【すかすか】終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?第12話放送!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

2017年春アニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」の第12話が放送されました。地上が滅んだ世界で生きる妖精兵器と呼ばれる少女たちと地上で生き残った青年の儚い物語。「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」第12話の内容、考察、感想まとめと動画視聴方法を紹介します。

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」12話の感想まとめと考察、動画など視聴方法を紹介

こんにちは、ボイスタライターの如月です。

枯野瑛作のライトノベル「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」がアニメ化、第12話が放送されました。

完全にエルクに取り込まれたクトリは髪の毛はほぼ赤くなりベットで寝続けています、そこに壁を破って襲ってくるケモノ、ヴィレムは怒りを込めてケモノと対峙します。

軍船の中に獣の侵入を許し一般兵の武器では役に立ちません、レンが一人で抑えようとしますがレンの限界もすぐ近く。

外ではラーントルクとノフトがやはり絶望的な数のケモノを相手に戦います。

絶望的な戦況、このまま全てケモノに飲まれてしまうのでしょうか。

ヴィレムとクトリの物語、「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」最終回はどのようなストーリーが描かれたのか、最終回の内容と考察、視聴者の感想まとめを紹介、放送情報もチェックしてください。

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」第12話の内容と考察

久しぶり

ヴィレムは向かってくるケモノに対して久しぶりと声をかける、もしかすると自分が知っていた相手が媒体となっているかもしれない。

もう顔と名前も一致しない500年前の知り合いたち、この時のヴィレムの思いは……、もしかするとそこには帰りを待っていてくれたアルマリアがいたかもしれません。

レプラカーンたちの戦い

ネフレンは船倉で、ラーントルクとノフトは船体で必死の戦いを繰り広げています。

誰もが限界を越えての戦い、ラーントルクはヴィレムの施術で剣も体も好調……、しかし足元を救われます。

ヴィレムの救出

ケモノに捕らわれて絶体絶命のラーントルク、それを救助したのはヴィレムでした。

ボロボロの体で限界まで力を使うのはレプラカーンもヴィレムも同じ、ラーントルクを救助したヴィレムはそのまま大量の出血とともに倒れます。

戦っている

そんな傷で何をやっているのと問いかけるラーントルクへのヴィレムの回答は「戦っているんだよ、今も昔も俺にできるのはそれだけだ」。

ヴィレムの異常な運動能力に疑問を持つラーントルク、独り言のようにヴィレムは言います、「俺は勇者をやっていた、そのためにやれることは全てやり鍛え上げた」と。

そしてそれでも結局は人間の限界だったと、誰も助けられなかった、クトリもと。

ラーントルクにそこで休んでいるようにつたえ歩きだすヴィレム、ラーントルクはそれでもクトリはあなたに救われていたとつぶやき、自らも歩き出します。

クトリの最後のお願い

ヴィレムの戦いをエルクとともに眺めるクトリ、エルクにクトリは最後のお願いをします。

クトリの願いの内容を察したエルクは拒絶します、しかしクトリはどうしてもとお願いします。

今度こそクトリは全てがなくなってしまう、大事だと思った思いも記憶も全て、それは嫌だなとクトリは言います。

しかしそれよりもこのまま何もしないことがもっと嫌、伝えたい言葉があると。

限界

ネフレンはケモノを相手に限界を超えて戦いました、結果力を使いすぎ満足に動けなくなります。

現場から逃げることを優先した飛行船は荷物を振り落とすのも構わず荒い操縦、倒れたネフレンが外へと落ちそうに。

カエルの兵士がなんとかネフレンを助けようと近づきますが、ネフレンはそれを止めます、すでに自分が限界に来て抑えが効かなくなっていると。

そのまま落下しそうになるねふれん、ヴィレムがギリギリで間に合いなんとかネフレンの手を掴みます。

ネフレンの意思とヴィレムの意思

なんとか手をとったヴィレムですが危険な状態、そしてネフレンは力を使いすぎたことを伝えます。

このままでは門を開いてしまい飛行船ごと破壊してしまうと、誰も助けられなかったとつげネフレンの事をなんとかすると言うヴィレムに対してネフレンのとった行動は……。

「ヴィレムは私達をもう助けてくれたから」

そう告げると手を離し、ケモノが待ち受ける場所へと落下します。

しかしヴィレムはネフレンを助けるため飛行船から自ら飛び降ります、そしてケモノを倒してネフレンを抱きかかえ地上へと落ちていく。

戻ってきたクトリ

クトリは船内を歩きます、ヴィレムとネフレンが落下する様子が見えているかのように「しょうがないなぁ」と言いながら。

途中で倒れているノフトに遭遇、ノフトのタグウェポンを手にし歩くクトリ、それを見て驚いたノフト。

「起きれるようになったならそのままどこかに隠れていろ!」

クトリに隠れているように伝えるクトリ、しかし歩みを止めません。

幸せになれるならそのまま何もせず幸せになれとクトリに言い放つノフト、それに対してクトリは、

「ごめんなさい、幸せにはなれないの。だって、私はもう幸せなんだって気づいたから」

そのままクトリはラッカする2人のもとへ飛び降りて向かいます。

