京都伏見襲来!「弱虫ペダルNEW GENERATION」の第15話内容は?

アニメ第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」の第15話あらすじ、動画、感想、考察まとめ!インハイメンバーがついに正式に決定!しかしそんな総北の合宿所に不穏な影が迫る…!「弱虫ペダルNEW GENERATION」第15話のあらすじや動画配信サイト、感想、考察などをまとめて紹介します。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」の第15話内容は?

みなさんこんにちは、ボイスタライターのさいです。

アニメ「弱虫ペダルNEW GENERATION」が、毎週大盛り上がりを見せていますね。始まった総北の合宿、そして先週は3年生の手嶋と古賀の激闘が繰り広げられました。例え合宿でも盛り上がりを欠かさないのは流石弱ペダといったところです。

天才の古賀と凡人の手嶋…非常に熱い勝負が繰り広げられた先週、手嶋の作品始まって以来の初勝利の瞬間は涙なしには見られませんでした。たとえそれが非公式の、合宿内の記録に残らない些細なレースであってもです。しかし合宿はまだまだ続いていきます。走破の目標は1000km、これはインハイメンバーも他の部員たちも変わりません。今週はいよいよ合宿編もラストスパートとなります。

激闘が終わりひと段落…と思いきや、今週は外部から招かれざる客が襲来!果たして総北メンバーたちの運命は…!?「弱虫ペダル NEW GENERATION」第15話「古賀のゴール」のあらすじや感想、ネタバレ、考察などを紹介します。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第15話のあらすじ

新三年生の絆

古賀と手嶋の勝負が終わり、青八木は手嶋の元へと駆けつけます。全てを出し尽くした二人は落車し芝生に寝転がっていますが、その顔はお互い晴れやかで以前のような気まずい雰囲気はありません。新三年生である三人がこうして顔を突き合わせて話すのは、もうずいぶんと久しぶりのことでした。

古賀は一年生の時のインハイ出場が最後になってしまったものの、その表情には悔いはありません。そして彼らにはまだ、やるべきことが残っていました。これは合宿、1000km走破にはまだまだ長い距離があります。古賀は1000km完走することを目標に、インハイメンバーたちと一緒に走り始めます。

晴れやかな顔で一同にアドバイスし、自身の想いを預けるように言葉をかけます。悔いはないといったもののその顔には悔しさが滲んでおり、古賀はインハイメンバー6人の背中を見つめながら一人涙を流します。

京都伏見襲来

鳴子が着実に力をつけていることを肌で実感する坂道と今泉。彼は御堂筋との勝負に敗れたことをバネにし、登りにも強くなりはじめていたのです。オールラウンダー寄りの走りをする鳴子ですが、その心にあるのは御堂筋からスプリンターの称号を奪還することだけでした。

そして総北が合宿を繰り広げる裏で、暗躍する影が二つ。京都伏見の御堂筋翔と、岸上小鞠でした。コースを見ながら総北の偵察をする二人。しかし小鞠は直接メンバーたちに接触すべく、一人で行動を始めます。そうして彼が対峙したのは坂道でした。

小鞠の接触

小鞠を総北の一年生だと勘違いし、狼狽える坂道。今泉や御堂筋のことを問われ、二人とも同じくらい凄くていい人だと坂道は答えます。そんな彼をおかしな人だと称し、会話を切り上げる小鞠。しかしすれ違いざま、こけそうになった坂道の身体を支えたことで小鞠は衝撃を受けます。

坂道の極上の筋肉を、小鞠の指先は感じ取っていたのです。それまで彼を侮っていたものの、そこで小鞠は目の前の人物が前年度の総合優勝者小野田坂道だということを確信します。再度坂道に触れようとする小鞠でしたが、そこへやってきたのは古賀でした。

古賀から阻止され、小鞠はその場を立ち去ります。しかし彼の目的はすでに達成していました。いい肉二人と出会ったことで、興奮を隠せない小鞠は嬉々として帰路へ着きます。

それぞれの課題、そしてゴール

続々と1000kmを制覇していく一同。そして古賀も、3年かけてようやく1000kmを走り切ることになります。明らかにスプリンター気質にもかかわらず、自身をオールラウンダーだと信じてやまない鏑木を筆頭にまだまだ課題は多いですが、二年目のインターハイは刻一刻と迫っていました。

坂道は空を見ながら、自分たちを見守っていてほしいとある人物に想いを馳せます。その思いに応えるように、遠い異国の空の下でその人…巻島は、坂道からのエアメールを読んでインハイの応援に行くことを心に決めていました。

弱虫ペダルNEW GENERATION」第15話の感想と考察

Twitterに投稿されていた、弱ペダ14話の感想と筆者の軽い考察を紹介します。

今週の考察という名の本編の補足

今週放送されたアニメ15話では、結局誰が1000km走り切ったのか走り切れていないのかということがいまいちわかり辛かったですよね。コミックスではきちんと文字で書き記されていたんですが、アニメだとダイジェストのような感じでカットインが入っただけでした。なのでここで補足をしておきたいと思います。

杉本照文、そして段竹は残り45km、杉本定時は残り180kmを残してリタイアをしています。古賀より後のメンバーは、惜しくもゴールできていなかったんですね。ちなみに青八木が3位、坂道が4位、鏑木が5位、手嶋が6位、古賀が7位でそれぞれ1000kmを走破しています。ゴールはできなかったものの、照文の成長はここでも見受けられますね。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第15話の動画を見るには?

【画像:Thinkstock

アニメの放送地域ではないという方や、うっかり放送を見逃してしまったという人も、ご安心ください。弱ペダ第3期は、前シリーズと同様に多くのサイトで動画配信がされています。

DMMやニコニコチャンネル、Amzon、dアニメストアなどなど…有名な動画配信サイトが多数ラインナップしていますので、見逃してしまった!もしくは自分が住んでいる場所では見ることができない!という方は、こちらをご利用してみてはいかがでしょうか。

ニコニコ動画などは最新話が1週間無料で視聴できるので、繰り返し見たい方や他の視聴者のコメント見ながらもう一度楽しむというのも良いかもしれません。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第15話まとめ

「弱虫ペダル」アニメの第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」第15話のあらすじ、動画、感想、考察などをまとめてきました。今週で総北の合宿も終了、合宿編といえども熱い展開で視聴者を飽きさせない弱ペダは本当にすごいですね。

そして来週からはいよいよ、二年目のインターハイがはじまります!彼らが今年どんな戦いを見せてくれるのか…来週の放送を楽しみに待ちましょう。


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。

「弱虫ペダル(弱ペダ)」の関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。