「将国のアルタイル」第12話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

「将国のアルタイル」第12話が放送されました。 オルハンとアイシェの結婚式が執り行われようとするが、参列してくるはずの三将国の兵士たちは武装済み、すでにマフムートの策が漏れていました。 しかしそれも利用するザガノスは今のうちに空っぽの三将国を落としに行く、しかしマフムートたちがピンチなのは変わりなし、果たしてどんな策で乗り切るのでしょうか。 「将国のアルタイル」第12話の内容と考察、感想を紹介、「将国のアルタイル」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「将国のアルタイル」12話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介!

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

カトウコトノさん作、「月刊少年シリウス」で連載中の漫画「将国のアルタイル」のテレビアニメ第12話が放送されました。

四将国のスルタンを集めて一網打尽という計画を立てたマフムート、そのためにオルハンとアイシェの結婚式を利用します。

アイシェは子供の頃から密かに思っていた相手のバヤジットと剣の練習、そしてお互いの秘めた思いを語り合う、そんな姿を見たオルハンはショックを受けてしまいます。

そんなオルハンに父のセリムは国のための選択を行ったアイシェのため、オルハンも選択できるようになるよう言葉をかける。

そんなオルハンが下した最初の決断、それは国のため、アイシェのために父を討つという悲しい選択。

三将国の敵となったクルチュは防衛できるのか、マフムートはどんな策を練るのでしょうか。

今回は「将国のアルタイル」第12話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第12話の動画視聴方法もありますよ。

「将国のアルタイル」第12話の内容と考察

見慣れぬ地図

ルイ大臣がまだ大臣に任じられる前の話、バラバンと謁見し先の戦争で帝国がバラバンの父を討ったことを謝る。

そんな謝罪など不要というバラバンにルイが送ったのは地図、そこには見慣れぬ地図が描かれていました。

大トルキエからムズラクが離脱しているその地図、その時バラバンの野望が生まれたのでしょう。

バヤジットはこの事態に自らクラックになることをザガノスに願う、ムズラクがトルキエに弓引く事態になれば危険な立場というザガノスに、そんな事態を止めたいと宣言するバヤジット。

愛する者が道を外れるのを見ていられない、これがザガノスとバヤジットの過去です。

籠城は得策ではないと言うマフムート、ディワーンからの命はトルキエ軍が三将国の主要都市を落とすまでここに軍勢を留め置くこと。

クルチュの将軍がそれならばやはり籠城がと言うが、トルキエの援軍が来るとは保証されてないと言う、そして三将国の後背には帝国軍も控えています。

「囮の役割さえ果たせればクルチュなどどうなってもいい、そうディワーンは言っているのです」

4倍強の戦力差をどうするのか、スレイマンが何かを確かめに行っています。

出来ればこの手は使いたくないと言うマフムートにバヤジットはかまわないと言う、その策とは一体……。

この役割を自らは進んで引き受けたから命など気にしないマフムート、しかしここにいる人々はそんなことはない。

だからここからは好きにやらせてもらうとマフムートは心に誓う。

サルジャ・パシャ

バラバンに捕らえられるサルジャ・パシャ、自らの命の恩人だと言いながら最後の宣告をします。

トルキエと四将国双方を愛していたサルジャの体の半分をトルキエに、残りの半分をスルタンの大地にうめてやろう。

手出し無用

バラバンはマフムートたちが城外へ出てきたことに驚きます、すでに勝機なしとみてやけになったのではと推測。

そしてバヤジットがこの期に及んで自らの前に立つのを見て突撃開始、しかし自らのイェニチェリだけですべて狩る、残りの二国は手出し無用と連絡を入れる。

ただ大軍ですりつぶしても面白くない、そんな判断からです。

作戦

バラバンさえ倒せば残りの軍は瓦解する、そんな思いでマフムートは戦いを開始する。

その布陣を見てバラバンはさすが優等生と評価する、しかしその作戦には問題がある、両翼の騎兵が絶対に勝利しなければいけないこと。

お互いが突撃開始、戦闘のスタートです。

砂塵で隠す

オルハンは優勢な左翼から攻撃を仕掛ける、その勢いに飲まれて敗走するかのように見せかけるクルチュ軍。

砂塵で目隠しをしてバラバンを引き込む作戦、これで歩兵隊からバラバン隊を孤立させます。

オルハンの号令

ここで陣形を変えるためにオルハンが号令をかけようとする、しかし緊張から声が出ない。

そんなオルハンの背中をアビリガ乱暴に叩き号令するようにと言う、「全軍、逆弓型陣形に移行!」

砂塵で状況を把握できないブチャク将国のスルタン・ウズンはわれらも出陣いたそうと言うが、バラバンの妹でバルタ将国のスルタン・ファトマはそれをたしなめます。

「いけません、兄は名誉が汚されたとみなせば、親兄弟とて斬り捨てるお方です」

兄上以上に愛した人など、この大陸にどこにもいません

マフムートはバラバンに兵を引くように言う、「兵を引かなければ二度と生きてムズラクの地を踏むことがかなわないと知れ」

それに対してバラバンは「ふざけるな強者どもよその命もとより我と祖国の礎たらんと捨てたはず!」

兵士たちに死んでも突撃するようにと焚きつけるバラバン、マフムートたちは逃げるようにしながらバヤジットたちが控える地へバラバン軍を引き込む。

バヤジットとイスマイルの塀が射撃をして怯んだバラバン隊、岩を落として道を封鎖し弓を射かけます。

馬を捨て盾て守る亀甲隊形で逃げるバラバン、しかし盾を簡単に打ち破る銃弾でバラバンのイェニチェリが倒されていく。

それが火縄銃だと知り連射が利かないと判断、速やかに逃げようとするが数をが多い。

バラバンは逃げ切る前に銃弾で撃ち抜かれる、そしてとどめを刺したのはバヤジット。

「バヤジット!貴様だけは絶対許さん、なぜ裏切った、私に嫌気がさしたか?いい加減愛想が尽きたか?」

「違います、兄上にスルタンの資格がないからです」

大トルキエからの独立が何を意味するのか知っているにも関わらず、帝国に国を売った兄、それをたとえ殺めてでも止めなくてはいけないと。

「お前はあんなに私を愛していると……いっ……」

バヤジットに寄りかかりながら息絶えるバラバン、「おりません……、兄上以上に愛した人など、この大陸にどこにもいません」

「将国のアルタイル」第12話の感想

「将国のアルタイル」放送情報

【画像:photo AC

「将国のアルタイル」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

テレビ放送

  • MBS 毎週金曜日 26:25~
  • TBS 毎週金曜日 26:25~
  • BS-TBS 毎週土曜日 24:30~
  • 新潟放送 毎週水曜日(第1話放送開始が7月19日)  26:20~

ネット配信

  • Amazonプライム  MBS/TBS放送終了後

「将国のアルタイル」第12話を確認して第13話の放送を待とう!

「将国のアルタイル」第12話の内容まとめ、感想を紹介しました。

三将国軍の指揮官バラバンとの激突、全てマフムートの策通りに事が運びました。

最後に決着したのは新兵器の銃、そしてバラバンにとどめを刺したのは一番バラバンを愛していた弟のバヤジット。

これでこの戦いの趨勢は決しました、次回はどんな展開になるのでしょうか、放送を楽しみに待ちましょう!

将国のアルタイルの関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年秋アニメは「将国のアルタイル」継続の他、「魔法使いの嫁」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。