有頂天家族2の第5話感想まとめ&動画情報記事 !まさか弁天が……!?

みなさんこんにちは!ボイスタライターのnatoriです!今回お届けするのは「有頂天家族2」第5話の感想まとめと動画情報を紹介していきます!第4話で衝撃のラストとなった「有頂天家族2」ですが、第5話でも波乱は続きます……!感想まとめと動画情報と他にライター独自の考察なども付け加えていますので、是非とも読んでくださいね!

有頂天家族2の第5話感想まとめと動画情報をお届け!

みなさんこんにちは! ボイスタライターのnatoriです!

今回お届けするのは、「有頂天家族2」第5話の感想まとめ&動画情報!

4話では矢三郎が金閣銀閣と一悶着起こしたものの、そこから巻き返しという名の仲人として活躍。矢一郎と玉蘭が和解しあい、しっとりしたエンディングになるかと思われましたが、突然玉蘭が将棋盤の穴の中に吸い込まれてしまう……という衝撃のラストでした。

今回は最早風物詩とすら言えるシーンから、まさかまさかのあの人が大活躍ということで、大半のファンの予想を裏切る結果となりました。

さて、それでは早速「有頂天家族2」第5話の感想まとめと動画情報を見ていきましょう! いつもはちょっと情けないあの人が大活躍ということで、ちょっとした考察も書いてありますので是非読んでみてくださいね!

「有頂天家族2」の感想まとめ!

「有頂天家族2」第5話の真相に迫る……その前に、ちょっとした情報です!

動画情報に関しては、感想まとめ後の「有頂天家族2の動画情報!」という見出し以下に記載されていますので、是非参考してみてくださいね!

将棋盤に吸い込まれた矢三郎たち。たどり着いたのは、父の将棋部屋だった!

しかし玉蘭が将棋盤の中に吸い込まれてしまいます。慌てふためく矢一郎でしたが、流石ピンチに強い矢三郎はすぐさま将棋盤を調べます。すると矢三郎まで将棋盤の中に! 慌てた矢一郎も将棋盤を捏ねくり回し、結局吸い込まれてしまうことになります。

たどり着いたのは、4話から話題に挙がっていた下鴨父の将棋部屋。突風のように巻き起こる事態に驚いてしまうばかりの一行でしたが、さらに驚愕の事実が……!

なんと、その将棋部屋が赤玉先生の部屋に繋がっていたのでした……!

五山の送り火に玉蘭を誘う矢三郎。船が無いので困憊する矢一郎

矢一郎に気を遣って、五山の送り火に玉蘭を誘う矢三郎。当然玉蘭は二つ返事で了承したわけですが、矢一郎は玉蘭が去ったあとにとある理由から激怒します。

というのも、納涼船を奈良の狸から借りることになっていたが、金閣銀閣たちに邪魔をされて借りれなかったために、乗れる船が無かったのです。

その問題を改めて矢二郎を加えて相談しますが、兄たちからは妙案浮かばず。ここで頼れるのが阿呆の血を色濃く受け継ぐ矢三郎です。

矢三郎はとある作戦のために、赤玉先生に1期でも大活躍した茶釜エンジンを借りることにしました。

しかし意地っ張りな赤玉先生ですから、送り火見物に自分を誘うなよと釘を差してきます。どうせ誘わなければもっと怒るのだから……と、ひたすら下手に出て赤玉先生にゴマをする矢三郎でしたが、二代目宅に引越し祝いを持っていった話を持ち出されて辟易。

なんとか茶釜エンジンを借りることに成功した矢三郎でしたが、代わりに負ったものは決して小さくなかったのでした(笑)。

いざ、矢二郎扮する偽叡山電車で五山の送り火見物に出発進行!

矢三郎が考えた船の代わりとなるものは、なんと兄・矢二郎が变化した偽叡山電車に茶釜エンジンを搭載するというものでした。

賓客には玉蘭が来ており、始まる前に玉蘭に化けた矢三郎に何度も告白の練習を重ねていた矢一郎は、ここぞばかりに張り切ります。ちなみに赤玉先生も乗車していましたが、多くの視聴者は察していたようです。まぁダチョウ倶楽部のようにあれだけ誘うなよ! 絶対に誘うなよ? と前フリがあれば誘わないわけにはいきませんからね。

いざ宙を舞うことになった偽叡山電車でしたが、そもそも速度調節ができるほど器用では無かったので、せっかくのお吸い物やちらし寿司がバラバラになるほどの勢いで旅立ちます。

なんだか1期の頃を思い出しますね!

