須藤が暴行問題を起こしてしまう?「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話感想まとめと動画情報!

みなさんこんにちは!今回は「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話の感想まとめと動画情報の記事となっています!前回は櫛田の変貌ぶりや清隆の暗躍によってDクラスが高得点を獲得できた絡繰りが判明しましたね!そんな激震続く「ようこそ実力至上主義の教室へ」ですが、4話は一体どういうお話になっていくのでしょうか?それでは早速「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話の感想まとめと動画情報を見ていきましょう!

「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話感想まとめと動画情報!

みなさんこんにちは!

今回お届けするのは「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話の感想まとめと動画情報をまとめた記事となっています!

前回の「ようこそ実力至上主義の教室へ」3話では、清隆が暗躍したお陰でDクラスの面々が高得点を獲れた絡繰りが判明して、驚いていた視聴者も見受けられました。

さらに、みんなから好かれる素晴らしい人格の持ち主だと思われていた櫛田桔梗が、物に当たり、自分の胸を清隆に触らせて胸部に清隆の指紋を付着させて、いざというときは痴漢冤罪を演出させようとするだけの腹黒さを持つ少女だったことが分かりましたね!

この光景には、日本の視聴者のみならず海外からのファンも驚いたと発言している人も多いらしく、波乱が波乱を呼び起こした展開と言えるでしょう。

そんな激震続く「ようこそ実力至上主義の教室へ」ですが、4話は一体どういうお話になっていくのでしょうか?

それでは早速「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話の感想まとめと動画情報を見ていきましょう!

「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話感想まとめと動画情報

「ようこそ実力至上主義の教室へ」第4話の真相に迫る……その前に、ちょっとした情報です!

動画情報に関しては、感想まとめ後の「ようこそ実力至上主義の教室への動画情報!」という見出し以下に記載されていますので、是非参考してみてくださいね!

Bクラスの少女たちの日常。そして、桔梗とエンカウントする清隆!

一ノ瀬を中心としたBクラスも、Dクラスと同じようにテスト勉強をしましたが、彼らとは違う点は地道を勉強したということ。一段と結束を固めた一ノ瀬たちは改めてAクラスに上がることを決意します。

清隆が朝登校しようとエレベーターを待っていると、中にいた鈴音と桔梗でした。

桔梗のことを嫌っている鈴音の不機嫌さに困惑しながらもエレベーターに乗った清隆は、前回の桔梗の変貌ぶりを思い出して対応に困ります。

一方の桔梗はあの夜の二面性など露ほども見せず、今まで通りの対応をしてきます。

エレベーターが最下階に降りると、声をかけてきのたは一ノ瀬でした。

Dクラスの生徒たちは勿論のこと、Bクラスの生徒をも掌握しかけている桔梗ですが、万人から好かれる方の彼女とあの夜の彼女、果たして一体どちらが本当の彼女なのでしょうか。

そして一ノ瀬が告げたポイントが振り込まれていない問題の真実とは?

告白をされるので見守ってほしいと清隆にお願いする一ノ瀬!

放課後、一ノ瀬に呼び出された清隆は、これから告白……をされること、これまでそういった場面に遭遇したことがなく不安になっているので、彼氏のフリをしてほしいと彼女に頼まれます。

他人の告白現場に同席するなんてとそこから去ろうとする清隆でしたが、運悪く一ノ瀬を呼び出したという生徒がやってきます。

なんとその生徒はBクラスの女子生徒である千尋。千尋は一ノ瀬以外に清隆がいたことに驚くと、泣き出してしまいます。

その姿を見た清隆は、自分も経験が無いので多くは語れないが、告白はそんなに簡単な思いで出来るものではないのだから、一ノ瀬もその想いをちゃんと受け止めるべきだと諭して、そこを去ります。

それから少し待っていると、告白を終えた一ノ瀬が戻ってきて、清隆は彼女が千尋を振ったと知ります。

こうして一ノ瀬は告白をちゃんとした形で終えることができ、清隆に1つ借りができることになったのでした!

