【ネタバレ注意!】TVアニメ「スタミュ(2期)」第10話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介!<悠太の葛藤!>

2017年春アニメ「スタミュ(第2期)」も第10話!前回のラストで発表された、『育成枠』と『配役』の変更に驚かされましたね!第10話では、まさかのランバート役に抜擢された悠太が、今までに見たことのないような表情を見せます。いつもの元気な悠太に戻れるのでしょうか!?そして、お楽しみのミュージカルシーンを飾るのは…。それでは、TV アニメ「スタミュ」の第10話の感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介しちゃいます!

TV アニメ「スタミュ」(2期)第10話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!

ボイ⭐︎スタ読者の皆様、こんにちは!ライターのR@imuです。
2017年春アニメ「スタミュ(第2期)」も第10話!

前回のラストで発表された、『育成枠』と『配役』の変更に驚かされましたね!

第10話では、まさかのランバート役に抜擢された悠太が、今までに見たことのないような表情を見せます。いつもの元気な悠太に戻れるのでしょうか!?

そして、お楽しみのミュージカルシーンを飾るのは…。

それでは、TV アニメ「スタミュ」の第10話の感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介しちゃいます!

TVアニメ「スタミュ(第2期)」第10話の考察・感想まとめを紹介!ネタバレも!?

TV アニメ「スタミュ」(2期)第10幕(第10話)

【青春】×【ミュージカル】ストーリーが再び 幕を上げます!

巡り合わせ

「今でなくてもいいと思った時期もありましたが、でも今この瞬間でなければありえなかった『出会い』や『巡り合わせ』がある。その時が来たら、自分で道を選んでみようと思います。結果、何かを誰かに託すことがあっても…。」

ブロードウェイに行くことになった柊 翼(ひいらぎ つばさ/CV:平川大輔)は、先輩の月皇遥斗(つきがみ はると/CV:子安武人)に、そう話すシーンから始まりました。

ミラクル星谷

教室では、机で爆睡をしている戌峰 誠士郎(いぬみね せいしろう/CV:興津和幸)。『スイング』という役に選ばれたことを聞きます。『スイング』とは、急に舞台に上がれなくなった役者が出た時のために、すべての役をこなせるようにしておく、スーパーピンチヒッターのようなもの。さすが誠士郎にぴったりですね。覚えるのは、かなり大変そうですが…。

また空閑 愁(くが しゅう/CV:前野智昭)も机で寝ています。練習とアルバイトで、疲れているようです。

一方、翼の代わりにランバート役に選ばれた、星谷 悠太(ほしたに ゆうた/CV: 花江夏樹)は、北原 廉(きたはら れん/CV:梅原裕一郎)から、皮肉めいたことを言われますが、愁がムクッと起き上がり悠太をかばうのでした。

「お前も、優しくして欲しけりゃ弁当の一つでも持ってこい!」愁にそう言われた廉は…!?

異変

メインキャストも合流し、いよいよ稽古も大詰めに!翼も出発までは稽古に立ち会って、悠太のサポートに参加します。

稽古が進む中、鳳 樹(おおとり いつき /CV: 諏訪部順一)演じる『アレクシス』と、悠太演じる『ランバート』の歌のシーンに。順調に進むかに見えたその時、歌の途中で、悠太が止まってしまいました。周囲は、歌詞を忘れただけだと思っているようですが、それにしては悠太の様子が変です。今まで見たことのない悠太。結局、その後も歌えないまま練習が終わるのでした。

チームのメンバーたちも心配そうです。

悠太

翌日も同じシーンで止まってしまう悠太。

「休憩だよ。」そう言って立ち去る鳳 樹(おおとり いつき /CV: 諏訪部順一)を追いかける天花寺 翔(てんげんじ かける/CV:細谷佳正)。

「どうして何も言ってやらないんだ!あいつが憧れてるのは、あんたなんだろうが!」と翔は詰め寄りますが、

「だから、なおさらさ…。」そう言って歩いていく樹。

その日、悠太は寮に帰ってきませんでした。

悠太はどこへ?

