【ネタバレ注意】「有頂天家族2」第11話の感想まとめと動画情報!矢三郎と海星が食われる?

みなさんこんばんは!今回ご紹介するのは「有頂天家族2」の11話感想まとめと動画情報となっています!前回の「有頂天家族2」では矢三郎と海星が捕まってしまい……というところで終わったわけですが、今回11話では更なる波乱が待ち受けていました!当然感想まとめと動画情報も大盛り上がりとなっています!是非読んでください!

「有頂天家族2」11話の感想まとめと動画情報!

みなさんこんばんは!

今回ご紹介するのは「有頂天家族2」11話の感想まとめと動画情報になっています!

前回の10話では矢二郎が金長狸たちに挨拶しにいった先で自分こそが呉一郎だと申す狸が現れたり、矢三郎と海星が天満屋に撃たれて捕まってしまうという、波乱が目白押しの展開になっていました。

10話の展開を見た視聴者からは、毎度毎度ワクワクさせてくれる! などの感想の他にも、総一郎がそうだったように矢三郎もまた弁天に食われてしまう運命なのだろうかと不安の声があり、どれだけ「有頂天家族2」の期待度は高まっているのかが如実に伝わりました!

そんな10話から一週。

今回の11話では一体どんな展開になっていくのでしょうか? まさかの矢一郎・偽右衛門辞退? そしてまさかのあの人が勝機を切り拓くことに? と、伝えたいことがたくさんの11話!

早速紹介していきます!

「有頂天家族2」の感想まとめ

「有頂天家族2」第11話の真相に迫る……その前に、ちょっとした情報です!

動画情報に関しては、感想まとめ後の「有頂天家族2の動画情報!」という見出し以下に記載されていますので、是非参考してみてくださいね!

偽右衛門就任式に緊張した面持ちを見せる矢一郎だが……

遂に偽右衛門就任式ということで、参加する老狸たちに緊張した面持ちで挨拶をする矢一郎。

就任式には二代目が立会人として出席しており、1つ高いところからタヌキたちに好きにやるよう声をかけます。

そこでこの場に矢三郎がいないことを不思議に思った二代目は、何故矢三郎がいないのかと問いますが、返ってくるのは弁天の逆鱗を買ったからという答えだけ。

これに二代目は不満げな表情を見せます。二代目は矢三郎が好きですよね!

そしてその頃母・桃仙はというと、矢一郎の成功を祈願していましたが……そこに久しぶりに名前を見ることになった矢四郎からの電話がかかってきます。

楽しげに電話に出た桃仙でしたが、その内容を聞いて動転した様子を見せて走り出します。

一体、何があったのでしょうか?

矢四郎が爆発事故を起こした?

桃仙が矢四郎の元に駆けつけると、そこは大惨事の焼け跡になっていました。

幸いにも無事だった矢四郎から話を聞こうとすると、そこに割り込んできたのは金閣。いつも通りマイペースな金閣から話を聞くと、矢四郎が爆発事故を起こしたことでこうなったというのです!

しかし矢四郎はそんなことをしでかした覚えはないと言います。

さらには矢四郎の実験室から空気銃が出てきたということで、その立場はさらに危ういものになりました……!

そして呉一郎と共に京都へ向かう矢二郎。どう関わってくるのでしょうか?

天満屋の手によって寿老人の元に届けられる矢三郎と海星!

前回天満屋に捕まってしまった矢三郎と海星は、金曜倶楽部の鍋の具として寿老人に献上されることになってしまいました。

夷川を謀った様子の天満屋は、寿老人から羅刹に迎えられてしまうと言われおっかなびっくり。

そこにやってきたのは、これまた羅刹のようなオーラを身に纏わせた弁天の姿でした。どうやら地獄に行ってきたようです!

ついに捕獲されてしまった矢三郎を見た弁天は涙を流して悲しみます……!

