和合真一は東京都出身、ウイントアーツに所属する俳優である。デザイナーとしての職務歴が7年あり、グラフィックデザインやイラストレーションを得意とする才能の持ち主だ。自己紹介は「平和の和に合格の合、真実はいつも1つと書いて和合真一です!」と言うのが定番となっている。様々なイベントへモデルとしても出演する和合真一であるが、トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演 Vol.4朗読劇「二人のロミオと、二人のジュリエット」を皮切りに舞台へも多数出演。「舞台 黒子のバスケ THE ENCOUTER」や「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜」など話題作への出演が続く和合真一の活躍に期待が寄せられている。

和合真一の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

和合真一について

和合真一とは

デザイナーとしての職務歴が7年あり、グラフィックデザインやイラストレーションを得意とする才能の持ち主である和合真一。その中性的な風貌から「東京ランウェイ2014」や「Brilliant Star☆デコレーションズ」、「スーパー・ボーイズ・フェスティバル」に出演しモデルとしても活動している。
2013年には金子修介監督「生贄のジレンマ」に中村恭平役で出演。その後、トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演 Vol.4朗読劇「二人のロミオと、二人のジュリエット」のベンヴォーリオ役で初舞台を踏むと、「人狼の王子様☆2nd season」や創造集団生活向上委員会 第32回公演「オルガンズ~おんな赤ひげ奮闘記~」など次々と出演。

2016年にはイケメン俳優の登竜門、「舞台 黒子のバスケ THE ENCOUTER」にて森山由孝役を演じ話題となった。また「おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜」ではリアル頭身バージョンの6つ子「F6」として十四松役で出演することが決定している。
更に初の単独バースデーイベントとなる「WAGONOWA 30th PARTY!!」も開催するとあって2016年は快進撃の年となっている。

和合真一が好きな方はこんなチケットもおすすめ