翌日も寮に戻ってこない悠太を心配する『team鳳』のメンバーたち。そこへ誠士郎を探しに『team柊』のメンバーもやってきます。誠士郎は、またしても爆睡中。しかも、翔の例のお面をつけているのには笑いました。

悠太の行方を心配する面々。携帯も繋がらず、那雪 透(なゆき とおる/CV:小野賢章)の脳内では、最悪の事態が浮かぶという有様です。その後、手分けして悠太の行きそうな場所を探すシーンに、みんなが悠太を想う気持ちが表れているようでした。

悠太がたどり着いたのは…。そこは、初めて樹と出会い、この学校に通うキッカケになった、思い出の場所でした。すると、そこに現れたのは!?

オニギリ

悠太が見つからないまま、寮に戻ったみんな。考えを巡らせる中、大きなお腹の音が鳴り響きます。

音の主は、まだ寝ている誠士郎でした。

そこへ現れたのは、廉をはじめ南條 聖(なんじょう こうき/CV:武内駿輔)・揚羽 陸(あげは りく/CV:島﨑信長)・蜂矢 聡(はちや そう/CV:高梨謙吾)の4人でした。

その手には、たくさんの重箱に詰められたオニギリの山!おかずはなく、オニギリのみ。

愁に言われた言葉通りに、お弁当(オニギリだけですが…)を作ってくるとは!驚きです!

そして、ようやく起きてオニギリを頬張る 誠士郎の口から、驚きの発言が!

「星谷なら、朝まで一緒にいたよ。」驚くみんなの顔が、キョトンとしています。

理由

悠太の前に現れたのは、翼でした。てっきり樹だと思ってましたが。

「良かった!無事ですね。妙なメールが出回ってるもので。」悠太が見せられたメールの画面には

〜星谷が死ぬ気らしいっス!!〜の文面が。驚く悠太です。

寮では、誠士郎に詰め寄る虎石 和泉(とらいし いずみ/CV:KENN)。誠士郎は、

「昨日、居残り稽古が終わったら、まだ星谷が練習してて。『アレクシス』役やってくれない?って。」と話します。夜通し稽古をいたので、今日は稽古を休むと言っていたと。

気分転換に出かけているだけと分かり、みんなはホッとするのでした。それにしても、誠士郎はオニギリを何個食べたんでしょうか?空っぽの重箱に驚きです!

同じ思い

翼と悠太。

「鳳先輩は、途中でチームを抜けたんですよね!?どうしてですか。」翼に尋ねる悠太。

「鳳は、綾薙のシステムをきっと窮屈に感じていたんだと思う。引き止めましたが、けんか別れをしてしまいました。仲直りはできましたが。」それを聞いた悠太は、

「凄いな…。俺、あの歌が歌えないんです。だって『アレクシスの鳳先輩』のたった一人の相手は、『柊先輩のランバート』だったのに。俺、決めてたんです!育成枠に入れたら、鳳先輩に言うって!先輩のこと、ずっと追いかけてました。先輩と同じ舞台に立つのが夢でしたって。

だけど、俺が『ランバート』でいいのかなって。こんなの初めてです。夢が叶うのが怖いって思って。」それを聞いた翼は、

「同じですね。誰かと比べる必要なんてない。『ランバート』にふさわしいのは、君しかいない。僕と君は、同じ思いを持ち続けてきたからです。ずっと、ずっと…。君だから『ランバート』を任せられると思ったんです。

(そして昔の翼と樹の別れのシーンが。切ないですね)

今、僕にこんなことを言わせることの出来る役者は一人、君だけですよ!」と伝えるのでした。そして…

ここで『スタミュ』お待ちかねの【突然始まるミュージカル! キャラソンTIME】スタート!

