バレーボールは、1895年アメリカのウィリアム・G・モーガンによって考案された球技。現在は世界中で普及し、国際試合は1チーム6人制で行なわれている。またバレーボールがオリンピックの正式種目に加わったのは、1964年の東京五輪からだ。現在は「FIVBワールドリーグ」「全日本バレーボール」「FIVBワールドカップバレーボール」や、国際バレーボール連盟がアジアのバレーボールの発展を目的として主催する「FIVBワールドグランプリ」など多くの大会が開催されている。そして「春高校バレー」の名で親しまれる「全日本バレーボール高等学校選手権大会」は約6400校の頂点を決める大会。数々の名シーンや多くのドラマを生み出す青春ヒストリーは必見だ。1つのボールをめぐる白熱した戦いは、観客を熱狂の渦に巻き込むこと間違いなし。

バレーボール人気のチケットランキング

さ〜そ

  • 全日本バレーボールは、国際大会で編成される男子・女子バレーボールのナショナルチーム。最近は、「サッカー日本代表」のようにナショナルチームを日本代表と呼ぶことが一般的だが、日本バレーボール協会では、現在も「全日本」「全日本…

た〜と

  • 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会は、2007年から開催されているバレーボールの大会である。各チームが目指す天皇杯および皇后杯の歴史は古く、1950年に全日本総合選手権大会(9人制)で下賜されたものであり、賜杯…

は〜ほ

バレーボール ゲーム情報

究極のチーム戦!バレーボールの魅力とは

1985年にアメリカ合衆国で考案された「バレーボール」は、テニスをヒントとしたレクリエーションとして始まった。その後アメリカ全土に広まったバレーボールは、カナダやキューバなど海外にも伝わっていく。日本に伝わったのは1913年で、1920年頃にはヨーロッパにも普及していった。そして1949年には初の国際大会「第1回バレーボール世界選手権」が開催されるなど、バレーボールは国際的に発展していった。1964年にはオリンピック正式種目に加わり、現在では世界的なスポーツとして人気を博している。

バレーボールには様々な戦術が存在し、その戦術を駆使する頭脳プレーは見逃せない。別名速攻とも言われる「クイック攻撃」、後衛のプレーヤーがアタックラインの後ろから打つ「バックアタック」、おとりのプレーヤーによってブロックのタイミングを崩す「時間差攻撃」、ジャンプのフェイントを入れる「一人時間差」などが生み出す、ギリギリの攻防戦に注目してほしい。バレーボールは、日本で圧倒的な人気を誇るスポーツの1つだ。国際公式戦「FIVBバレーボールワールドグランプリ」や世界規模のリーグ戦「FIVBワールドリーグ」など国内で開催される大会も多く、世界トップレベルの試合を日本国内で観戦できるチャンスは必見だ。