Wake Up,Girls!(ウェイク・アップ ガールズ)は、同名のアニメから派生した声優アイドルユニットだ。メンバーは2012年に行われたオーディションに合格した、吉岡茉祐田中美海ら7人から構成されている。ユニット結成後は「@JAM 」「Animelo Summer Live」など大規模イベントのステージに登場し、新星ユニットとして注目を集めた。初のライブツアーでは約5,000人を動員するなど、彼女たちの人気は年々加速していく。そして2016年に行われた全国ツアーでは、7都市14公演で約1万5000人の動員を記録した。2017年には新たにアニメ「Wake Up, Girls!新章」の放送が控えており、これからもユニットとしての活躍に期待が高まっている。

Wake Up Girlsの日程

1,015人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Wake Up Girlsのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/29 00:00更新)

Wake Up, Girls(ウェイク・アップ ガールズ)について

Wake Up, Girlsの魅力とは

テレビアニメ「Wake Up, Girls!」は、2011年に発生した東日本大震災を受け、アニメ演出家の山本 寛が東北地方をモデルとして作った作品だ。このアニメから派生したのが、アイドルユニット「Wake Up, Girls!」(WUG)である。メンバーは2000人規模のオーディションから選抜された、吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑の7人からなる。

アニメの物語は、仙台を舞台として7人の少女がアイドルを目指すというものだ。仙台の弱小芸能プロダクションであるグリーンリーヴズ・エンターテイメントは、最後の所属タレントも辞めていき、窮地に立たされていた。そこで社長はアイドルユニットの結成を思いつき、マネージャーが渋々街でスカウトを始めたことから物語は幕を開ける。こうして集まった7人の少女は、現実の世界でも「WUG」として活躍している。

WUGは2013年に結成され、翌年には単独イベントを成功に収めた。さらに音楽フェスやイベントなどでパフォーマンスを重ねた彼女たちは、次第に声優ユニットを代表する存在にまで成長を遂げた。またアニメや彼女たちのブレイクによって、東日本大震災被災地への聖地巡礼が増加。この復興応援活動が評価され、Wake Up, Girls!は「第9回声優アワード」特別賞を授賞している。

Wake Up Girlsが好きな方はこんなチケットもおすすめ