悠木碧の実力が光る!数多くの出演作から人気作品と演じたキャラクターを紹介していきます♪

毎クール様々な作品に出演している悠木碧。これまでに手掛けてきた出演作は数え挙げるのも苦労するほど第一線で活躍し続けており、これに歌手活動も並行していました。2017年4月にソロ活動休止が発表されましたが、悲しみが残りつつも、これから本業が加速していくでしょう!そんな今後が期待される悠木碧の代表的な出演作をまとめました♪

芸歴20年以上の人気声優!悠木碧の出演作と演じてきたキャラ紹介!

4歳の時からすでに子役として芸能界入りし、2008年から声優へと転身した悠木碧。年間を通して数十作品に出演し、これからアニメ化が予定されている作品にもレギュラー出演がすでに決定しているなど、話題に事欠かない人気声優の一人です。

これまでに出演した作品は数え挙げるのも一苦労で、中には社会現象を巻き起こした超話題作や、人気絶頂の話題作などがあります。やはりそこでもレギュラーとして活躍しているのですから、人気だけではなく実力も高いことが窺えます。

今回は、そんな悠木碧が出演した人気作の中から厳選して、作品と演じたキャラクターを紹介!声優に興味がなくても「あ、これに出ていたんだ!」という新たな発見で、悠木碧の存在が気になるのではないでしょうか?

悠木碧のことを知る一つのきっかけとなれば幸いです♪

悠木碧ってどんな声優?

  • 生年月日:1992年3月27日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:145cm
  • 血液型:A型
  • 愛称;あおちゃん、おいちゃん

「もし声優じゃなければ、ただのオタク」と自分自身の口から言ってしまうほど、自他共に認めるオタクとして知られている悠木碧。そのアニメへの情熱ぶりは、ニコニコ生放送やイベントトークなどで確認することができます♪

元々は子役として芸能活動を行っていましたが、声優を目指すきっかけになったのは女性声優の中でもトップクラスの実力を持つ沢城みゆきとの出会いでした。

一人で何役も演じ分ける姿に感化されて、アニメ・ゲームが好きだった悠木碧はより一層、声優という職業に興味を持つように。そして声優事務所へと移籍したことで本格的に声優業をスタートさせ、それから間もなく主人公を演じるなどして飛躍するのでした!

アーティストとしても活躍する悠木碧

声優だけでなくアーティストとしても活躍していた悠木碧♪2017年4月にソロ活動の活動休止が発表されましたが、リリースする楽曲がオリコン上位にランクインしていることから、アーティストとしての実力も高いものを窺わせます。

ソロ活動の活動休止ということであるため、キャラクターソングなどは引き続き担当することは想像できるでしょう。また竹達彩奈とのユニット「petit milady(プチミレディ)」の活動についても、同様に継続して展開してくれるはずです。

独特な世界観で聞く者を飽きさせない悠木碧の楽曲ですが、今後しばらく聞くことができなくなるのは、ファンにとっては悲しいこと…。しかしいつしか、またソロ活動が再会されることを願って、悠木碧の活躍を見守りたいところです!

悠木碧が主演を務めているアニメ出演作品とキャラ紹介♪

声優として、また歌手としても活躍する悠木碧。2008年から声優をスタートさせますが、それ以降、様々なアニメ作品のエンドロールで彼女の名前を見るようになります。

その目覚しいほどの活躍ぶりは誰もが舌を巻くほど!そして彼女の演技によって、魅力ある作品がより一層魅力に溢れたものに仕上がっていると言っても過言ではないでしょう。

今や声優界に欠かせない存在となった悠木碧の、これまでに出演した人気作品をピックアップして、さらに演じているキャラクターについても紹介していきます♪

『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか

従来の「魔法少女アニメ」とは一線を画す、重厚なストーリーや展開で大きな話題を呼び、瞬く間に世界中へと広がった話題作『魔法少女まどか☆マギカ』。その主人公である鹿目まどかを悠木碧は演じていました!

