一年生レース決着!「弱虫ペダルNEW GENERATION」の第11話あらすじ、動画、感想、考察

アニメ第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」の第11話あらすじ、動画、感想、考察まとめ!一年生レース決着!果たして勝者は…アニメ弱ペダ第11話「弱虫ペダルNEW GENERATION」のあらすじや動画配信サイト、感想、考察などをまとめて紹介します

「弱虫ペダルNEW GENERATION」の第11話内容は?

みなさんこんにちは、ボイスタライターのさいです。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」が、真冬からスタートした本アニメですが、毎週熱い展開の連続で視聴者を沸かせています。10話は一年生レースで激闘を繰り広げる鏑木&段竹と杉元照文が描かれていました。

鏑木&段竹の圧倒的な力量、一人で走るという孤独に切れそうになった照文の糸。しかしそれを繋ぎ止めてくれたのは、彼の弟である定時でした。果たして杉元兄弟の走りで、鏑木と段竹に追いつけるのでしょうか。激闘の一年生レース、先にゴールラインを超えるのは果たして…!?

一年生レースもついに決着!弱虫ペダル NEW GENERATION」第11話「決着」のあらすじや感想、ネタバレ、考察などを紹介します。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第11話のあらすじ

二組の激闘

鏑木&段竹と杉元兄弟のレースも、いよいよ大詰め。何度ちぎっても食いついてくる杉元兄弟に鏑木は揺らぎそうになるも、段竹の叱咤で持ち直します。段竹はインターハイで強者たちに怯まずに、はしゃぐ鏑木が見たいと全力で彼をアシストします。

一方経験の差から、ここまで照文を引っ張ってきてくれた定時はゴール前では兄をアシストすることができず、落ちてしまいます。しかし照文は彼と、そして今泉に感謝をしながら、一人ゴールスプリントへ臨みます。ロングライドが強みの照文は、最後のスプリントもロングスプリントです。

決着

それぞれの想いをかけて、最後のスプリントをする両者。照文はこのレースに勝てるのであれば全てを捨ててもいいと全力を出し切りますが、先にゴールラインを割ったのは鏑木でした。

バイクごと転倒する杉本に駆け寄る坂道たち、そんな彼らに杉元は「自分は一着でしたよね」と問いかけます。全てを出し切った彼は、ゴールする瞬間に目を閉じており、さらに鏑木の勝利の雄叫びも聞こえていなかったのです。

勝者と敗者

自分が勝利したと信じてやまない杉元。そんな彼に今泉は労いの言葉をかけますが、しかし周囲の反応から、やがて自分が敗北したことを悟ります。

周囲に気を遣わせまいと、いつもの調子で明るく振る舞う照文。そんな様子を見た坂道は、手嶋にインハイのメンバーは合宿まで決定をのばしてはどうかと提案します。しかしそれに待ったをかけたのは、他でもない照文自身でした。

自分はこのレース、そんな覚悟では走っていない…自分は最後のチャンスでも何もできなかったと、照文は呟きます。その手を取り、彼に自分の努力を誇れと今泉は告げます。その言葉を聞いた照文は一人クールダウンをしながら、涙を流します。

メンバー六人が決定

杉元が二位だったことにより、インハイメンバーには鏑木だけが選ばれる形となります。一人でも走る覚悟はあるかと問う手嶋に、鏑木は力強く頷き総北のジャージを受け取ります。かくしてこの年のインターハイを走る6人のメンバーが、選ばれることとなるのでした。

洋南大学自転車競技部

場面は変わり、とある大学。名門である洋南大学に野生の勘で受かったらしい、元箱根学園の荒北靖友。そこで彼は元総北高校自転車競技部長である金城と出会い、同じチームになります。授業のことに次のレースのこと、それに母校の自転車競技部のことを話す二人。

次世代の自転車競技部のことを話しながら、荒北はふとあることを思い至ります。前回のインターハイで自分が引いた坂道、あの弱々しかった彼が今は二年生…先輩になったのかと。

先輩と後輩

後輩である鏑木の扱いの難しさに、悩む坂道。同時に鏑木も、クラスメイトから自分が憧れている坂道が弱そう、威厳がないと言われたことに酷く憤りを感じていました。こっちが恥ずかしいと感じていた鏑木でしたが、小野田の走りを目の当たりにしたことでその考えを改めます。

Cパートは洋南

今回のCパートは洋南大学の二人。金城愛用のサングラスをかける荒北…どうやら気に入った模様です。チンピラのような姿に、金城は思わず冷や汗を流していますが。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第11話の感想と考察

Twitterに投稿されていた、弱ペダ11話の感想と筆者の軽い考察を紹介します。

弱ペダ11話の考察

二週に渡り、杉元照文の努力と激闘が胸をうちましたね。結局何も残せなかったと言っていた照文でしたが、その姿は確かにチームメイトたちの胸を打っていました。

インターハイへの道はなくなってしまった照文ですが、彼の今回の活躍は確実にインターハイ出場メンバーたちの力になることでしょう。そして次のインターハイこそ、彼に活躍の場がありますように!

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第11話の動画を見るには?

【画像:Thinkstock

アニメの放送地域ではないという方や、うっかり放送を見逃してしまったという人も、ご安心ください。弱ペダ第3期は、前シリーズと同様に多くのサイトで動画配信がされています。

DMMやニコニコチャンネル、Amzon、dアニメストアなどなど…有名な動画配信サイトが多数ラインナップしていますので、見逃してしまった!もしくは自分が住んでいる場所では見ることができない!という方は、こちらをご利用してみてはいかがでしょうか。

ニコニコ動画などは最新話が1週間無料で視聴できるので、繰り返し見たい方や他の視聴者のコメント見ながらもう一度楽しむというのも良いかもしれません。

「弱虫ペダルNEW GENERATION」第11話まとめ

「弱虫ペダル」アニメの第3期「弱虫ペダルNEW GENERATION」第11話のらすじ、動画、感想、考察などをまとめてきました。今週は一年生レースも終わり、いよいよ新生総北のインハイメンバー六名が決定しましたね。しかしここから一筋縄でいかないのが、弱虫ペダルです。

ここから新生総北には、まだまだ一波乱巻き起こることとなります。そして不穏な空気を象徴するように、新キャラクターの岸上小鞠のビジュアルと声優さんが発表となりました。12話で登場するであろう、彼の活躍も楽しみですね。


【ライター:さい】

アニマガジンでライターとして活動中の20代独身女。自他ともに認めるアニメオタクであり、女性向けジャンルから男性向けまで、趣向があえばなんでも口にします。

「弱虫ペダル(弱ペダ)」の関連記事はこちらから

 

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。