【最終回】全ての終わり そして始まりへ 「ゼロから始める魔法の書」12話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「ゼロから始める魔法の書」最終回となる12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回でついに最後となりましたゼロから始める魔法の書ですが、一体どのような終わりを迎えたのでしょうか? 個人的には2期を予兆せる内容で終わったと感じました。そしてまさにハッピーエンドとはこのことだと言えるようなそんなすっきりとした終わり方でもあったように思えます。そんな最終回となる今回の12話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になってくださいね!

封魔の儀式成功なるか? ゼロの魔術師団とゼロ一行!「ゼロから始める魔法の書」12話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ゼロから始める魔法の書」最終回となる12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回でついに最後となりましたゼロから始める魔法の書ですが、一体どのような終わりを迎えたのでしょうか? 個人的には2期を予兆せる内容で終わったと感じました。そしてまさにハッピーエンドとはこのことだと言えるようなそんなすっきりとした終わり方でもあったように思えます。そんな最終回となる今回の12話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になってくださいね!

ゼロから始める魔法の書最終話、12話の感想まとめと内容考察!

では早速、ゼロから始める魔法の書の最終話となる12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回でついに最終話となってしまったゼロから始める魔法の書ですが、終わり方はとてもすっきりとした内容であると個人的には思いました。そして内容に関してですが封魔の儀式は成功したのでしょうか? アルバス、ホルデム、ゼロ、傭兵、そして十三番の五人が力を合わせてゼロの魔術師団に立ち向かうという場面はありませんでしたが、その肝心な封魔の儀式を邪魔立てするゼロの魔術師団との戦闘はありました。そんな激動の12話を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になってくださいね!

封魔の儀式 戦いの終わりへ

前回の続きとなるアルバスと十三番の会話からとなりました。アルバスからすれば十三番は祖母の仇でもあるのですからそれは怒っても当然でしょう。ホルデムも同様ですね。しかしながら十三番はアルバスがどのように決断をくだそうともそれを受けるといい、血判状の解除を行いました。十三番が完全に善人になっていることに少し驚きもありました。もう少し狡猾でずる賢く敵役という感じのキャラかと思えば最終回目前で善人に成り下がるという展開に・・・それはそうと、アルバスの方ですが少し苦い顔をしつつ、しかしながら今は最優先する事項があるのでそれをまずは片付けてからであると十三番は言います。傭兵やゼロも同じく「戦争は待ってはくれない」と魔法陣と封魔の儀式をなにより優先することを言います。確かにそれをまずは終わらせてからということは当然ですね。ここで言い合いをしていても意味がないというのはアルバス自身もわかっていることなのでそれを泣く泣く飲み込みそれぞれ別れて魔法陣を書く準備に入ります。そして最初に帰ってきた二人、ホルデムと十三番との一悶着がありましたね。ホルデムは今にも殺しそうな勢いでした。しかしながらそうしなかったのはホルデムも十三番の重要性、そして本当の意味で罪を償うということを理解しているからでしょう、殺しはせず、このままいきてその罪を償えと言いました。わたし的にはこれは正しい選択だったと思います。ホルデムここにきて中々かっこいいキャラになってきましたね。

そしてその後、傭兵とゼロが帰還しますが、アルバスの姿はまだ見えません。そのアルバスは魔法陣を書いて泣いていました。まさかのこの時に泣くというのはやはりまだ子供であるということですね。それは仕方のないことでもあるのでしょう。

そして先に十三番とゼロが封魔の儀式の準備に入ります。その間無防備になるということでした。このタイミングでゼロの魔術師団が現れます。どこまでもしつこくて面倒臭い奴らですね。そんなゼロの魔術師団はあの謎の獣たちを放って襲い掛かります。ここで傭兵とホルデムが共闘し、なんとか食い止めます。しかしながらここで最終兵器と言わんばかりに巨大なイノシシを投入してきます。それもかなりの数でした。そんな中なんとか帰還したアルバスです。ようやく封魔の儀式が行わようとするのですが、ここでもう一つ問題が発生します。それは悪魔を下ろすのに贄が必要であるということでした。それをゼロが傭兵に頼みます。首を繋いだままで構わないから、必ず君を殺させないと誓うので協力してほしいと。しかし傭兵は最初断ります。その理由はなんと「お願い」ではきけないということでした。この時間のない時にまさかの返答ですね。そして訂正し「では命令だ」とゼロはにこやかに言います。そして封魔の儀式が開始され、この国から魔法が消え去りました。かなり順調に魔法解除までいきましたね。色々と危ない場面はありつつもかなりスムーズにことが進んだのではないかと思います。戦闘シーンは最終回に相応しい内容であったと感じました。

そして平和が訪れたのでした。アルバスはこの国を立て直し、国家魔術師となってこの国の魔術師を先導することになります。民衆には全ての黒幕は十三番であると説明し、この国にいる魔女たちを理解させようとする選択をしました。十三番民衆の前で火あぶりになるのですが、実際は殺されておらず、アルバスは十三番を生かすという方向でことを終わらせました。そしてこの国は初めての魔術師国家となったのでした。これも全てはソーレナが考えた筋書きということでしょうか? もしそうだとするのであれば凄まじい脳みその持ち主ですね。

そして目覚めた傭兵です。ゼロの書を取り戻したゼロとの契約が済んだということで、これで晴れて人間に戻れると思ったのですが、まさかの戻せないということでした。理由は底なしの魔力であるゼロもあの封魔の儀式で魔力が枯渇してしまったということ、回復に時間がかかるということです。そしてももう一つはあの悪魔を下ろしたことによってより強く獣の魂が傭兵に着いてしまったということで難しいということでした。がっかりする傭兵ですが、ゼロは再び旅に出ると言います。それはゼロの書が持ち出されてから早10年がたったこの地でこの国以外にもゼロの魔法が広まっていないとも考えられないということでそれをこの目で確かめるということでした。再びまた旅が始めるということですね。これは完全に続きを予兆させるものです。2期はあると見てもいいでしょう。内容的にもかなり面白く、そしてすっきりとした終わり方であった今回のゼロから始める魔法の書1期ですので円盤の売れ行きも好調になると予想します。もし2期があれば是非観てみたいですね!

ゼロから始める魔法の書の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ゼロから始める魔法の書

長い間ご覧いただきありがとうございました!

これにてゼロから始める魔法の書の記事は終了となります。長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。1期はかなり面白かったと個人的には思っております。2期があれば是非みてみたいですね! もし2期があった暁にはまた記事を書きたいと思いますのでその時はよろしくお願いいたします。

今後もボイスタをよろしくお願いいたします!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。