どこにでもいるような普通の少女ですが、魔法少女としてとてつもない素質を持っていることを知ると、魔法少女として戦うことに夢を見るように。しかし巴マミの死やソウルジェムの真実などに直面しては、苦悩して迷います。

当事者になれない傍観者の立ち位置のまま物語は進んでいきますが、最終的に「全ての魔女を消して、魔法少女の悲劇を終わらせる」という自らの願いを見出したことで、キュべぇと魔法少女になるための契約を交わします。

最終的に魔法少女として戦うことを選んだ鹿目まどかは、その後、力尽きた魔法少女たちを別の次元へと導く存在となり、神にも等しい存在へと昇華。それまで迷いばかりでしたが、その選択には後悔していないと、顛末を見届けていた暁美ほむらに語るのでした。

『戦記絶唱シンフォギア』立花響

聖遺物「ガングニール」をを身体に宿した女の子で、敵であるノイズと遭遇したことをきっかけに、力を覚醒させることに。それ以降、人類を守るためにノイズと戦うことを選び、戦場に身を投じるのでした。

立花響は困っている人を見かけると放っておけない性格をしており、また明るく度量の大きい女の子でもあります。共に戦う風鳴翼の気持ちを考えずに軽率な行動をとった際には、反省して行動を改めるなど、戦いを通じて成長していく様子も窺えます。

元から素質を持っていたわけではなく、物語から2年前に起きた「ツヴァイウィング」のコンサートで、ノイズとの戦闘に巻き込まれて生死をさまよう重体を負ったことがきっかけに。その時の傷痕は残っており、また同時にガングニールを宿したのでした。

しかしガングニールの破片が体組織と固着・融合したことで、後天的な適合者となった立花響。正規適合者をも上回る身体能力や回復力を持つようになり、さらには爆発的なエネルギーの生成や放出も可能な能力を身につけます。

『ソードアート・オンライン』ユウキ/紺野木綿季

『ソードアート・オンライン』第2期の「マザーズ・ロザリオ編」で登場したヒロインがユウキでした。アルヴヘイム・オンラインの世界で「絶剣」と呼ばれており、その圧倒的な強さは二刀流ではなかったキリトを2度倒すほど!

しかしリアルではHIVに感染して15年間も闘病生活を送っており、AIDSが発症した後は医療用VRマシンであるメディキュボイドの被験者となって、それ以降の3年間を仮想世界の中で過ごしていたのでした。

ユウキはアスナと出会うと、最後の思い出作りのためにボス攻略の助っ人をお願いしますが、攻略後はアスナに姉の面影を重ねてしまいます。ALOの世界から姿を消しますが、アスナが病院を訪ねて再開することに。

それからは仲のいい姉妹のように楽しいひと時を過ごす二人でしたが、京都旅行を楽しんだ後、ユウキの容体が急変します。ALOの世界でアスナにOSS「マザーズ・ロザリオ」を託した後、彼女のの腕の中で安らかに息引き取るのでした。

悠木碧の活躍はまだまだ続く!

【画像:Pixabay

悠木碧の出演作の中から厳選して、キャラ紹介してまとめました!

今回紹介した作品以外にも、『ポケットモンスター ベストウイッシュ』『幼女戦記』にもレギュラー出演していた悠木碧。バトルものから日常系、まさにジャンルを問わない活躍で、毎クール視聴者を楽しませてくれています。

そして2017年秋アニメとして放送される『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』では主人公キノ役を担当することが決定しており、初めて声優の仕事をした作品で再び声をあてることに、悠木碧も運命的なものを感じているのではないでしょうか?

そしてアニメだけでなく、ゲーム作品にもスマホ向け・コンシューマー問わず出演していることも見逃してはなりません♪

至る場所で悠木碧の名前を目にすることができ、その仕事量は業界トップクラスと言ってもいいかもしれません!その活躍がいつまでも続くことを期待しながら、彼女が出演するこれからも注目していきましょう!

「悠木碧」の関連記事


【文:光明】
キャラクター紹介やグッズ紹介、声優記事を中心に執筆。
『ラブライブ!』『ラブライブ!サンシャイン!!』との出会いによってゲームやフィギュア購入に勤しむようになったライトオタク。また同時にアニソン魅了されて5年以上も寝かせていたボーカロイドを初めて起動させるように。
ライター以外にも動画制作や音楽制作、カメラ撮影などクリエイティブに活動。しかし文筆業とオタク趣味を優先しているため、他はおざなりになっているのが実情。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。