進出するも惜しくも優勝を逃し続けていた。M-1グランプリの出場資格は「結成から10年まで」となっているため、第10回大会は笑い飯にとってはラストチャンスであった。最後の挑戦となった第10回大会の決勝戦、僅差で優勝をつかみとり、有終の美を飾った。

笑い飯は、2003年にNHK上方漫才コンテスト最優秀賞、2004年にMBS新世代漫才アワード優勝、2005年に上方お笑い大賞で最優秀新人賞などを受賞している。テレビ番組やCMにも多数出演、定期的に単独ライブや全国ライブツアーも開催されている。また「よしもとお笑いライブ」「よしもと幕張 週末ネタライブ」「M-1 グランプリツアー」など、この夏の熱いライブが目白押しだ。
中でも、2人が得意とする大喜利がおこなわれる「笑い飯・千鳥の大喜利ライブ」は見逃せないだろう!

笑い飯が好きな方はこんなチケットもおすすめ