共和国遂に!ターニャが初の苦戦!?「幼女戦記」11話の個人的な感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「幼女戦記」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回に極秘の作戦を成功させ、そしてラインの援護に向かっている途中で謎の魔導反応を観測したラインの観測班。ターニャは遊撃に当たるように打診しますが、その無線の最中にグランツ少尉が撃墜・・・今回は超絶バトル戦!そんな11話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思います!

ライン戦線遂に決着! そして存在Xの刺客によりターニャが初の苦戦!?「幼女戦記」11話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「幼女戦記」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回に極秘の作戦を成功させ、そしてラインの援護に向かっている途中で謎の魔導反応を観測したラインの観測班。ターニャは遊撃に当たるように打診しますが、その無線の最中にグランツ少尉が撃墜・・・今回は超絶バトル戦!そんな11話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思います!

「幼女戦記」11話の感想まとめと内容考察!

では早速、幼女戦記11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。前回で共和国との戦闘が激化しているラインの状況が一変し、帝国の作戦が成功します。その鍵を握っていたのはターニャ率いる選抜の中隊であり、その極秘作戦も無事に成功しラインへと向かっている途中のことでした。今回はターニャが初の苦戦を強いられる場面がありましたね。そんな11話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

存在Xの刺客 ターニャ大苦戦!

シーンは前回のラストシーンのあたりから始まりました。前回は共和国のライン戦線の敵司令部を強襲するという極秘作戦が展開されました。そしてその作戦を実行する部隊こそターニャ率いる選抜の中隊であり、ラインの悪魔と称されるあのターニャは見事に作戦を成功させ、そして次なる目標のライン戦線の掃討戦に向かいます。しかしその道中でライン戦線からの通信が入ります。それは未確認の魔導反応があるということでしたが、その未確認の魔導反応の遊撃に当たるようにラインの通信本部へと打診します。しかしながら、増援を待つように言われて「承服できない」と言い合っている最中のこと、まさかの背後からの一撃でグランツ少尉が撃墜されてしまいます。その一発を放った相手こそあの存在Xにより力を手に入れたスー大佐でした。まさに鬼と化している大佐です。そんな状況をみてターニャは少し焦りつつも部下に指示をだし敵の迎撃に当たります。敵は大隊規模であり、こちらは中隊であるという戦力差ですが、今までのターニャであれば余裕でこなしてきたものですね。しかし今回に限って言えばそれは危険なかけと言わざるを得ないでしょう。なぜなら相手にはあの存在Xによって力を得たスー大佐がいたからです。この時はまだターニャもそのことには気づいていませんでした。むしろ相手があの時に屠ったスー大佐であるとすら気づいていないくらいでしたので戦況は悪くなるばかりとなっていきいます。条約違反の武器を使用するスー大佐であり、徐々に押され始める中隊。しかしターニャは相変わらずの強さで敵を圧倒していきます。

そんな中、味方の中尉たちが次々にスー大佐によって撃墜させられたのをみたヴァイス中尉は激情し、スー大佐に向かって猛進します。違う角度からの攻撃に気づかないヴァイス中尉に落ち着けと叫ぶターニャですが、そんな言葉すら聞こえない状況でした。そんな時にターニャはあの力を使ってヴァイス中尉を救います。それによってヴァイス中尉は我にかえりますが、そこへスー大佐が奇襲をかけてきます。激しい攻防戦が繰り広げられますが、やはりターニャですね。スキをついて敵の胸元にナイフでの一撃をかまします。獲ったと思ったターニャですが、それでも一切倒れることのないスー大佐です。この時初めてターニャは「こいつあの時の」ということを思い出します。確かに殺したはずの兵士が目の前にいるのですからこれは即座に存在Xが送り込んできた刺客であると判断したターニャでした。スー大佐はおそらくこの時に自爆をしようと思っていたのでしょうね。魔力が増大に膨れ上がるのを感じターニャは必死に抵抗しますが、腕をがっしりと掴まれて動けない状態でした。そんな時に救いの一撃を放ったのはヴィーシャでした。スー大佐の背後からの一発は大佐を貫きターニャにも当たりますが子によりターニャを拘束していた腕は解放されます。そしてターニャは冷静にライフルを発射しスー大佐を蜂の巣に。これでターニャも完全にスー大佐が死んだと思ったのでしょうね・・・しかし。それでも倒れなかったスー大佐です。そして自爆。爆風に巻き込まれるターニャであり、その光景を見ていたヴィーシャやヴァイス、そして部下たちです。味方の援軍も到着する頃であり敵の大隊は後退していきます。ヴィーシャはこの爆風によってターニャが完全にやられてしまったと思ったのでしょうね。悲しい顔をしながら爆風を眺めていると、咳き込みながらも無事な姿を表すターニャでした。

優雅に勝って帰るつもりが想像以上の被害を受けてしまったと言いながら部下たちを安心させました。そして先ほど撃墜されたグランツたちも無事に保護され、全員の無事帰還ができたということでした。一方ライン戦線は掃討戦へと以降、その後15日がすぎた頃には共和国の首都を制圧し、事実上の帝国の勝利となりました。これで一安心と思っていたターニャですが、部下たちが休暇に明け暮れている頃に大隊の駐屯地にてヴィーシャとの会話の中からある疑問を覚えます。それは共和国の海軍がブレスト軍港へと引き上げているということに対してこれは首都を見捨てて逃げるということであるとターニャはすぐさま感じ取ります。ここで叩いておかねば帝国の勝利、つまり終戦ということには繋がらない、最後のチャンスであると思ったのでしょうね。ターニャはすぐに西方司令部へと趣き強襲の許可を得ようとします。しかしながら西方司令部の司令官はそれを許可はしませんでした。停戦となった今それはできないということであり、これ以上の被害は出せないとのことでした。するとターニャは参謀本部の権限を使って強行的に作戦を実行させようとします。今叩いておかねばならないと、チャンスを逃してはいけないと必死なターニャでしたが、V1の飛行場へついたところでヴィーシャから参謀本部の命令を聞き作戦は遂行できないことになります。逆らえば銃殺もありうるという状況をわかっているターニャは泣く泣く作戦を中止します。そして愕然とし、悔しながらも存在X、自らの思い通りにいきない状況に苛立ちを見せていましたね。残り1話となった幼女戦記ですが、どのような終わりを迎えるのか・・・とても気になるところですね!

「幼女戦記」の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:幼女戦記

ニコニコチャンネルでは1話が無料で視聴可能となっていますので、是非チェックして見てくださいね!

次回ラストの幼女戦記はどうなる!?

共和国との停戦は確実とされ、さらに陥落も時間の問題であるというところまで来ています。次回のラストはどのような終わりを迎えるのか想像がつかない感じですね。原作を読まれている方はもうご存知のことだとは思いますが、ラストはどのような物語になるのでしょうか!? 次回の幼女戦記もお見逃しなく!


(筆者撮影)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。