「将国のアルタイル」第6話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

カトウコトノさん作、「月刊少年シリウス」で連載中の漫画「将国のアルタイル」が2017年夏アニメとして登場、第5話が放送されました。 架空の国トルキエ将国を平和にしたいと願うマフクートは最少年で将軍となる、しかし帝国は豊かなトルキエに侵略を開始する。 国家間に渦巻く陰謀と策略を描く「将国のアルタイル」第6話の内容と考察、感想を紹介、「将国のアルタイル」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「将国のアルタイル」6話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介!

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

カトウコトノさん作、「月刊少年シリウス」で連載中の漫画「将国のアルタイル」のテレビアニメ第6話が放送されました。

古都ボイニキアに入るマフムート、しかしそこには不穏な空気が立ち込めています。

帝国を低く見ている副市長は伝統あるボイニキアが帝国に負けるわけがないと交戦を主張、そのためにマフムートをだしに使う、マフムートはそれについて苦悩する。

戦争がはじまり、ボイニキアが勝つためには同盟国ヴェネディックの援軍が必要、しかしその援軍がやってきません。

援軍を呼ぶため自らがヴェネディックに向かうと主張するマフムート、クラックのキュロスに協力を求めます。

キュロスはマフムートを試し、そしてマフムートを認めて協力を申し出る、この危機的な状況をマフムートは脱することができるのでしょうか。

今回は「将国のアルタイル」第6話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第6話の動画視聴方法もありますよ。

「将国のアルタイル」第6話の内容と考察

市長と副市長

この戦争にいまだ反対している市長、市民が戦っているにもかかわらずなにもしていないようです。

それを叱責する副市長ですが話は平行線、帝国に征服された国の悲惨な末路を語る副市長と、この戦争は失敗だと語る市長。

この2人を見てマフムートは何を思うのでしょうか。

キュロスとマフムート

いよいよ出発するキュロスとマフムート、生きて帰るとマフムートは言います。

キュロスを信じる人々が集めた人々が用意した船、その指揮はとても高い。

群の連中よりも肝が据わっているというキュロス、それに礼を言うマフムート、一刻も早く援軍を送ってもらうようにするとマフムートは宣言します。

敵の襲撃

帝国の船がボイニキアへやってくる、その船は投稿すると宣言します。

これを罠だと判断するボイニキアの議員たち、しかし船の乗員は帝国に併合された地域の鉱夫たち。

必死に自分たちは敵ではないと言う彼らに矢を射かける船が現れる、それこそ帝国軍の船、最初の船は必死にボイニキアの人々に降伏すると声をかけ続けます。

副市長は彼らを受け入れたいと話す、彼らを入国させれば帝国軍は動揺し足元から崩れ落ちるだろうと。

裁決の結果投降兵の受け入れは賛成多数により可決されます、計算の結果帝国船が入る前に門を開けることができると判断しました。

しかし帝国は1隻のバラストを捨てて船の喫水を上げています、必死に門を閉じようとするボイニキア、水車などを使いますが天候が敵をして帝国に水門を突破されてしまいました。

崩れ落ちる副市長

崩れ落ちる副市長、「馬鹿か私は」と自責の念に駆られます。

しかし1隻帝国戦につっこむ船が、それはマフムートたちが乗る船。

奇襲には奇襲をもって返す、マフムートは相棒のイスカンダルを呼び寄せ帝国戦に攻撃を仕掛けます。

帝国船に侵入するキュロスたち、残ったマフムートのもとにグララッドがやってくる。

マフムートを襲うグララッド、2人は激しい戦いを始めます。

グララッドが優位に進める戦闘ですがキュロスがとっさに碇を下ろして船のバランスを変え窮地を脱します。

グララッドをとらえたキュロス、命は取らないと言い投降を呼びかける。

グララッドは自らの出身地がやせた土地であることを話す、今回の作戦に成功すればその豊富な税収の半分を故郷が拝領することとなっている、ルイ大臣との約束だそうです。

故郷の未来のために命は押宇内といい手を縛られたまま反撃するグララッドたち、その行動にマフムートは何かが引っかかると思います。

炎上

水晶の壁を登ってきた帝国の別動隊がボイニキアに火を放つ、船は陽動でした。

これでボイニキアは陥落するのか、次回に続きます。

「将国のアルタイル」第6話の感想

開戦に反対だった市長はずっとやる気を見せませんでしたが、ピンチには陣頭に立って指揮を執りました。

一方の副市長は想定外の事態で頭を抱えるだけ、最終局面では何の役にも立ちませんでした。

自軍だけではなく敵軍についても丁寧に描写されていますね、それぞれの思惑が絡み合うのが戦記物の面白さです。

「将国のアルタイル」放送情報

【画像:photo AC

「将国のアルタイル」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

テレビ放送

  • MBS 毎週金曜日 26:25~
  • TBS 毎週金曜日 26:25~
  • BS-TBS 毎週土曜日 24:30~
  • 新潟放送 毎週水曜日(第1話放送開始が7月19日)  26:20~

ネット配信

  • Amazonプライム  MBS/TBS放送終了後

「将国のアルタイル」第6話を確認して第7話の放送を待とう!

「将国のアルタイル」第6話の内容まとめ、感想を紹介しました。

自国の力を過信し、帝国の実力を過小評価していた副市長とそれに追随した議員たち、その結果帝国軍に隙を突かれてボイニキアは火の海に沈みました。

マフムートは援軍を呼ぶために準備をしていましたが陽動部隊と戦うのが精いっぱい、帝国の動きに違和感を感じつつも水晶の壁からの別動隊に気づくことができませんでしたね。

TBSとMBSは2話連続の放送、そのほかは日を改めて7話が放送されます、こちらでは7話の記事はBS‐TBSの放送後に公開したいと思うのでチェックしてください。

「将国のアルタイル」の関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年夏アニメは「将国のアルタイル」の他、「プリンセス・プリンシパル」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。