「将国のアルタイル」第8話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

カトウコトノさん作、「月刊少年シリウス」で連載中の漫画「将国のアルタイル」が2017年夏アニメとして登場、第8話が放送されました。 架空の国トルキエ将国を平和にしたいと願うマフクートは最少年で将軍となる、しかし帝国は豊かなトルキエに侵略を開始する。 国家間に渦巻く陰謀と策略を描く「将国のアルタイル」第8話の内容と考察、感想を紹介、「将国のアルタイル」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「将国のアルタイル」8話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介!

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

カトウコトノさん作、「月刊少年シリウス」で連載中の漫画「将国のアルタイル」のテレビアニメ第8話が放送されました。

ヴェネディック艦隊に保護されたマフムートとキュロス、マフムートはそこで書物を読みヴェネディックの歴史を学びました。

そしてヴェネディックに到着した2人、ルチオと面会したマフムートは何を話すのでしょうか。

「将国のアルタイル」第8話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第8話の動画視聴方法もありますよ。

「将国のアルタイル」第8話の内容と考察

ルチオとの面会

ルチオと面会するマフムート、単刀直入に同盟を裏切った件を聞きます。

「援軍の要請それある時、即刻出陣させるべし」

必ずしも到着させるとは書いていないという詭弁を用いるルチオ、怒るキュロスを止めるマフムート、それに気にせずルチオは続けます。

援軍要請ののろしを上げたその日のうちのポイニキアが落ちてしまったらというルチオにキュロスはポイニキアは17日戦ったと叫ぶ。

このままではヴェネディックは名産のグラスを作るための水晶をポイニキアから入手できなくては困るのではないかというマフムートの問いに対して、帝国との通商条約を結ぶこともできると言います。

ヴェネディックはポイニキアを信じて同盟をしたわけではないというルチオ、同盟を信じていたポイニキアの副市長が帝国兵に殺されたことをマフムートが告げるとルチオは初めて動揺をみせました。

「ご友人の命が無残にも帝国に奪われたと聞いて、何とも思わないのですか」とマフムートは問う、それに対してルチオは帝国と戦争をしろと言うのかと問い返します。

それに対してセントロの各国が帝国に落とされてもいいのかとマフムートは問い返す、問いに問いで返す問答が続きますね。

帝国から手を出してこない限りこちらから手を下さない、最初から降伏することも選択肢にあるという。

戦わず平和と繁栄を維持するヴェネディックはあなたの理想なのではと言うルチオ、マフムートにここに滞在してみることを勧めます。

イラつくキュロス、そしてアビリガ

イラつくキュロス、ルチオに対して文句を言うが国家としての考え方という意味ではルチオは間違っていないというマフムート。

正しさというものはいくつもある、マフムートの成長がうかがえるセリフですね。

この街のクラックと連絡を試みようとするマフムートに「ここにはクラックはいませんよ」と通りがかったアビリガが伝えます、マフムートに話があるようですね。

セントロについて説明するアビリガ、この地域では商人軍隊を率いていることを説明します。

海賊や軍隊に対抗する商人こそがこの地域では一番戦闘に熟練しているということですね。

スレイマンが過去にここへ来たことを話すアビリガ、スレイマンに誘われたが断ったと話します。すでにこの国では密偵網に当たる体制が出来上がっています。

相手がどこであれヴェネディック人は自国を裏切ることがないということを詳しく説明します、ヴェネディックは等しくどこにも加担しない、たとえ同盟国でもということだそうです。