リア充末永く幸せに爆発しろ! 矢一郎と玉蘭の想いが通じ合う

先程からツンデレたり意地を張ってばかりの赤玉先生でしたが、いざ本気を出せば流石天狗たちの頭領です。

赤玉先生に押され、矢一郎と玉蘭が告白しあうことに!

見合いだと中々進展を見せない矢一郎と玉蘭を煽ると、すばらしい仲人ぶりを発揮しだしたわけですが、聞けば矢一郎の父と母の遅々として進まない関係に業を煮やした時も2人を将棋部屋に押し込んだというのですから、やはり赤玉先生が役者が違いますね!

普段は口が悪く、捻くれ者を体現したような赤玉先生ですが、ここぞという時には狸たちの上位存在である天狗としての威厳を見せるのですから憎い! 本当にかっこいいですよね。

そこに弁天が登場。

弁天の登場に沸き立つ赤玉先生。ちょっと残念だなと思ってしまいますが、これも赤玉先生の魅力です!

五山の送り火といえば最早お決まりの金閣銀閣たちの対決!

彼らにとっては風物詩とも言えるシーンが始まります。

そう、金閣と銀閣の登場!

偽叡山電車に扮した矢二郎を船代わりにする下鴨一家をおちょくる金閣銀閣でしたが、あまりの言い様に玉蘭も堪忍袋の緒が切れます。

説教をしてきた玉蘭にひどく怯える金閣銀閣でしたが、精一杯の気力を振り絞って玉蘭を悪し様に罵ります。

そうなると黙っていないのは、もちろん矢一郎! 先程想いを伝えあったばかりで、玉蘭を想う心も一際強まっていたのでしょうか。いきなり虎に变化すると、金閣銀閣が奈良の狸たちに借りたという大型の屋形船に乗り移り取っ組み合いを始めます。

それが開戦の合図というように、花火が込められた大砲が偽叡山電車に炸裂!

途中度重なる攻撃で墜落しかけた偽叡山電車でしたが、結果的には茶釜エンジンでパワーアップし、見事に屋形船をぶっ壊してしまうのでした!

第二ラウンド! 遂に弁天VS二代目……! 結果は!?

狸たちがド派手な喧嘩を終えると、次に始まるのは天上の者たちの戦いとなります。

お気に入りの長椅子を弁天に盗まれて臨界点まであと少しの二代目。その二代目を視界に入れるのすら嫌がる赤玉先生。一触即発かと思われましたが、そこに待ったをかけたのはなんと弁天。

弁天は自分が二代目の相手をすると言い、今まで見せたことないほど凄絶な表情を浮かべて二代目に襲いかかります。しかし……。

なんと弁天が瞬殺されます。

悔しさを隠しもしない弁天。天狗として弟子を想う赤玉先生。

二代目に手も足も出せずにやられてしまった弁天。

矢三郎は声をかけるのすら躊躇うほどでしたが、赤玉先生は違いました。ずぶ濡れで動こうともしない弁天の隣に座ると一言「悔しいかね?」と問いかけます。

いつもの軽口など出さず、「悔しいです」と性根が尽き果てたような呟きを漏らした弁天。

それを見た矢三郎は、弁天が二代目に挑む際の表情を思い出しながら、決して自分が入る余地がない2人をじっと見つめるのでした。

「有頂天家族2」第5話の動画情報

「有頂天家族2」第5話の感想まとめはどうでしたか?ここでは動画情報をまとめております!

弁天、二代目に完敗! 次回はどうなる?

ここまで「有頂天家族2」第5話の感想まとめと動画情報を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

矢一郎と玉蘭の恋が成就し、弁天と二代目の実力に圧倒的な差があることが分かった第5話でしたが、いずれのシーンも赤玉先生がどれだけ偉大なのかを表すのにも一役買ったように思います。

タヌキたちの中で特に聡いと思われる矢三郎が師事しているのも納得です。

もっと赤玉先生のかっこいいシーンが見たいですね!

これからを期待させてくれる5話でした……これからどうなるのでしょうか!? それでは6話も期待しましょう!

「有頂天家族2」の関連記事


【文:natori】

ゲーム・アニメ・漫画・ラノベが大好きです。ラノベを始めとした小説は大好きですので、必然的に記事執筆するジャンルもそちらが多いかと思われます! 皆さんに面白いと思ってもらえるような記事を書くように努めますので、よろしくお願いします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。