熊本ヴォルターズは、2015年4月に設立されたB.LEAGUEの2部西地区に所属し、熊本県をホームタウンとするバスケットボールチームだ。2013-14シーズンからNBLに参戦し、九州では始めてのNBL所属チームとなった。熊本県のシンボル・阿蘇に代表される火山「volcano」と阿蘇を水源とする「water」の造語である「ヴォルターズ」をチーム名とする。バスケットボール好きの男の子のクマをモチーフにしたマスコット「ぼるたん」は、バスケットボールの形の耳と炎と水のフェイスペインティングをした目を持ち、会場のテンションを最高潮に盛り上げる。キャプテンを務める小林慎太郎(SG)、199cmの中西良太(F/C)、神原裕司(G)、高濱拓矢(F)、古野拓巳(G)に、208cmのジョエル・ジェームズが加入し、インサイドの強化が図られた。チームワークでB.LEAGUEの戦いに臨む熊本ヴォルターズを応援しよう。

熊本ヴォルターズの日程

5人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

熊本ヴォルターズについて

バスケットボールで復興を目指す熊本ヴォルターズの魅力とは

2005年にbjリーグが発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグとJBL(2013年からNBLに改編)の2リーグが併存する状態が続いていた。国際バスケットボール連盟 からの強い要望を受け、川淵三郎をチェアマンとした「JAPAN 2024 TASKFORCE」の主導の下、2015年4月、長年の課題だった統一プロリーグ・JPBLが設立された。JPBLは通称「B.LEAGUE」と呼ばれ、1部(18チーム)、2部(18チーム)、3部(9チーム)の階層に分かれ、1部と2部は東・中・西地区に分かれてリーグ戦とチャンピオンシップを争う。

B.LEAGUEの2部西地区に所属する熊本ヴォルターズは、九州で唯一NBLに所属していた熊本県を本拠地とするバスケットボールチームだ。2013-14シーズンから3シーズンにわたり厳しいリーグを互角に戦ってきた。チームの主力メンバー小林慎太郎(SG)、中西良太(F/C)、神原裕司(G)、高濱拓矢(F)、古野拓巳(G)に、本場アメリカの名門ノースカロライナ大出身のルーキー、ジョエル・ジェームズが加わった。身長208cmの高さでインサイドワークに強さを発揮する彼のプレーは、熊本ヴォルターズの大きな戦力となるだろう。

熊本ヴォルターズが好きな方はこんなチケットもおすすめ