クロノスの末裔「首領」の力がチートすぎる件「時間の支配者」4話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「時間の支配者」4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回のラストで突如登場した色気ばんばんのお姉さんですが、実はこの人まさかのクロノスの首領でした。そしてその首領の力ですが、クロノスの末裔ということでいかにもチートすぎる力を使っておりました。ヴィクトが圧倒される中、ニーナが止めに入りますが、それでも首領は止まらず・・・一方霧は相性がいいと思われていたクロノスルーラーに対してピンチを招く自体に!? そんな4話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

首領の力がかなりチート!? ヴィクト大ピンチ・・・そして霧はどうなる?「時間の支配者」4話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「時間の支配者」4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回のラストで突如登場した色気ばんばんのお姉さんですが、実はこの人まさかのクロノスの首領でした。そしてその首領の力ですが、クロノスの末裔ということでいかにもチートすぎる力を使っておりました。ヴィクトが圧倒される中、ニーナが止めに入りますが、それでも首領は止まらず・・・一方霧は相性がいいと思われていたクロノスルーラーに対してピンチを招く自体に!? そんな4話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

時間の支配者4話の感想まとめと内容考察!

では早速、時間の支配者4話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回は首領と呼ばれるクロノスの末裔が登場しました。このお姉さんの強さがそれはもう半端ないというところで、ヴィクトもかなり圧倒されてしまいます。そしてもう一つびっくりだったのはニーナがこの首領と姉妹であり、もう500年以上も生きているということがわかりました。これは中々の設定ですね。首領はヴィクトのユニークを狙っており、まさに大ピンチというところだったのですが、その戦いの末はどうなったのでしょうか? そして一方霧は別のクロノスルーラーとの戦闘中ですが、有利かと思われたその能力も旧式と新型との性能差にピンチを招きます。こちらは次回に持ち越しとなりましたが、さてどうなったのでしょうか?

首領のチートぶり ヴィクトやいかに?

前回のラストシーンにて登場した色気のあるお姉さんですが、実はこの人が首領、クロノスを統括するリーダーであり、神の末裔だったのでした。ヴィクトの持っているユニークはもともと首領の持ち物であり、首領の力を高めるためのものだったようで、今回はそれを奪還するというのが首領の目的だったようです。

そして驚かれされたのは首領の力ですね。首領以外のクロノスルーラーはある一つの物体の速度を支配するというものですが、首領は万物全ての時間を支配できるというチートぶりでした。つまりはこの世に存在する物体は全て支配できるということであり、もちろんそれは肉体さえも支配してしまうということでした。ヴィクトは体の時間を支配され、胸を一突きされてしましますが、急所が外れていたらしく無事でした。

そんな中、ニーナがそこへと登場します。このニーナという人物は謎多き少女だったのですが、今回ようやくその裏が語られたというところでした。ニーナと首領は姉妹関係であり、さらには500年以上も生きているということでした。これはつまりニーナも神の末裔ということなのでしょうか? 物語を見ている限りではそうではなさそうでした。神の力というものを受け継いでいるのは姉の首領であり、一人にしか継承できない力なのかもしれませんね。

ニーナの動向についてですが、今まではヴィクトたちを色香で騙しているような雰囲気もありましたが、ここで確実にヴィクトを大切に想っているということがわかりました。それは姉の首領との一戦の中で足を固定され、動けなくなってしまった時のこと、それでも無理矢理に動き足が折れてしまうという場面でも臆さずにヴィクトを助けることだけ考えて行動したということ、さらにはヴィクトに見せた涙というものがこれを物語っていたと思います。

ここでヴィクトもようやくニーナが本当に自分たちのことを大切に想っている、今までのことは真実であると確信したようでした。しかしながら嫁というのは嘘でしょうね。過去に何かしらの関係があったのは事実でしょうが嫁ではないような気がします。もう置いていかないで、という言葉があるように、ニーナの元を離れていったということがここから推測できます。あくまでも個人的な考察ですのでご理解ください。

しかしここではまだヴィクトと首領の戦いは終わっておりませんでした。首領は未だヴィクトに対して敵意を向け攻撃をしてきます。そしてヴィクトもなりふり構っていられず、加速を使います。ヴィクトが加速を使うということが肉体の時間流出を早めてしまうということであり、霧からキツく言われていたことではありますが、もはや使わねばまともに戦うことすら不可能であると想ったヴィクトは加速を使います。

ここでヴィクトはあることに気づきました。それは加速を使っても自らの時間流出が起きていないということでした。ここでネタバラシです。先ほどヴィクトを刺したと思われる行動は実はユニークを調整するための行動であり、ヴィクトを殺すつもりもなかったようでした。それは過去にヴィクトの貢献があり今は預けていると首領がいっておりましたが、それでもまだ戦いは続きました。

ヴィクトがユニークを守れるだけの力を有しているか、ということを判断するためです。

ヴィクトはある秘策に出ます。それはユニークと呼ばれるだけあって、新型の時の契にしか使えないとされている減速と加速を同時に使うというもの、それはオリジナルであるユニークならば使えないはずはないと想ったヴィクト・・・これが大正解であり、首領の裏をかいて攻撃を仕掛けますが、これも避けられてしまいます。しかしながらこの技の威力がとんでもないものであり、壁を何枚もぶち抜くほどのものでした。ここでかっこいいセリフとともに今回は終了となります。

次回まだ戦いが続くのか、それともここで戦いが首領するのか、それはまだわかりませんが、今後クロノスの一員になるのはわかりますね!一方霧ですが、苦戦中でした。それもそのはずであり、旧式の時の契では減速と加速を同時に使うことができず敵の策略にハマり水を徐々に無くしていきます。そのまま馬乗りになり攻撃を防ぐだけの体制になってしまった霧・・・次回霧はどうなるのでしょうか?

時間の支配者の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:時間の支配者

次回の5話はついにクロノスの一員となるのか?

あくまでも個人的な予想ではありますが、クロノスの一員となるのが今後の先の話であると予想しております。ある程度オープニングなどで予想ができますが、次回の5話でそこまで進展するのか、それが見ものですね! 次回の時間の支配者もお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。