劇場版ソードアートオンライン オーディナル・スケール、映画のあらすじや主題歌をチェック!

仮想現実世界を舞台に物語を繰り広げるソードアートオンライン。劇場版の映画がついに公開されました。今回の映画は新たに開発されたVRMMOゲームが舞台。SAO事件から数年が経過し、徐々に記憶が薄れていく中でふいに発生したトラブルから物語が進展していきます。果たしてキリトやアスナたちは、今回のトラブルをどう乗り越えていくのでしょうか。劇場版ソードアートオンラインを見に行く前に、映画のあらすじや主題歌、豪華声優陣についてチェックしておきましょう。

【劇場版ソードアートオンライン オーディナル・スケール いよいよ公開!】

ついに劇場版ソードアートオンライン オーディナル・スケールの映画公開が始まりました。今回の映画は、新たに開発されたVRMMO(仮想現実大規模大人数オンライン)の世界が舞台となった、原作者の川原礫さん書き下ろしによる完全新作ストーリーです。

SAO事件から数年が経過し、徐々に記憶が薄れていく中で発生したトラブルによって今回の物語が進展していきます。映画館に行く前に、物語のあらすじや主題歌、豪華声優陣についてチェックしておきましょう!

【劇場版ソードアートオンライン オーディナル・スケールのあらすじ】

まずはソードアートオンラインのあらすじからご紹介します。ソードアートオンラインの舞台は2022年。

フルダイブ専用デバイス、ナーヴギアの開発と同時に世界初となるVRMMO(仮想現実大規模大人数オンライン)RPG「ソードアートオンライン」がリリースされ、それに参加した主人公のキリトが、ゲーム内で事件に巻き込まれるところから物語が進んでいきます。

そして今回の映画は「SAO事件」から4年後の世界が舞台です。あらすじは、ナーブギアの後継VRマシン、アミュスフィアに対抗するようにオーグマーという次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売されることから始まります。

オーグマーはフルダイブ機能を排除しAR(拡張現実)機能を広げた最先端のマシンです。しかも小型のヘッドフォンのような見た目で扱いやすく、覚醒した状態で使える安全性からユーザーの間に広まります。

オーグマーの人気が広まったきっかけは、オーグマー専用のVRMMO RPG「オーディナル・スケール」でした。そのゲームをキリトがアスナたちとプレイしようとしたときに事件が起こるのです。

ファンの反応

今回の映画はソードアートオンライン原作者である川原礫さん書き下ろしによる完全新作ストーリーです。あらすじからも分かるように、ソードアートオンラインの新たな世界が表現されているのではと、ファンの間で期待が高まっています。

【ソードアートオンライン オーディナル・スケールのゲーム性】

映画版ソードアートオンラインの中でアスナたちがプレイしている「オーディナル・スケール」というゲームは、現実世界をフィールドとして、各所に出現するアイテムを集めたり、敵を倒したりしてステータスを上げていくRPGゲームです。

特徴と言えば、数量をあらわす基数ではなく、序数であるランクナンバーによってステータスが決まること。当然ランク上位のプレイヤーはゲームにおいて強者となります。

とくにソロプレイヤーとして参加する場合は、このランクナンバーが重要で、プレイヤー同士で戦うPvPはランクが高いほうが有利です。ゲームを制覇するためには、いかにランクを上げるかということがカギになりそうです。

ファンの反応

いつかは現実になりそうなVRMMO。オーディナルスケールが現実で発売されたときのことをリアルに想像してしまうファンもいました。ゲームをプレイするときの交通規制はどうするのかや、その場合の収益方法など、考え始めたらきりがありません。

【劇場版ソードアートオンラインに出演している声優は?】

映画版ソードアートオンラインに出演している声優は、主人公キリトを演じる松岡禎丞さん、アスナを演じる戸松遥さんを筆頭に、ユイ役の伊藤かな恵さん、リーファ役の竹達彩奈さんなどTVアニメ版からの声優陣は変わらず。そして今回の映画では、ユナ役の神田沙也加さん、エイジ役の井上芳雄さん、重村教授役の鹿賀丈史さんなど、映画や舞台で活躍している俳優陣が新たに参加しています!

ファンの反応

劇場版ソードアートオンラインに出演している俳優たちの演技を「凄く合っていた」と高く評価しているファンは多いです。そして監督が今回の映画のキャストを選んだ理由は「ミュージカル俳優なら声優と親和性が高いと思った」からとのこと。しかし井上さん演じるエイジが劇中で歌うシーンはなく…。「自分に歌(の出番)はなかったです」とツッコミを入れていたそうです。

【ソードアートオンライン オーディナル・スケールの主題歌や挿入歌は?】

劇場版ソードアートオンラインの主題歌「Catch the Moment」を歌っているのは、TVアニメ版アインクラッド編のオープニングテーマ「crossing field」や、キャリバー編のエンディングテーマ「No More Time Machine」を担当したLiSAさん。

とくにオープニングのイントロが印象深い「crossing field」が心に残っている人も多いのではないでしょうか。LiSAさんはメロディアスで激しいロックナンバーにのせた力強い声が特徴的な歌手です。

LiSAさんから発される歌声は、数々のトラブルに巻き込まれながらも決してあきらめずに問題を解決していくキリトやアスナの姿と重なり、聞くだけで感動してしまいます。曲は映画より少し早い2017年2月15日リリースです。

また、挿入歌を担当するのはマルチ音楽コンポーザーの梶浦由記さん。ヨーロッパと東洋のエッセンスが融合したサウンドで、日本のみならず海外からも熱く支持されている人物です。オリジナルサウンドトラックの一般発売は2月22日。映画で流れる挿入歌とユナ役の神田沙也加さんが歌う5曲を収録した2枚組アルバムとなっています。

ファンの反応

映画版ソードアートオンラインの主題歌と挿入歌はどちらも好評のようで、ファンからは「泣ける」「グッときた」などの感想が寄せられています。歌や曲が独り歩きするのではなく、映画ともしっかり絡んでいて、曲を聴くだけで内容を思い出させるような仕上がりになっているところが素晴らしいですね。

【劇場版ソードアートオンライン オーディナル・スケールを見に行こう!!】


(出典:pixabayより)

 

映画版ソードアートオンライン オーディナル・スケールは2月18日公開です。今回のストーリーは完全書き下ろしのため、初めて見る人でも分かりやすい内容となっています。

ただ4年前に何があったのかを知っておくためにも、原作の小説やTVアニメ版を見てあらすじをおさらいしておくことをおススメします。準備が整い次第すぐに映画館まで劇場版ソードアートオンラインを見に行きましょう!!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。