【Miracle Catcher】Song by星谷悠太(CV.花江夏樹)・鳳 樹(CV.諏訪部順一)・柊 翼(CV.平川大輔)

樹・翼と共に歌う悠太。思わず聴き入ってしまいますね!

それでは、その後のストーリーへ!

悠太への言葉

「これは、君の忘れ物ですね。」そう言って、台本を悠太に渡す翼。

「手元にあるとずっと練習して、余計悩んじゃいそうで。でも、それでいいんですよね!」吹っ切れた表情の悠太に、笑顔で頷く翼です。

それからの悠太は、今まで以上に稽古に必死で取り組みます。翼も、悠太を懸命にサポート。それは、翼が日本を発つ直前まで続きました。使い込まれた台本が、すべてを物語っていますね。

翼が悠太に伝えます。

「拍手は本番までとっておきましょう。

前にも言いましたが、『ランバート』の言葉は歌は、ノックの音です。君が発する一言一言、一音一音が、『アレクシス』の心の扉を叩いている。頑張って『アレクシス』の心を震わせてください。君の言葉で、君の心で。それがミュージカルです!」と。

出発

空港では、樹が見送りに。樹に、

「忘れ物はない?やり残したことは?」と聞かれ、ため息をついて翼は

「それは君でしょ。いつまで臆病でいるつもりです?彼は、腹をくくりました。最後に迎えに行くのは、憧れの王子様…君の役目ですよ。」と答えるのでした。そして、元・華桜会のメンバーも駆けつけます。

「今回は笑顔で。」そう言って、みんなで手を重ねるのでした。

「行ってきます!」そうして翼の乗った飛行機は、飛び立ちました。

屋上では『ミュージカル学科』の生徒も飛行機を見送っていました。

「少し先延ばしになっちゃったな。先輩との共演。」そう切なげに呟く、辰己 琉唯(たつみ るい/CV:岡本信彦 )。彼らの『team柊』は、1年生の時に翼の指導を受けてきたので、彼らも共演を楽しみに頑張っていたのがよくわかります。

そんな姿を見た悠太は走り出すと、大声で

「柊先輩〜!行ってらっしゃ〜い!」と飛行機に向かって叫ぶと、琉唯も続き、続々と叫ぶ姿はまさに青春ですね!

飛行機の中では、翼が悠太と出会った日のことを思い出していました。その時は、不合格をつけた翼。その悠太が、自分の代わりに『ランバート』を演じることになるとは。そんなことを考えながら、台本の自分の名前を悠太に書き換えるのでした。エンディングの最後に映る、悠太の台本も自分の名前に書き換えていましたね!そして、いよいよ本番まであと1週間です!

〜次回に続く〜

TVアニメ「スタミュ」第10話の感想まとめ

〜第10話の感想の声をまとめました。〜

TVアニメ「スタミュ」(2期)第10話を見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)

【画像:ThinkStock

次回のTVアニメ「スタミュ」をお楽しみに!

TVアニメ「スタミュ」第10話の考察や感想、動画配信サイトなどを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

第10話は、悠太と翼回でした。翼も悠太と同じように、樹に憧れ(尊敬!?)ていたんでしょうね。翼の言葉は、悠太にとって一生忘れられない『プレゼント』になりましたね。『team柊』のメンバーが聞いたら、ヤキモチを妬きそうですが…。

いよいよ公演まで1週間!どんなステージを観せてくれるのか楽しみですね!

次回のTVアニメ「スタミュ」第11幕も お楽しみに!

TV アニメ「スタミュ」(2期)第10幕(第10話)の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。最近では、娘の影響で『youtube』や『ニコニコ動画』にもハマっています。いよいよ「スタミュ」も残すところあと2話になりましたね。早く「卒業公演」を見たいと思いつつも最終回になってしまう寂しさ…。今回も 透と晶の二人が可愛くて良かったです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。