矢一郎、矢三郎が金曜倶楽部に捕まってしまったことを知る

その頃偽右衛門就任式の場には金閣が登場し、その場にいた狸に、早雲は下鴨家に暗殺されたという嘘の情報を言い回っていました。

さらに矢一郎の耳に矢三郎が金曜倶楽部に捕まったという情報が入ります。

老狸たちはその情報を聞いて、矢三郎は弁天を怒らせたから……と諦めた様子を見せますが、矢一郎は狸界のために矢三郎が苦心したというのにと主張します。

そして怒りも有頂天に達しようとした矢一郎の視界に入ったのは、前回より疑わている呉一郎の表情。

これを見た矢一郎は、ここまで呉一郎に感じていた違和感が氷解し、全てを察します。

虎に变化した矢一郎は阿呆の血を見事に滾らせて、啖呵を切って弟を救うと宣言。偽右衛門などこちらが願い下げといってその場を飛び出すことに。

呆然とする老狸たちでしたが、唯一矢一郎の跡を追った影がありました!

そう、玉蘭です。

こんな阿呆なことをして申し訳ないと謝罪する矢一郎に、知っていた。だからこそ自分がいるのだからと声をかける玉蘭。

屈指の名シーンです!

夢の中で父・総一郎と言葉を交わす矢三郎

その頃気絶していた矢三郎は、夢の中で総一郎と会話をしていました!

お互いに阿呆の血には逆らうことはできないと笑いあう二人。

もうすぐ鍋の底に落ちそうだと矢三郎が相談すると、その時は父が迎えに行こうと言う総一郎。

我が子になんてことを……という言葉と裏腹に矢三郎の表情には父との会話を楽しんでいることが窺えます。

お前は面白く生きているか? と問う父に、自分は楽しく生きていると返す矢三郎ですが、さすがに海星を巻き添えするのは本意ではないし、現世にも未練があると返すのでした。

ぽんぽこ仮面(一体何教授?)

夢から覚めた矢三郎。

もうすぐ鍋の具にされてしまうということで焦っていましたが、そこに思わぬ救世主がやってきました!

その名をぽんぽこ仮面!

……ということになっている淀川教授でした! わかりやすぎますね!

金曜クラブの面々に追われながらも狸を守ろうとする淀川教授……そして一方その頃。

まさか、生存していた……早雲!

矢三郎たちが佳境を迎えていた頃、就任式会場でも動きがありました。

矢一郎が矢三郎を助けに向かったために、偽右衛門の代理を決める動きがあったのです! これに挙手したのが呉一郎……まずい状況になるかと思いきや、そこにやってきたのは矢二郎と……本当の呉一郎。

それではここにいる偽呉一郎は誰なのかと不審に思っていると、明かされた正体に驚愕!

なんと、その正体は早雲だというのです。

そして、三階建て叡山電車の中では矢一郎と玉蘭が参戦して、大捕り物になっていました!

なんとか檻から逃げ出した矢三郎は、寿老人の元に走り京の制空権を天狗の手に戻そうをします……動乱が続く「有頂天家族2」。気になるところで11話が終了するのでした。

「有頂天家族2」11話の動画情報

「有頂天家族2」第11話の感想まとめはどうでしたか?ここでは動画情報をまとめております!

「有頂天家族2」11話まとめ!物語はラストスパートに!

ここまで「有頂天家族2」11話の感想まとめと動画情報を紹介してきましたが、いかがでしたか?

矢三郎と矢一郎は金曜倶楽部と直接対峙し、矢二郎は呉一郎と共に早雲と対峙、そして矢四郎は……ということで、下鴨家の面々に大ピンチが迫って……! というところで終わってしまったので、気になるところが沢山あったかと思います。

早雲が実は死んでいなかったという絡繰りや、矢三郎がどう事態を収束させるのかなど、様々なことが気になる11話でしたが、12話ではどんな展開になるのでしょうか?

次回も期待しましょう!

「有頂天家族2」の関連記事


【文:natori】

ゲーム・アニメ・漫画・ラノベが大好きです。ラノベを始めとした小説は大好きですので、必然的に記事執筆するジャンルもそちらが多いかと思われます! 皆さんに面白いと思ってもらえるような記事を書くように努めますので、よろしくお願いします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。