引き籠りネトゲニートの悲しい末路「時間の支配者」7話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「時間の支配者」7話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容は旅に出た4人が飛行機で遭遇したある狂った人物とのバトルがメインとなりました。おそらくこの男に声をかけた人物が黒幕ということになるのでしょうが、それを今回掴むことはできませんでした。それはともあれ、今回はかなり強い計とのバトルになりましたが、まさかのラストで呆気ない終焉を迎えるということで全体を通して微妙と言えるものでもあったように個人的には感じました。そんな7話の内容を個人的な感想を交えて綴っていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

現実とゲームの区別がつかないほどに狂ってしまった元引きニート・・・「時間の支配者」7話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「時間の支配者」7話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容は旅に出た4人が飛行機で遭遇したある狂った人物とのバトルがメインとなりました。おそらくこの男に声をかけた人物が黒幕ということになるのでしょうが、それを今回掴むことはできませんでした。それはともあれ、今回はかなり強い計とのバトルになりましたが、まさかのラストで呆気ない終焉を迎えるということで全体を通して微妙と言えるものでもあったように個人的には感じました。そんな7話の内容を個人的な感想を交えて綴っていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

時間の支配者7話の感想まとめと内容考察!

では早速、時間の支配者7話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回も相変わらずのギャグが盛り込まれておりましたが、そんなギャルと共にバトル要素も今回は一層に盛られていたのではないでしょうか? 計を測定する端末で計測すると3000年を超えるクラスの計を操る人物と遭遇し、黒幕の末端との接触に成功する一行ですが、そんな戦いの中で何か情報を得られることできたのでしょうか? 7話の内容を個人的な感想を交えて考察していこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

引きニートの計はかなり強い? とある男の人生

今回の物語はとある黒幕の組織との繋がりがある人物との接触、そしてバトルという流れでしたが、有力な情報を得られることはできません江した。

前回4人で旅立った続きからのスタートとなりますが、機内では相変わらずのヴィクトとニーナでした。ブレイズはぐっすりと眠っており、しっかり者はただ一人、霧だけということでこの先、気が滅入りそうになってしまう霧でした。

そんな時、とある指輪をはめた怪しい男が出現します。突発的すぎてよく状況がわからなかったのですが、その指輪は計を操る、もしくは閉じ込めておく、封印といった類のものであると個人的には思いました。

この後にバトルに発展するのですが、この男・・・元ネトゲ引きニートというだけあってSF的な能力洞察力はかなりのものでしたね。しかも「クロノス」の存在を知っていたということもあり、末端とはいえ何か情報を持っているのでは? と私自身思ったのですが、最終的にはその情報を何一つ得ることができませんでした。結局の結論からの感想ではその男の身の上話のみを聞かされ、そして毎度のギャグとバトルで終了となった今回ですが、もう少し情報の伏線というものを張ってもいいのでは? と思いましたね。

さて、この男ですが、とある人物から指輪を受け取り、失った母親を取り戻すために計で時間を食いまくっているという流れでしたが、また感動的な話へ持っていくのがどうも私個人的にいうとベタだなと思いました。ブレイズが感動するという展開も読めましたね。

今回戦った計ですが、ドラゴン的な存在の計であり、年数は3800年クラス・・・かなりの強さであることがわかりますね。強度も相当なものでニーナのかまいたちも弾いてしまうほどでした。しかしドラゴン計が強くとも操り手である人間を狙えばゲームオーバーだと思ったニーナ、その男の脇腹を切り裂きますが、まさかの全く動じていないということに。

どうやら男は精神的に壊れてしまっており、痛みすら感じていない様子でした。というよりはゲームの中にのめり込みすぎており、現実とゲームがごっちゃになってしまっているという感じでした。

しかし物語を順番に見ていくと、実際はしっかりとした感情も持っており、自らの後悔を払拭させるために計を使って時間を集めていたということでした。引きこもり時代に母親はその男にせっせと食事やらを作っており、何も文句すらいうことのない母親であったようですが、過労死して初めて母親の存在の大切さに気づいて母親を取り戻すために時間を食らっていたということですね。

最終的には自らの後悔を吐露していましたが、ヴィクトはその言葉を聞いて謎なシーンへと突入しました。あの海辺のシーンですが、棺桶が二つ並べられており、中身をみて驚くというものですが、あれはどういう意味を表していたのでしょうか? 私は全く読めませんでした。

ともあれ、バトルですが、バトルは以外にもあっけないほど、簡単に終わりました。あの首領と互角なみに戦っていたヴィクト、それに時の契のユニークを持っているヴィクトです。その力というものはとてつもないものというのはわかっていたのですが、まさかここまですごいものであるとは思っていませんでした。

ヴィクトのトランプの威力というものが数段、いや数十段上がっているようにも思えました。ドラゴンのブレスをトランプの硬化で弾きつつ、中から一気に潰すという攻撃ですが、ヴィクトがいいところを全て持っていたという感じでした。

このドラゴンの計は3800年ということですが、5000年を超えると人語を理解し話すことができるということでしたね。この先もっと強い計が現れるのが予想されますが、他のメンツのパワーアップも必要なのではないか? と個人的に感じました。そして他の神支との出会いがあるというのも否めませんね! 他の神支の出番も見られるかのせいがありますので、是非その辺りも楽しみにしたいです!

さて、最後にですが、今回のギャグシーンをの部分を語っておきましょう。

今回も相変わらずのギャグシーンが盛り込まれおりました。しょっぱなニーナとヴィクトのイチャイチャシーンから入り、一番はスネークの開発したスマホ型の計測定器ですが、まさかのスネークの趣味が全開になっている仕様でした。「女子高生」というのがモチーフなのでしょうが、まさか今のアプリになぞらえて喋る機能までついているとは・・・二次元に二次元が登場するというのはちょっとユニークですね!

さて、これで今回の感想は終わりますが、次回からはもっと強い敵が現れると予想できます。どうなるのでしょうか?

時間の支配者の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:時間の支配者

次回は水着回か? それともも通常の回なのか・・・

今回で折り返し地点をすぎたのですが、そろそろ水着回がきてもおかしくはない感じですね。しかしながらこのアニメで水着回があるのかどうか・・・その辺りは悩ましいところではありますが、次回、水着回を期待しつつ楽しみに待ちましょう! 次回の時間の支配者もお見逃しなく!


(アイキャッチに使われているものと同じ画像)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。