「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」第5話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

第1期が放送されるとその内容と設定で大きな話題となった人気作品「結城友奈は勇者である」の第2期「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」の第5話が放送されました。 第4話ではバーテックスとの戦闘でとうとう犠牲が発生します、複数体を相手に負傷した須美と園子を残し1人で敵を止めた銀、撃退はしましたがその代償は大きかった。 今回は「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」第5話の内容、感想、考察などを紹介します。

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」第5話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

「勇者部」に所属する少女たちが勇者となり敵バーテックスに立ち向かう、そして力の代償として身体機能を損失するというショッキングな設定が話題となった「結城友奈は勇者である」の第2期「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」の第5話が放送されました。

第2期は第1期の前日譚となる「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」と第1期の続編となる「結城友奈は勇者である -勇者の章-」が放送されます。

今回は「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」の第5話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第5話の動画視聴方法もありますよ。

鷲尾須美役の三森すずこさんの関連記事はこちら

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」第5話の内容と考察

報告

「三ノ輪銀さんは神樹様のお役目の最中にお亡くなりになりました。お友達とお別れするのは悲しいことですが、どうか誇らしい気持ちでお送りしましょう」

明日の告別式にみんなで参加すると告げられる、教室の中は悲しみに包まれています。

告別式

銀の告別式が執り行われる、参列者たちはみな悲しむ。園子と須美も硬い表情を崩しません。

悲しむ三ノ輪家の人々に、銀は英霊になった、今後三ノ輪家は援助を受けられるなどと声をかける人々もいます。

銀との別れの献花をする2人、その子はみのさんと一言だけ呟き、須美は涙を必死にこらえながら。

「神様なら何で守ってくれなかったんだよ!」

姉さんを連れて行かないでくれと泣き叫ぶ銀の弟、そのまま連れ出され告別式は何事もなかったかのように続きます。

その時異変が、バーテックスがやってきます。

大声で叫ぶ須美、怒りに任せてバーテックスに攻撃を仕掛ける。

「みのさんのために戦おう、みのさんだったら敵をやっつけようと言うよ!」

「うん」

銀のことを思いながら戦う2人、必死の攻撃で撃退に成功する。

「やったよ、みのさん」

「銀、見てたかな」

「見てたよ、きっと」

車中で

「2人とも辛い中お役目ありがとう」

戦いが終わった2人を迎えに来る先生は2人にねぎらいの言葉をかける。

怖い思いをして悲しい経験をしたのに2人は大変なお役目と向き合っている、2人はまさしく勇者だわと言う先生。

「先生にこんなに褒められたの初めてかも、でもね一番偉いのはみのさんなんだよ、たった1人で3体追い返したんだよ、だからみのさんのこと忘れないで上げて!」

園子は泣きながら続ける、「私たち2人じゃなくて、3人勇者なんだから!」

その間須美はずっとうつむき涙をこらえます。

不気味な夢

大きな敵が来ることを示唆するような夢を見る須美、水垢離をしながら私も強くならないとと心に誓います。

次の日明るく振る舞い学校へ登校する園子、お役目のことを本人たちには聞いてはいけないと言われていたクラスメイトが園子の元に集まり興味津々にお役目のことを聞いてきます。

そして銀が教科書に載る、すごいねなどと明るく言うクラスメイト達。

「あのね、そうなりたかったわけじゃないのさ」

困ったように言う園子、その時教室に須美が登校してきます。

「あのさ、事情は分からないけど三ノ輪はみんなのために……」とクラスメイトは須美に聞く。

「それができる強い子だったから、神樹様に選ばれたの。箕輪さんのことを思ってくれるのなら、そっとしておいて」

その日の訓練、身が入らない園子。

「勇者にも気分転換が必要じゃないかしら」

そういい園子は先生を見る、先生は黙ってうなずきます。

お祭り

わっしーから遊びに誘われるなんて珍しいこともあったもんだと言う園子、2人は浴衣に着替え祭りへ向かいます。

ノリノリで撮影する園子、待ち受けにしようと言うと須美は恥ずかしがります。

須美はそれじゃ私はそのっちを待ち受けにすると言うと喜ぶ園子、そこは恥ずかしがらないのと言う須美。

屋台ではしゃぐ2人、射的で大金を注ぎ込み欲しいものを撮れない園子。

最後は須美が園子の手を取りライフルで一緒に射撃、みごとに鶏のぬいぐるみにヒット、そして念を込めて落とします。

店主はこんなのコルク弾で落ちるわけないのにと口を滑らせると、須美はそれはどういう意味と問う。

慌てる店主は園子に鶏のぬいぐるみを渡します。

やったぜひゃっほーと喜ぶ園子、そしてぬいぐるみを店主に私小さなマスコット3つと交換してと頼みます。

ありがとう

「ありがとう、これ」

「一つはみのさんの分ね」

「私もありがとうねわっしー、私選ばれた勇者がわっしーとみのさんでよかった。私って変な子じゃない、だからなかなか友達ができなくって」

「そのっちは変じゃないよ、素敵よ」

3人だから頑張れたと言う須美、うなずく園子、3人で過ごした時間を思い返しよかったという2人。

「友達だよ、私たち3人は。これから何があってもずっと」

新システム

勇者の損失をこれ以上させないための新システムが実装されようとしている、そのシステムとは……。

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」第5話の感想

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」放送情報

(画像:photoAC

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」の放送情報を紹介します。

テレビ放送

  • MBS 毎週金曜 深夜1:55〜
  • TBS 毎週金曜 深夜1:55〜
  • CBC 毎週金曜 深夜2:39〜
  • BS-TBS 毎週土曜 深夜0:00〜
  • AT-X 毎週月曜 夜22:00〜(リピート放送 毎週水曜14:00~/毎週土曜6:00~)

ネット配信

  • Amazonプライムで独占配信

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」第5話を確認して第6話の放送を待とう!

「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」第5話のあらすじ、感想まとめなどを紹介しました。

 銀と一緒に戦っていた須美と園子、大赦のために名誉なことと言うほかの人たちとの温度差を感じましたね。

そして銀を失ってなお3人で勇者だと誓う須美と園子、いよいよ次回鷲尾須美の章は最終回、見逃さないようにしましょう!

結城友奈は勇者であるの関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。キノの旅が流行っていた頃のラノベでは川上稔さんの都市シリーズなどが好きでした、ホライゾンは本当に鈍器ですね。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。

その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年秋アニメは「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-」の他、「魔法使いの嫁」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。