Cクラスの生徒が須藤に暴行されたと学校に報告し、問題となってしまう。

その次の日。

清隆が教室へ登校してくると、須藤がCクラスの生徒と喧嘩したということで学校全体を巻き込んだ問題になっていることが判明します。

須藤は、喧嘩を売ってきたのはCクラスの生徒であり、これは正当防衛であると主張します。

しかしその喧嘩を目撃したという人間はいないということで、両成敗となりかけており、結末によってはせっかく試験で取ったDクラスポイントが無くなり、須藤は退学寸前まで追い込まれていました。

プライベートポイントが振り込まれなかった理由が須藤が起こした問題にあると知ったクラスメイトたちは、振り込まれるかもしれないと思われていた8700ポイントが無駄になるかもしれないと、一様に須藤を責めます。

そんな中で、平田や桔梗といったクラスの中心の生徒が、この問題で須藤に責任はないことを証明しようと提言し、一時は須藤を責めていたクラスの雰囲気が一転、須藤を助けようとするものになります。

清隆は事なかれ主義で貫こうとしますが、そこを桔梗に呼び出され、さらには鈴音にまで声をかけられたことで結局問題を収束させるために動くことに。

一方そのころCクラスでは、およそ普通の学校ではありえないような饗宴が開かれており、龍園という生徒がなにかの陰謀を企んでいることが視聴者だけに知らされます。

一体龍園はなにを企んでいるのでしょうか。

期限となっている一週間後までに須藤の無実を晴らすことになるのでした!

須藤の無実を晴らすために一ノ瀬に協力を依頼し、そこで驚愕の事実を知る!

清隆たちにとってはクラスメイトであり、今後部活によってDクラスに恩恵をもたらす可能性のある須藤ですが、学校から心象は良くないよくないということもあり、目撃証言などを探すことに。

そこで清隆は告白の件での借りを返してもらうという名目で、交友関係が広い一ノ瀬に依頼します。

一ノ瀬、そしてもう1人のBクラスの生徒である神崎たちは、電子掲示板に情報を募る告知をしており、今回被害を受けたということになっているCクラスの生徒たちの情報が一ノ瀬の元へと集められます。

対価としてポイントを譲渡することになっていましたが、今回匿名から情報提供だったということで、清隆は匿名へのポイント譲渡の方法を知らないという一ノ瀬にその操作方法を教えることになりますが……

そこで一ノ瀬の携帯を見て清隆と視聴者は驚愕します。

なんと約200万ポイントが付与されていたのです!

どうやら一ノ瀬も誤ってその画面を清隆に見せてしまったらしく、なにも無かったようにその場を去る一ノ瀬。

その保有量の真実を聞くことはできませんでしたが、一体どんな理由が隠されているのでしょうか?

喧嘩の現場を見ていた少女・佐倉愛理とは?

清隆たちが須藤の問題を捜索していく中で、ここまで須藤を救うことに懐疑的であった鈴音からある生徒が事件を目撃していたかもしれないとアドバイスされ、清隆たちは影が薄くてこれまで顔と名前が一致しなかった生徒……佐倉愛理の元へ行くことを決めます。

しかし佐倉は、何故か証言することを拒み、ついに興奮して詰め寄ってしまった桔梗のせいもあって佐倉が大事にしていたカメラが壊れてしまうことに!

物語は苛烈を極めていきます!

「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話の動画情報!

ここまで「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話の感想まとめを紹介してきました! ここからは動画情報になっています!

AbemaTV(特別先行配信):水曜25:05

Dアニメストア(優先先行配信):木曜12:00

「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話の感想まとめと動画情報がいかがでしたか?

(出典:ぱくたそ

以上、「ようこそ実力至上主義の教室へ」4話の感想まとめと動画情報の記事でした!

佐倉愛理がひたすら証言をしようとしない理由や、彼女が独白する「仮面」とは一体どういうことなのでしょうか?

「ようこそ実力至上主義の教室へ」5話も見逃せませんね!

「ようこそ実力至上主義の教室へ」の関連記事


【文:natori】

ゲーム・アニメ・漫画・ラノベが大好きです。ラノベを始めとした小説は大好きですので、必然的に記事執筆するジャンルもそちらが多いかと思われます! 皆さんに面白いと思ってもらえるような記事を書くように努めますので、よろしくお願いします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。