漫画「心霊探偵八雲 祈りの柩」の魅力とは?

舞台もアニメも小説も大人気の「心霊探偵八雲」シリーズの漫画版をご紹介したいと思います。アニメはこの漫画版をベースにしてそのイメージに近づけるようにして出来上がっているという印象を受けますよね。

舞台もアニメも小説も大人気の「心霊探偵八雲」シリーズの漫画版をご紹介したいと思います。アニメはこの漫画版をベースにしてそのイメージに近づけるようにして出来上がっているという印象を受けますよね。みなさんはどのメディアで、「心霊探偵八雲」を楽しんでいますか?

まだまだ完結していないのでこの先が同展開していくのか楽しみな漫画のひとつです。

漫画版「心霊探偵八雲」は根暗な印象だけど美しい!

画がとても綺麗なんです。出てくる人が男も女も綺麗すぎるというのが気になる点ではありますが、とにかくその絵が綺麗というポイントで読み進められます。ストーリーはほぼ原作に沿う形で進んでいきます。

綺麗すぎるせいで、ドロドロ感みたいなものが若干薄れているようにも感じますが、ただ、八雲がとてもネクラでちょっぴり不気味さすら出ているような気がするので、逆に他がこれくらい綺麗に描かれている方がいいのかもしれませんね。

出版社の傾向と言えるのかもしれませんが、女性が読みやすい感じで作られているので、八雲シリーズ、小説やアニメにまだ手を出していなくて、興味があるけど、ちょっとイメージが怖い感じがして・・・と思っている女性には、八雲導入編としてはコミックをオススメいたします。

漫画版「心霊探偵八雲」、思わず表紙買いする人続出!

原作もアニメ版も漫画版もすべてチェックしているのですが・・・アニメとの違いといえば、内容がしっかり把握できるというところです。アニメは、1話完結にするために、原作で気に入っている細かい描写などが、どうしても削られてしまっているということもありますよね。

なので、原作に忠実に近い形にという場合は、漫画版をオススメします。アニメ版では原作のイメージより若干元気すぎる感じだった晴香のキャラ設定も、漫画版では少し落ち着いて見られるので、原作寄りになっていると思います。とはいえ、それは原作を読んだ後の私がイメージするキャラ設定ではあるのですが。

さて。漫画版では、後藤刑事が素敵なおじ様な感じなのがいいですよね。八雲後藤刑事のやり取りがいい雰囲気を醸し出しているので、おすすめポイントですね。そして、八雲。漫画版では色気を感じます。表紙もそうですが中表紙を毎回発売時に楽しみにしているファンは私だけではないでしょう。シャツのボタンをはずしているイラストなど、ハマっている人多いはずです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。