文化祭の季節到来! 千夏の詳細がついに明らかに!?「妖怪アパートの幽雅な日常」20話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「妖怪アパートの幽雅な日常」20話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回ついに千夏についての物語がようやくスタートしたという感じでした。今までわからなかった千夏の過去についても少しばかりわかりましたね。どうしてあのような性格の人間が出来上がってしまったのか・・・それはやはり誰かと比べられている、または家庭環境という一般的とも言えるものでした。そんな20話の内容を個人的な感想を交えて綴っていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

文化祭の出し物は何? 千夏をどうするべきか、悩む夕士・・・千夏の過去とは?「妖怪アパートの幽雅な日常」20話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「妖怪アパートの幽雅な日常」20話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回ついに千夏についての物語がようやくスタートしたという感じでした。今までわからなかった千夏の過去についても少しばかりわかりましたね。どうしてあのような性格の人間が出来上がってしまったのか・・・それはやはり誰かと比べられている、または家庭環境という一般的とも言えるものでした。そんな20話の内容を個人的な感想を交えて綴っていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

妖怪アパートの幽雅な日常20話の感想まとめと内容考察!

では早速、妖怪アパートの幽雅な日常20話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回はつにあの千夏について触れておりました。ここまで長く引き伸ばされていた感はありますが、それだけに今までの伏線のような話数がなんとなく理解できるような内容でもあったように感じました。さて、今回の物語を一言で言うと、千夏の過去・・・でしょうか? なるほどと理解できるような家庭、そして比べられているからこその今があると言うものがわかりましたね。そんな20話の内容を個人的な感想を交えて綴っていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

文化祭の出し物を決める! 千晶先生は相変わらずのGTOぶり!?

今回の始まりは2学期のメインイベントとなる文化祭の出し物について話し合われると言う内容からでした。千晶先生はとりあえず実行委員任せで自らは教室の一番後ろのロッカーの上に寝ると言うちょっとばかしテキトーな感じを見せておりました。

なんと言うかクールな感じがありますが、生徒一人一人の相談に乗っているところ、また色々と人生観を語るところ、そして何と言っても生徒をしっかりとみてその生徒がどのような生徒なのかを把握しているところですね!

これがあるからこそちょっと不良っ気が強い先生ではありますが、生徒からの絶大な支持を得ているのでしょう。

さて、そんな文化祭の出し物ですが、クラスの方よりもここでは部活動の方がメインの内容となっていたように感じます。今回のメインとなるのは文化祭というよりも「千夏」ですね。田代がまたどこからか詳しい情報を手に入れてきており、それで千晶の過去について色々と判明することとなります!

千夏がここに転入する前は違う高校に通っていたらしいのですが、そこはそこそこ有名な進学校だったらしく、そこでは今よりももっと派手に振舞っていたようです。あの「自分自分!」という我を出す感じですね。全て自分が正しく、何にでも仕切りたがる性格、さらには自らが頭いいですよを全面にアピールするというのを行動で示すというまさに素晴らしいとも言える「性格」のようです。

これは言っていいのかどうかはわかりませんが、このような感じの生徒はもしかしたら学年に一人はいたのではないでしょうか? ここまで極端なものではなくとも「私頭いいですよ」的なのをあからさまではなく影的に行なったりしている人・・・私の世代にはいたような気がします。

「何にでも仕切りたがる」やつ。これもいたように思えます。まず嫌われていたように思えますね。それが自分では周りに嫌がられているという自覚がないのがこの性格を持っている人の特徴とも言えるでしょう。無自覚のままにそれをしてしまう、そういう性格なんでしょうね。

さて、そんな私の過去話はさておき、そんな性格になってしまったのにはおそらくは家庭環境にあったのではないか? というのが個人的な感想ですね。ここでもキーマンは「姉」です。

千夏には5つ年上の姉がいるそうですが、容姿端麗で成績優秀な上に性格もよく誰からも好かれるタイプの人だったようです。そんな何にでもできてしまう姉が千夏にとってネックだったのでしょうね。

さらに千夏は昔から体が弱かったせいか、両親が過保護に育てている、そんなことにも腹を立てていたのでしょう。「私だってできる」「私を認めろ」というのが腹のなかの声でしょうね。

この腹のなかの声ですが、自分はなんでもできている、他の人間よりも優れている、だから認めろ、というのはおそらくこの姉がきっかけとなっているのでしょう。それはおそらく見ている皆さんが気づいていることではあるでしょうね。なんでもできる姉と比較されているというわけではないのですが、自ら劣等感を感じて比較しているというのがここまで変人な性格にしてしまった最大の理由となっているのではないか? と私は個人的に思います。

そしてその後、夕士は千夏にコンタクトをとる部分がありました。図書室で千夏が読書中に話しかけますが、そこでもあの暴言を夕士に吐くという始末・・・夕士も苦笑いしつつなんとかならないかと頭を悩ませます。解決策というのはおそらく今後夕士自ら考えて、経験して導き出すのでしょうが、今の所は手詰まりという感じですね。

私がもし夕士の立場であれば正直なところこんな生徒がいたらまず関わらないでしょうね。これはあくまでも物語としてなんとかこの生徒をいい方向へ向かわせるという内容にしていくのでしょうが、リアルだとまずこんな生徒普通に誰からも相手にされないでしょう。というかこんな人まずいないでしょうしね。そこは物語として捉えるとしましょう。

今回の中では夕士は自らどうすべきなのか、その辺りを試行錯誤している感じでしたが、結局答えは見つからず、そのまま次回へと続くこととなりました、どうやって千夏の問題を解決するのか、とても気になりますね!

妖怪アパートの幽雅な日常の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:妖怪アパートの幽雅な日常

次回は文化祭準備に入るのか!? 千夏はどうなるのか!

今回は千夏の過去を知り、そして悩む夕士の姿が映し出されておりました。文化祭という大イベントを控えている中、どうやってこの問題を解決していくのか、その辺りが今後の見所となりそうですね! 次回の妖怪アパートの幽雅な日常もお見逃しなく!


出典元:Pixaday


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。