「将国のアルタイル」第11話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

「将国のアルタイル」第11話が放送されました。 反トルキエのスルタンたちを失脚させ親トルキエ政権を作るために動くマフムート、クルチュ将国の将太子オルハンの結婚式を利用して反トルキエのスルタンたちを失脚させようと策を練ります、果たしてこの策はうまくいくのでしょうか。「将国のアルタイル」第11話の内容と考察、感想を紹介、「将国のアルタイル」の放送を見逃した方に放送情報の紹介などもありますよ!

「将国のアルタイル」11話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介!

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

カトウコトノさん作、「月刊少年シリウス」で連載中の漫画「将国のアルタイル」のテレビアニメ第11話が放送されました。

バラバンにより軟禁状態にあったマフムートたちはなんとか抜け出すことに成功するが、そこに待ち受けていたのはルイ将軍の手ごまのロットウルム。

見事に打ち倒して脱出をしたマフムート一行が向かったのはクルチュ将国、アイシェの許嫁であるオルハンがいます。

表向きはマフムートと敵対するクルチュ将国のスルタン・セリム、しかし帝国の目をかいくぐりマフムートと協力することを約束する。

しかしそれはマフムートの作戦が成功することが必要、そのためマフムートはある策を練る、それはアイシェとオルハンの結婚式を開きその場で反トルキエの勢力を集め一掃すること。

今回は「将国のアルタイル」第11話の内容とツイッターの感想まとめを紹介します。放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第11話の動画視聴方法もありますよ。

「将国のアルタイル」第11話の内容と考察

幼少期

バヤジットとアイシェ、そしてバラバンの幼少期の回想。

そのころからバヤジットに懐くアイシェ、そしてバラバンとバヤジットの関係はこのころは良好でした。

サルジャ・パシャ

マフムートの策が伝えられ、式典に誰を送るかの会議がトルキエで行われます。

立候補したのはサルジャ、スルタンたちとの付き合いが長いトルキエ名門の家柄です。

四将国とトルキエは対等であるべきという思想の持主、マフムートたちの邪魔をする可能性もありそうですね。

そして引き連れていくのはスルタン贔屓の者たちばかり、トルキエの最高責任者ビュラクパシャは彼らならば帰ってこれなくてもいい、そんな辛辣な人選です。

王位簒奪

結婚式での暗殺による王位簒奪、これで民衆からの支持を得られるのかとイスマイルは問います。

オルハンが親トルキエを示した後軍で残りの三将国を軍事で制圧すればいいのではと提案する。

内戦となれば民衆に害が及ぶので避けたいと言うマフムート、「私の魔法をお見せしましょう」

舞台

シャラが主役の舞台が広場で開催されます、内容は四将国のスルタンたちが帝国と手を結んでいると言う内容。

この公演を開催し続けることで民衆に政権交代ブームを引き起こすのが狙いです。

もし自分が倒れたとしても公演は半年は続けるようシャラに告げるマフムート、「死なない程度に頑張んなさいよ、ちょっとだけでも会えてうれしかったわ」

キュロスはマフムートがこういう策を取ることを意外だと感じます、マフムートはこの演劇で次期政権の支持率が上がり、帝国につけいる時間を与えることがなければそれが最上の策と言う。

バラバンとサルジャ

バラバンの元へやってきたサルジャ、帝国とバラバンが繋がっているとは露にも思っていません。

この報告を聞いて対策を取るバラバン、イェニチェリ10000をもって警備するとのこと。

これをマフムートやザガノスは予見していたのでしょうか。

バラバンは父の死を回想する、ムズラクを強国にしないと自分たちの意思を貫き通せない、これがバラバンの動機でした。

マフムートたちの作戦の裏をとるため三将国の全軍をもってクルチェを落とすと動きます。

ザガノスの作戦

この動きを読んでいたザガノスはスルタン不在の三将国に兵を派遣して首都を占拠する作戦を立案します。

マフムートたちの暗殺計画はあくまでも陽動、スルタン不在の地を一挙に占拠してしまうことが目的でした。

5日以内で主要都市を落とす、これで帝国に付けいる時間を与えない。

結婚式の作戦

結婚式の段取りを話すマフムート、花嫁姿のアイシェに美しすぎると言い震えるオルハン。

作戦はアイシェが会場へ足を踏み入れた時に開始、一気にスルタンを暗殺します。

アイシェとバヤジットは2人で剣の練習に行く、そしてアイシェは叶わぬ思いを秘めながらバヤジットに最後に頭をなでてほしいと願う。

バヤジットもまた将来アイシェと結婚すると思っていたと心の中で思う、2人の叶わぬ恋、そしてそんな2人を陰から見るのはオルハン。

オルハンの涙

アイシェの気持ちを初めて知ったオルハンは落ち込み涙を流す、それを父は慰める。

アイシェは国のための選択を行った、だからせめてオルハンはそんなアイシェのために決断ができるスルタンになるようにと。

軍勢

ザガノスから伝書が届きます、そして三将国の軍勢がやってくることを知ります。

暗殺できれば無駄な血が流れることはなかったのにどうしてとマフムートは自問自答する。

セリムの選択

スルタン・セリムがこんな状況になったらアイシェの首を取りバラバンに差し出す以外に道はないと言う。

そしてセリムがアイシェを殺害しようとした瞬間、オルハンがセリムの首に刃を当てそれを止める。

そのころセリムを追う帝国の監視はアビルガとスレイマンによって倒されました。

セリムは三将国と戦う力はこの国にはないとオルハンに言うが、どうしていいかわからない、だけどアイシェを殺すなんてと訴える。

「民を見捨てるか?許せ私はスルタンなのだ」

そういいアイシェに刀を振り下ろすセレム、オルハンはその瞬間父を刺し貫く。

「これがプレンスの選択なのか……、臆するなよオルハン、そちが自分でそちらへ行くと決めたのだから……」

父から子への最期の言葉となりました。

オルハン

兵たちに剣で取り囲まれるマフムート、それをオルハンが剣を収めよと止める。

そして妻をバルバンに差し出して許しを請おうとする卑怯者はスルタンの資格はなしと討ち果たした、これからは自分がスルタンであると宣言をする、その目からは涙が流れ続けています。

納得いかずばここで首を切り落とせと言うオルハンに対して王兵長はスルタンの指示に従うと言う。

そして三将国から国土を守ると宣言、クルチュは防衛しきれるのでしょうか。

「将国のアルタイル」第11話の感想

「将国のアルタイル」放送情報

【画像:photo AC

「将国のアルタイル」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

テレビ放送

  • MBS 毎週金曜日 26:25~
  • TBS 毎週金曜日 26:25~
  • BS-TBS 毎週土曜日 24:30~
  • 新潟放送 毎週水曜日(第1話放送開始が7月19日)  26:20~

ネット配信

  • Amazonプライム  MBS/TBS放送終了後

「将国のアルタイル」第11話を確認して第12話の放送を待とう!

「将国のアルタイル」第11話の内容まとめ、感想を紹介しました。

マフムートの作戦を利用して、三将国の主要都市を落とすために動き出すザガノス。

三将国はマフムートの策に乗じて攻めたのが裏目に出る展開ですね、しかしクルチュに滞在するマフムートたちにとっては危機的な状況。

スルタンセリムによりアイシェは討ち取られそうになりますが、それを阻止したのは初めて大きな決断をしたオルハン。

父を殺すという悲しい決断で成長を見せたオルハン、果たして三将国を抑えることができるのでしょうか。

将国のアルタイルの関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年夏アニメは「将国のアルタイル」の他、「プリンセス・プリンシパル」なども書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。