『VOICARION』を100%楽しみたいあなたに!シアタークリエの座席をご紹介

クリエプレミア音楽朗読劇「VOICARION~ヴォイサリオン~」。いよいよ8月27日(土)から第1弾「女王の客室」が上演されます。キャストも発表され期待が高まる今日この頃ですが本日は観劇前にシアタークリエの座席表を予習しましょう。

「必ずもう一度観たくなる」音楽朗読劇シリーズ『VOICARION(ヴォイサリオン)』が、東京・シアタークリエにてスタートします。

同シリーズは、演出家・脚本家である藤沢文翁が朗読劇に日本の話芸、ミュージカル、オペラなどの要素を合わせた「藤沢朗読劇」という新しいスタイルの朗読劇です。声優界・演劇界の人気実力派キャストが、生演奏の音楽とともにストーリーを語ります。

その第1弾である『女王の客室』の公演が8月27日(土)~9月2日(金)、第2弾の『Mr.Prisoner』が9月3日(土)~5日(月)に決定し、注目のキャストも発表されました。 ここでは、そんな『VOICARION』が公演される会場、シアタークリエの気になる座席を紹介します。

『VOICARION』の会場、シアタークリエってどんな会場?

会場となるシアタークリエの座席数はBOX席、車いすの方の席(予約制)を含めて609席。比較的小さめの会場なので、どの席からでも見にくいと感じることはあまりありません。

オペラグラスがなくても、楽しむことができるつくりになっています。多くの劇場は客席での飲食は不可ですが、こちらは上演前・休憩時間なら大丈夫です。なので、ペットボトルの飲み物などを持っていくと便利です。

また地下2階には婦人用化粧室の個室が18個あり、ゆったりと使うことができます。シアタークリエの地下2階は日比谷シャンテ地下2階レストランフロアへの連絡通路とつながっているため、休憩時間や開演までの間に気軽にカフェでくつろぐこともできます。

『VOICARION』の会場:シアタークリエ前列座席(~4列目)

Saw Johnnys Ginza 2015 today!! It was such a great great show ;3; マリウス 💛

A post shared by Leana (@leana9101) on

シアタークリエは比較的小さめの会場なので、どこからでも見にくいことはありませんが、やはりステージに近い最前列付近はより近くで楽しむことができるのでおすすめです。

少し見上げる形となり、ステージ全体が観づらいこともありますが、ステージとの距離や役者との距離、表情の細かいところまで観える迫力にはかないません。そしてステージ全体が観えやすいセンター席(全列8番~22番)や通路側の席(全列7番・8番・22番・23番)もおすすめです。

ただ5列目まではかなり緩やかなスロープなので、身長によっては前の人が気になる、ということもあるかもしれません。

『VOICARION』の会場:シアタークリエ前列座席(6~11列目)

6~11列目までは、5列目までより少し斜度のある緩やかな階段状の段差があります。ステージとの距離が程よく、また目線も丁度良いので、ステージ全体を見渡すことができます。この付近でいちばん観やすいのは8~11列目センターあたりです。

シアタークリエは端でも見切れが生じることはありませんが、5列目以降はセンターブロックの両端以外に通路がないので、各列の1番・29番などの端の席になると、隣が壁になります。斜めに舞台を見る形になり、座席への出入りもしづらいので、席が選べるなら中央寄りが便利です。

『VOICARION』の会場:シアタークリエ前列座席(12列目~)

11列目と12列目に通路があるため、12列目の席もおすすめです。空間が大きく開いており、足元はゆったりとしたスペースがあります。通路を使った演出もあるかもしれません。通路を使った演出がなくても、前が開けている席なのでステージが観やすい席です。

また12列以降はしっかりと段差がついているので、前の人の頭を気にすることもありません。 15列以降、最後列などは舞台からの距離は遠くなりますが、生音楽の響きもよく聞こえ、ステージ全体が見渡せるので違った視点から楽しめます。

視力が良ければ最後列の22列目でもオペラグラスなしで役者の表情も見ることができます。心配な方は、低めの倍率のオペラグラスを持って行くといいかもしれません。

見やすい席・お好みの座席を見つけて『VOICARION』を楽しもう!

VOICARION』は第1弾『女王の客室』で、日毎に役者が変わるのも魅力のひとつです。座席が違うと視点も変わり、ステージの見え方も違ってきます。自分なりの観やすい座席を研究して、ぜひこの夏は色々な席で『VOICARION』の2作品、『女王の客室』『Mr.Prisoner』を楽しんでくださいね。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。