新たな気持ちで2年生へ! 心も体も成長した夕士に待ち受けるものとは?「妖怪アパートの幽雅な日常」9話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「妖怪アパートの幽雅な日常」9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回は新たに2年生になった夕士の物語でもあります。学校では英会話部でおなじみと同じクラスになったり、また新任の英語教師に異変を感じたり、色々なことがありつつ、アパートではもはや住人のように振る舞うようになった長谷とともに喜怒哀楽な生活風景を映し出していた9話・・・人生とは何か? そんな疑問について考える思秋期の少年の心を浮き彫りにした物語であったように感じました。そんな9話の内容を個人的な感想を交えて綴っていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

龍さん帰宅! 新任英語教師がおかしい? アパートで得たものとは「妖怪アパートの幽雅な日常」9話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「妖怪アパートの幽雅な日常」9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回は新たに2年生になった夕士の物語でもあります。学校では英会話部でおなじみと同じクラスになったり、また新任の英語教師に異変を感じたり、色々なことがありつつ、アパートではもはや住人のように振る舞うようになった長谷とともに喜怒哀楽な生活風景を映し出していた9話・・・人生とは何か? そんな疑問について考える思秋期の少年の心を浮き彫りにした物語であったように感じました。そんな9話の内容を個人的な感想を交えて綴っていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

妖怪アパートの幽雅な日常9話の感想まとめと内容考察!

では早速、妖怪アパートの幽雅な日常9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回は新しい2年生へと進級した夕士ですが、同じクラスではあの煩い同じ部活の女子も同じくして賑やかな生活を送っておりました。一方学校で教師の新任英語担当がどうも変であると気づく夕士です。そのことについては今回は深く触れてはいませんでしたが、次回、学校での異変の話になるでしょう。今回は妖怪アパートでのストーリーがメインとなり、その中でも大人とは何か? 人生とは何か? そんな大きなことを考える思春期の男子高校生を描いていた物語であったように思えます。そんな9話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います。

夕士の考える大人とは? 学校では賑やかに!

今回の物語を総括すると「2年生になった夕士」「新任英語教師の異変」「龍さんと妖怪アパート」「大人とは?」そんな感じであると思います。今回はそこそこ考えさせられるような物語であったように思えました。大人とは何か、人生とは何か? というようなちょっとした哲学的な感じの内容でもあり、また当たり前のようなことでもあるようなこと、変わりつつあるこの現代をただすようなことを語っていたのではないでしょうか? 個人的には面白さとまた勉強させられるような、納得のいくような内容であったと感じました。順を追って見ていきましょう。

まずは新学年になった夕士です。2年生ですね。この物語では時間の経ちかたが早いですね。あっという間に2年生です。そんな二年生になった夕士ですが、同じ部活のあの女性も同じくしてクラスになりました。うるさくなるような、また賑やかな学生生活になるような、夕士にとってはいい環境になると思いました。

しかしそれをよく思わない男子生徒もいるようですね。後ろらへんで舌打ちをしていた男子学生のシーンがありましたが、妬みとは嫌なものですね。嫉妬とでもいうのでしょうか。それはさておき、賑やかになりつつある学校生活の中で少し変わったことといえば英語の担当が代わり新しく入った先生になったということでした。

個人的な感想ではありますが、覇気が全く感じられないということ以外は普通な感じでした。淡々と授業をこなすという雰囲気の先生ですね。こういう先生は確かに私の高校生時代にもいましたが、これはアニメであり、またこのへんな感じの先生というのは後々にトラブルの元となるのでしょう。

帰り際にその先生を見かけるのですが、目が死んでいるというような感じでした。それをみた夕士は殴りたくなるような苛立ちを見せます。どこか遠いところを見ているというのではなく、何も感じていないというのが正しいのでしょうか? あれはおそらく妖怪に関係してくるのでしょうね。今後の物語、次回あたりで先生の異変が浮き彫りになるでしょう。あくまでも個人的な予想ではありますが。

そして時はたち、ゴールデンウィークになります。

長谷は毎週の休みに妖怪アパートへと通っているらしくもはや住人といってもいいほど馴染んでいましたね。この長谷と夕士の関係性はとてもいいと思いました。いい友人であり、またライバルでもあるのでしょうね。

そんな長谷がいる時に龍さんが戻ってきます。長谷とは初対面ですが、長谷の髪を長くした感じですね、龍さん。イケメンというのは間違いありませんが、長谷も圧倒するほどの存在感というのが感じられました。長谷も龍さんにはすごいものを感じるといっておりましたが、これが本当の意味での大人ということ、それを今回は伝えたかったのではないでしょうか?

ギャグのような展開がいつものようにありつつも、今回一番に伝えたかったこと、それは大人とはこういう色々な意味で、自分の人生を誇りに思いながら歩んでいる人たち、ということではないでしょうか? あくまでも個人的な感想ですが、だたいきているということでななく、次の世代の見本になるような、しっかりと地に足をつけて歩いて、そして色々な経験を教えてくれる人、そんな人が大人というのではないか? というのがこの9話で伝えたかったことではないでしょうか。

人にはそれぞれ色々な人生があり、また人それぞれ違う人生を歩むというのは当然のことではありますが、中身が薄っぺらい人間ではなく、経験、濃い人生を歩んでいるかどうか、その辺りを伝えたかったのでしょう。これは思春期、今の将来をどう考えていきていくのか、学生や若い世代に向けたメッセージでもあったのではないでしょうか?

教育でアニメや漫画は教育上よくないと言いますが、それは間違いであると私は思っています。色々なものを吸収することによって見ている視野が広がる、それが何かの役に立つかどうかではなく、知識や大人になってから過去を振り返って色々な経験をしてきているという意味でもこうして文字や絵で伝える方法というのが漫画やアニメなのではないでしょうか?

人は変われるということもこの回では伝えていましたね。とても大事なことであると思います。それはおそらく経験、自分で体験し、見て気づくということに意味があるのでしょう。誰かから強制的にさせられるのではなく、自らが気づいて率先して変わらなければ意味がないというのがこの作品で伝えたかったことなのではないか? と思います。

妖怪アパートの幽雅な日常の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:妖怪アパートの幽雅な日常

次回は学校で一悶着あるのか? 問題を解決するのは夕士?

今回のラストでお化けがでるという話で終わりました。ということは次回はおそらく学校で何かしらの事件や問題が起きると見てもいいでしょう。そしてそれに対して問題と向き合うのは夕士であると思います。 次回の妖怪アパートの幽雅な日常もお見逃しなく!


(アイキャッチに使われているものと同じ画像)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。