「将国のアルタイル」第18話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

パシャに復帰したマフムートの活躍を描く戦記物、「将国のアルタイル」第18話が放送されました。 セントロへ陸路で向かうためクオーレ・ディ・ルメリアナの盟主フローレンスの大統領カトリーナと交渉しようとするマフムート、しかしマフムートは弱点を突かれ手玉に取られる。 今回は「将国のアルタイル」第18話の内容と考察、感想を紹介、「将国のアルタイル」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「将国のアルタイル」第18話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

カトウコトノさん作、「月刊少年シリウス」で連載中の漫画「将国のアルタイル」のテレビアニメ第18話が放送されました。

三国同盟はセントロへ陸路で向かうためにクオーレ・ディ・ルメリアナの盟主フローレンスとの交渉にと向かいます。

フローレンスの大統領はスレイマンの昔馴染み、マフムートたちを笑顔で迎え入れますが政治家として一枚上手のカトリーナに手玉に取られるマフムート。

そしてフローレンスはトルキエと手を結ばず自らが第3勢力になろうとしている、マフムートたちはそれを覆すことができるのでしょうか。

今回は「将国のアルタイル」第18話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第18話の動画視聴方法もありますよ。

「将国のアルタイル」第18話の内容と考察

第3の勢力

「わたくしたちクオーレ・ディ・ルメリアナ34の都市国家は、大陸第3の都市としてクオール同盟を発足します」

フローレンスの大統領カトリーナはそう宣言する、帝国と三国同盟に勝手をされては困る、クオール同盟で両勢力に圧力をかけて戦乱の回避を目指すと言うのが名目。

中立としてトルキエの領内通過を認めないカトリーナ、市民からの署名もみせつける。

署名が必要と言うことは一枚岩ではないと考察するマフムート、そして宣言をしているカトリーナの元へスレイマンが歩み寄り書類を火にくべる。

トルキエのクラックが命を懸けて送った報告を会議メンバーに見せつけるスレイマン、マフムートがそれを受け継ぎ帝国に当たるべきと言う。

蛮族の言うことなど信用できるか、その情報は正確なのかなどの声が上がる、カテリーナにスレイマンが嘘をつく人間ではないことがわかるでしょうと告げる。

会議の順延を申し付けるカテリーナ、マフムートたちは牢に連れていかれます。

紛糾する会議

会議は紛糾する、そこへスコグリオが帝国に降伏したと言う情報が入る。

カテリーナはそれを受けてトルキエの領内通過を認める決定を告げる、そして対帝国に当たってはクオール同盟は三国同盟と足並みをそろえることを約束します。

三国同盟の暴走の抑止力になりませんとねと棘もしっかり放つカテリーナ。

マフムートたちを出発させるスレイマン、俺にはやることがあると告げます。

カテリーナの判断に反対する勢力は彼女の決定を覆させようと裏通路を使って侵入する。

しかし話は平行線、彼らは直訴が受け入れられないならと実力行使に出る、いざとどめを刺そうとする瞬間スレイマンが登場します。

「俺が残ったかいがあったろ」

スレイマンはマフムートとともに故郷が滅ぼされたことを告げる、帝国は協調できるほど甘い存在ではない、俺たちなりの方法でフローレンスを守ることも約束します。

「これからしばらく寝室の警備を担当しますよ、ゴンファロニエレ」

タウロの傭兵団

タウロに向かうマフムートたち、道中でタウロ市の傭兵集団のエルバッハが案内役として同行を願い出る。

マフムートはタウロの双子市長と出会う、そしてタウロを通るなら実力を見せろといいます。

その条件はタウロ市を舞台とした演習、市長の帽子の羽根を取れればマフムートの勝利です。

模擬戦スタート

模擬戦のスタート、マフムートたちは見事に攻略をする。

そのころカリルパシャも行軍を開始、ルチオもセントロを取り戻すため動きます。

四将国のスルタンたちもそれぞれ動き出す、いよいよ大陸全土が動き出します。

タウロ市の協力を勝ち取るマフムート、両市長から歓迎されます、しかしこう警告をする。

「トルキエについたわけではない、俺たちは自由の戦士だ、報酬分の仕事が済めば後は知ったことじゃねえ」

それを受けてマフムートは金貨を取り出し宣言する、「それでは私はトルキエらしく、この金でタウロすべての傭兵を買うとしましょう」

金で同盟を買うマフムート、帝国軍撃退までに足りる金を本国から送らせるというマフムート、タウロ傭兵団はまとめて仲間となります。

そのころルイ大臣は何かをたくらんでいる、どのような動きを見せるのか気になりますね。

三国同盟になびく都市がかなり増えてきた、しかし悪い知らせが入る、帝国も次々と都市国家を降伏させて行きます。

自分がやれることをやるだけというマフムート、次の目的地はシエロ共和国。

「将国のアルタイル」第18話の感想

「将国のアルタイル」放送情報

【画像:photo AC

「将国のアルタイル」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

テレビ放送

  • MBS 毎週金曜日 26:25~
  • TBS 毎週金曜日 26:25~
  • BS-TBS 毎週土曜日 24:30~
  • 新潟放送 毎週水曜日(第1話放送開始が7月19日)  26:20~

ネット配信

  • Amazonプライム  MBS/TBS放送終了後

「将国のアルタイル」第18話を確認して第19話の放送を待とう!

「将国のアルタイル」第18話の内容まとめ、感想を紹介しました。

フローレンスを含むクオール同盟との協力を取り付けたマフムート、そしてそのまま南下してタウロへ向かいます。

タウロ傭兵団に自らの力を示したマフムートは両市長に気に入られ、さらにトルキエの財力を使い帝国との戦いの間の契約を成功させます。

順調に見えるマフムートたちですが帝国も動きを活発化させる、次の目的地はシエロ、そこで何が待ち受けているのでしょうか。

将国のアルタイルの関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年秋アニメは「将国のアルタイル」継続の他、「魔法使いの嫁」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。