分島花音 The strange treat!取扱中!分島花音(わけしま かのん)は東京都出身の女性シンガーソングライター、チェリスト、イラストレーターである。ウルトラシ-プ所属。両親の勧めで3歳の頃からチェロを習い始め、中学時代から音楽活動を開始。高校に進学し、ボーカルをこなすようになった。弦楽アンサンブルでの活動や古楽コンサートにバロック・チェロで参加、チェリストとして多数のリサイタルやジョイント・コンサートを経験した。そういった活動と並行して音楽創作も行っていた。在学中にSony Musicが主催のオーディションでファイナリストに選出され、Sony Musicと契約した。契約後に元MALICE MIZERのリーダーで現在はソロサウンドプロジェクトMoi dix Moisとして活躍するManaと出会った。2008年にManaプロデュースでデビューシングル「still doll」jをリリース。チェロ・ボーカリストのメジャーデビューは日本初であり注目を集めている。

分島花音 The strange treat!

201人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

渋谷7TH FLOOR

スターパインズカフェ

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

分島花音のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 06:00更新)

分島花音について

分島花音の魅力とは

卓越した才能と異質なスタイルで人気を集めている分島花音。東京出身の女性シンガーソングライター、チェリスト、イラストレーターである。ウルトラシープ所属。両親の勧めで3歳の頃からチェロを習い始め、中学時代から音楽活動を開始。高校に進学し、ボーカルをこなすようになった。弦楽アンサンブルでの活動や古楽コンサートにバロック・チェロで参加、チェリストとして多数のリサイタルやジョイント・コンサートを経験した。そういった活動と並行して音楽創作も行っていた。在学中にSony Musicが主催のオーディションでファイナリストに選出され、Sony Musicと契約した。契約後に元MALICE MIZERのリーダーで現在はソロサウンドプロジェクトMoi dix Moisとして活躍するManaと出会った。2008年にManaプロデュースでデビューシングル「still doll」をリリース。チェロ・ボーカリストのメジャーデビューは日本初であり注目を集めた。2011年にテレビアニメ「to LOVEる-とらぶる-ダークネス」のエンディングテーマに採用され、以後も多くの作品で彼女の楽曲が使用されている。2017年11月、12月にも彼女のワンマンライブは開催される。分島花音が作り出す世界に1度足を踏み入れてみてはいかがだろうか。

分島花音が好きな方はこんなチケットもおすすめ