最後の戦い

落下する2人を優しく受け止めるクトリ、2人はクトリに気づきます。

力を使いすぎたネフレンの赤く染まった瞳の前で優しく手を振るうとネフレンは目の色が戻り、眠るようにまぶたを閉じます。

そしてヴィレムが見ている前で剣を持ちケモノの中へ歩いて行くクトリ。

圧倒的な力でケモノを殲滅していくクトリ、たとえ攻撃を受けてもそれを意に介さずに。

世界で一番幸せな女の子

クトリとヴィレムは通じ合ったかのように心で言葉を交わします。

お互いを大事に思っていたこと、お互いの意思を伝えあえたこと、ヴィレムはそれがやすらぎに、クトリはそれ全てが幸せに。

最後まで幸せな時を過ごせたクトリ、最後の戦いをしながらも心の底から思います、

「だから、今の私はなんと言われようと、世界で一番幸せな女の子だ!」

伝えたかった言葉

戦いを終えゆっくりとヴィレムのもとに歩いてくるクトリ、安らかな笑顔を浮かべどうしても伝えたかった言葉は「ヴィレム……、ありがとう」。

ヴィレムは「ばかやろう」と力なく伝えます。

残された者たち

ライムスキンは帰ってこれなかった2人の戦士、クトリとネフレンを思いいつものことながら辛いと気持ちを吐露します。

療養中のラーントルクとノフト、ノフトはクトリの最後の行動に怒り納得がいかないと叫び続ける。

ラーントルクはそんなノフトをたしなめます、幸せは自分でその形を見つけるものと。

妖精倉庫ではティアットとコロンが猛特訓、大好きな先輩が戻ってこなかったことをバネにして、自分がその先輩のようになろうと頑張ります。

元気な子どもたちを屋上で見るアイセアとナイグラート、アイセアは子どもたちのようにはできないと言いながら、若いなぁとつぶやきます。

そしてその目からは涙が止まらない、最年長としてこんな姿は見せられないアイセア、ナイグラートに見なかったことにしてくれとお願いします。

そんなアイセアをナイグラートは優しく背中から抱き、何も見ていませんよと伝える。

そして次世代に

大賢者スウォン・カンデルはヴィレムの鼓動を探知しようとしますが見つかりません、しかしスウォンが水晶玉から離れるとそこに波紋のような反応が。

そして新たなレプラカーンの誕生、前世の感情を大いに受け継ぎ大泣きをする赤ん坊、素直でまっすぐ、しかし融通がきかない。

クトリの感情を引き継いだような新たな妖精が生まれ物語は終わります。

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」第12話の感想

最終話が本当によかったです、スカボロフェアなど音楽の使い方もすごく良かったでですね。

キャラ1人1人を丁寧に作り込んでいたので、それぞれの思いに胸を打たれましたね。

本当に感動しました、個人的にここ数年のアニメでもトップクラスでした。

筆者としてもこの作品でとてもよく感じたのは最後まで手を抜かず丁寧に作られているなという点です。

そのため中盤の動きが少なくなりましたが、最後まで見るとそこも大事なクトリとヴィレム、レプラカーンの日常だったなと感じます。

丁寧に描かれていたため、ラストがとても感動的でしたね、クトリ以外のキャラクターもとても丁寧に描かれていたと感じます。

そしてやはり二期切望ですね!

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」放送情報、動画視聴方法

(画像:Pixabay)

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」の放送情報を紹介します。

放送局

TOKYO MX  毎週 水曜日 1:05~

テレビ愛知  毎週 水曜日 2:35~

KBS京都   毎週 水曜日 1:05~

サンテレビ  毎週 水曜日 1:30~

TVQ九州放送 毎週 水曜日 2:35~

BS11     毎週 金曜日 3:00~

AT-X     毎週 火曜日 23:30~(リピート放送:(木)15:30/(日)25:30/(月)7:30)

ネット配信

ニコニコ動画  毎週水曜日 24:00~(チャンネル登録は24:30)

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」最終回を迎えて

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」最終回の内容、感想まとめを紹介しました。

みなさんはこの作品でどんな思いを感じましたでしょうか、筆者としては今年どころか、ここ数年でもトップクラスに丁寧な、そして感動的なアニメだと感じました。

キャラクターそれぞれの思いがしっかりと描かれていたのが印象的です、ライムスキンのようなそれほど出番が多く無かったキャラも大事にしていましたね。

2期を作って欲しい「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」、原作もとてもいい作品なので興味を持った方は是非手にとって見てください。

「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。すかすかは音楽が本当に好きです、サントラも予約しました。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年夏アニメは「地獄少女 宵伽」、「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」などの速報記事を書くのでそちらの記事もよろしくお願いします。

みんなのコメント
  1. ロイヤルナイト より:

    もう泣けるよクトリ・・・(。>ω<。)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。