和久井穂波は日本のフルート・ピッコロ奏者である。10歳の頃からフルートをはじめ、京都市立音楽高等学校(現・京都市立京都堀川音楽高等学校)を卒業。同高校在学中に、第62回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部で入賞を果たしている。その後、同志社女子大学学芸学部音楽科演奏専攻管弦打楽器コースに進学する。大学在籍時には同大学オーケストラとソリストとしても共演している。各種コンクールのフルート・ピッコロ部門で数多くの入賞歴を持っている。これまでに、小林千晶、虎谷朋子、長山慶子、市川智子、増本竜士らに師事している。フルート奏者の若き才能として多くの期待を集めているのが和久井穂波という逸材なのである。

和久井穂波の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

和久井穂波について

和久井穂波とは

和久井穂波は日本のフルート・ピッコロ奏者である。10歳からフルートの演奏をはじめ、京都市立音楽高等学校(現京都市立京都堀川音楽高等学校)在学中に第62回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部で入賞。同志社女子大学学芸学部音楽科演奏専攻管弦打楽器コース在籍時には、第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会フルート部門大学女子の部第5位に入賞するなど、学生時代からその才能の片鱗を発揮している。

この他にも各種コンクールのフルート・ピッコロ部門で数多くの入賞歴を持っている。これまで京都フランス音楽アカデミーでジャン・フェランディス氏、第6回いこま国際音楽祭マスタークラスでレナーテ・グライス=アーミン氏のクラスを修了したという輝かしい経歴を持っている。現在は結婚式場や、高齢者介護施設など様々な場所で依頼者のニーズに合わせた演奏を行っている他、JEUGIAミュージックサロン三条でフルート・ピッコロ講師として経験者から初心者まで幅広く指導を行い、フルート・ピッコロの普及に広く務めている。
あうろすフルートあんさんぶるや京都新祝祭管弦楽団にメンバーとして所属しているので、今後彼女の演奏を聴く機会も増えていくだろう。

和久井穂波が好きな方はこんなチケットもおすすめ