「将国のアルタイル」第17話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

パシャに復帰したマフムートの活躍を描く戦記物、「将国のアルタイル」第17話が放送されました。 帝国はセントロのリゾラーニと手を結び、ヴェネディックに敵対、対するヴェネディックはトルキエ、ウラドと三国同盟を結びます。 帝国に対抗するための同盟が完成、セントロ奪還に向けてマフムートたちが動き出します。 今回は「将国のアルタイル」第17話の内容と考察、感想を紹介、「将国のアルタイル」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「将国のアルタイル」第17話感想!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

カトウコトノさん作、「月刊少年シリウス」で連載中の漫画「将国のアルタイル」のテレビアニメ第17話が放送されました。

ウラド王国と同盟を結んだトルキエ、その時セントロで異変が起こります。

帝国と手を結んだセントロのリゾラーニがヴェネディックと敵対、ヴェネディックの元首のルチオは自らがトルキエにやってきて、トルキエ、ウラド、ヴェネディックの三国同盟を提案します。

最初は反対をしていたウラド王国ですがそれを了承、セントロ奪還のため三国同盟が動き出します。

今回は「将国のアルタイル」第17話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第17話の動画視聴方法もありますよ。

「将国のアルタイル」第17話の内容と考察

帝国が動く

帝国はスコグリオ公国を包囲、小国をひねりつぶすような進軍、スコグリオ公爵は帝国軍の降伏勧告を受諾します。

帝国の動きもあわただしくなってきましたね、第17話のスタートです。

カテリーナ・デ・ロッシ

フローレンスの大統領カトリーナと謁見するマフムート、すでにセントロの封鎖の情報を掴んでいました、同席するスレイマンは浮かない顔です。

明日フローレンスでクオーレ・ディ・ルメリアナの小国家群の会議が明日開かれることを告げるカテリーナ、表向きは涼しい顔をするカテリーナ、テーブルの下でマフムートを弄ぶ。

とまどうマフムートは結局何も話せない、カテリーナの策略にまんまとハマります。

昔の女

カテリーナはスレイマンの昔の女だそうです、キュロスは昔の女と乳繰り合うのは時と場合を選んでくださいよと苦言を呈する。

「下品だぞキュロス、仮にも相手は国家元首だ」

お前らはしてやられたんだよと言うスレイマン、さすがでしたねと言うアビリガ。

彼女が話した内容は結局彼女が言ったのは帝国への対処はクオーレ・ディ・ルメリアナの国々と話す、回答は明日という2点だけ、会議の前にトルキエと交渉する気は全くありませんでした。

マフムートの弱点を見事につくカテリーナ、しかしマフムートはなぜそれなら今日我々と会ったことを疑問に思う。

フローレンス内部

フローレンス内部ではカテリーナがトルキエと会ったことについて苦言を呈する勢力が話し合う。

そして軍事力を持たない我々が手を結ぶのは、文化を共有する帝国鹿ありえないと叫ぶ。

フローレンス内部には帝国派の実力者がかなりいるようです。

クラック

クラックが帝国により襲われます、ロットウルムに追われるためクラックたちは本国への報告もままならない。

その時スコグリオで帝国が重大発表を行う、ポイニキア、スコグリオを征服した帝国は古代ポイニキア帝国の軽傷者を名乗る。

ポイニキアの名を大義名分とする帝国、クラックは必死にそれを伝えようと伝書鳩を放とうとする、その時クラックはロットウルムにより撃たれます。

飛び立った伝書鳩は報告に成功したのでしょうか。

夜間の面会

カテリーナに面会するフローレンスの有力者たち、彼らはトルキエとフローレンスが手を結ぶことに反対をします。

トルキエがフローレンスに侵入した際の過去の蛮行を忘れていないと言う彼ら、トルキエ人を蛮族とののしります。

フローレンス市民はトルキエの領内通過を反対する署名も提出する、そして万が一トルキエと手を結ぶとあればと言うがフローレンスはそれを遮る。

「みなさんは誤解なさっているようですね、わたくしはわたくしを支えてくれている市民の不興を買ってまでトルキエと手を組むつもりはありません、みなさんに介入されるのも暗殺されるのもごめんですからね」

その言葉信じておりますぞと立ち去る有力者、一人残ったカテリーナは独り言を言います「わたくしは本当に優秀な秘書官をもったこと、わたくしがトルキエの使節団の方とお茶を飲んだだけでこんな署名を揃えてくれるなんて」

これで明日の会議はこちらのもの、そしてスレイマンに謝ります、「あなたのことは好きだけど、セントロに起きた小さな風が大陸全体を巻き込む嵐となるのは時間の問題、嵐の道ならなおのこと、手綱はしっかり自分の手で握って進みませんとね」

クラックの報告

スレイマンの元にクラックからの連絡が届く、スレイマンはこれを読み決意します。

そして会議場に入るスレイマン、その時カテリーナはクオーレ・ディ・ルメリアナは大陸第三の勢力としてクオーレ同盟を発足させると宣言、帝国にもトルキエ・ウラド・ヴェネディックの三国同盟に与しないということです。

「将国のアルタイル」第17話の感想

「将国のアルタイル」放送情報

【画像:photo AC

「将国のアルタイル」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

テレビ放送

  • MBS 毎週金曜日 26:25~
  • TBS 毎週金曜日 26:25~
  • BS-TBS 毎週土曜日 24:30~
  • 新潟放送 毎週水曜日(第1話放送開始が7月19日)  26:20~

ネット配信

  • Amazonプライム  MBS/TBS放送終了後

「将国のアルタイル」第17話を確認して第18話の放送を待とう!

「将国のアルタイル」第17話の内容まとめ、感想を紹介しました。

一筋縄ではいかないカテリーナとの交渉、初面会はマフムートは手玉に取られるだけで終わりました。

そのころ帝国は動きを活発化させています、マフムートはここから挽回できるのでしょうか。

将国のアルタイルの関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年秋アニメは「将国のアルタイル」継続の他、「魔法使いの嫁」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。