アビリガの過去

本当の親に13歳の時に承認に売られたアビリガ、それを保護したのがカピタンのブレガ。

置きざまにブレガの顔を斬りつけました、そんなアビリガを商人から相場以上の値段でブレガは買い取ります、その強さを見込まれました。

その時どこかの船が事故にあったという報告が入る、そして借金取りもやってきます。

そしてブレガもやってくる、商会法に背いたアビリガを問い詰めるがアビリガは答えません。

商会法に違反したものは国外追放を免れない、今のうちに街を出る準備をしておくんだなと言い残してブレガは立ち去る。

アビリガの想い

ブレガになぜ本当のことを話さないのかと聞くマフムートに、それを言ったらブレガは私を助けてしまうと答えるアビリガ。

もし法をまげてまで犯罪者の自分を助けてしまえば、ブレガの信用が地に落ちてしまう、それを避けるためですね。

この国にとって自分が罪を犯して借金を返すのが最良の選択だと言い裁判へ向かいます。

裏と表

この町の人の裏と表について考えているというマフムート、歩いている最中に借金を取り立てていた者たちの話が聞こえてきます。

ブレガの命が病のために先がないと言いカピタンをだましたようですね、その件を彼らに問うマフムート。

アビリガをはめたとあっさりと言う商人たち、黙っているつもりはないと言ってもご自由にどうぞと言います、証拠が残らない嘘は別に法を犯しているわけではないと。

アビリガを助けるというマフムート、キュロスもそれに乗ります。

商人のやり方には軍人のやり方で行くというマフムート、どんな策を弄するのでしょうか。

アビリガとブレガ

牢に入るアビリガの元へやってくるブレガ、アビリガを国外に出すための策が今回の騒ぎのようです。

すでにこの国では武名が知れ渡っているアビリガを自由に国外に出す口実が欲しかったとのこと。

あとはマフムートがどう行動するのかにかかっています。

賭けチェス

軍事教練で養った実力で1対20の賭けチェスで商人たちを圧倒するマフムート。

負けた商人たちは怒り出し、金を置いて行けと脅します。

そこに登場したのはブレガの妻、この店は誰の店だと思っているのと商人たちを一喝、マフムートとキュロスに気を付けて帰るように笑顔で言います。

帰ったブレガに妻は「あの子の度胸は買いです」と告げました。

新たな従者

裁判が終わったアビリガの元へマフムートとブレガたちがやってきます。

借金をすべて私が返すからアビリガを無罪放免にしてくれと願うマフムートにブレガが説明を始めます。

謝罪をしてから今回の件はマフムートがアビリガを預けるのに値するかどうかを試していたというブレガ、ヴェネディックとトルキエを結ぶ可能性がある、そのパイプとしてアビリガを同行させてほしいと説明をする。

もしマフムートが断った場合はアビリガは海外へ遊学をさせようと言うブラガ、それに対してマフムートはこの金でアビリガを買い取らせてほしいと言い放つ。

それを許可するブラガ、アビリガはマフムートの従者になりました。

ブレガのもとにルチオがやってきます、マフムートを評価するブラガ、そしてルチオもそれに同意します。老獪さと青臭さが国には必要、マフムートの青臭さは貴重であると。

「将国のアルタイル」第8話の感想

ルチオもかなりいいキャラクターですね、原作も是非チェックしましょう!

第8話はかなり面白かったですね!

flourの「たいようの哀悼歌(エレジー)」はオリコン週間ランキング1位を獲得しました、作品に合ったいい曲ですね。

「将国のアルタイル」放送情報

【画像:photo AC

「将国のアルタイル」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

テレビ放送

  • MBS 毎週金曜日 26:25~
  • TBS 毎週金曜日 26:25~
  • BS-TBS 毎週土曜日 24:30~
  • 新潟放送 毎週水曜日(第1話放送開始が7月19日)  26:20~

ネット配信

  • Amazonプライム  MBS/TBS放送終了後

「将国のアルタイル」第8話を確認して第9話の放送を待とう!

「将国のアルタイル」第8話の内容まとめ、感想を紹介しました。

ヴェネディックという国のありかたが生々しく描かれましたね、商人の国だけあってトルキエやポイニキアとはだいぶ雰囲気が違いました。

アビリガが従者となったマフムート、次は何が待ち構えているのでしょうか、次回の放送を楽しみに待ちましょう!

将国のアルタイルの関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年夏アニメは「将国のアルタイル」の他、「プリンセス・プリンシパル」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。