原作は賛否両論!? 『K–Lost Small World-』がついに舞台化

壁井ユカコ(GoRA)原作の舞台『K–Lost Small World-』が、7月22日から東京、7月30日から京都でそれぞれ上演されることが決定しました。原作を読んだファンの声をもとに『K–Lost Small World-』に迫っていきたいと思います。

壁井ユカコ(GoRA)原作の舞台『K–Lost Small World-』が、7月22日から東京、7月30日から京都でそれぞれ上演されることが決定しました。2014年・2015年の夏にはテレビアニメの内容をもとに上演されている舞台「K」シリーズ。その第3弾として、原作に登場する八田美咲、伏見猿比古にフィーチャーしたスピンオフ作品となっています。今回は、原作を読んだファンの声をもとに『K–Lost Small World-』に迫っていきたいと思います。

K-Lost Small World-はAmazonをチェック!

『K -Lost Small World-』の評判は?描写の偏りに対する意見

『K–Lost Small World-』を読んだファンの意見はさまざま。人によって評価がきれいに二分している作品といってもいいかもしれません。

感想としては、登場人物のひとりである「伏見に描写が偏っている」、「伏見寄り」といった意見がとくに多く見られます。もともとこの小説は「八田と伏見の過去話」という形で出されていたため、伏見を中心に展開するストーリーに、伏見びいきのような印象を持ったファンが多かったようです。

しかし、原作者の壁井ユカコ氏は、「このストーリーは伏見視点」だと以前から語っていたそうです。小説の性質から考えても、読者にわかりやすい細かな心理を描写するためには、伏見中心のストーリーになるのは仕方ないと指摘する人も。ただ、ファンとしては気になる「決別のシーン」については、もう少し八田の心情描写があってもいいのではという声もありました。また、伏見に比べて八田の性格が難しいために、八田視点ではあまり多くを書くことができず、結果として伏見に比重が置かれていると考える方や、『K–Lost Small World-』の世界を読者に知ってもらうためには、伏見視点が重要な役割を果たしていたと考える人もいるようです。

この点で評価が二分する要因としては、「好きなキャラが誰か」ということも大きく関係しているかもしれません。伏見ファン、八田ファンそれぞれが抱く印象は異なります。「たしかに伏見寄りではあるけれど、八田についてもしっかりふれられていて満足できる作品だった」と話す人がいるのも事実です。

『K -Lost Small World-』の評判は?キャラのブレはあるのか

また、「キャラクターのブレ」を指摘するファンの声もありました。この作品は7人の作家で書かれていることから、それぞれが考えるキャラの解釈に多少のちがいが出るのは仕方ないことかもしれません。しかし、アニメの内容をふまえた上でこの小説を読むと、ストーリーやキャラクター像に違和感を覚えたり、矛盾していると感じたりする人も多いようです。

アニメを見てきた人にとっては、キャラ設定において後付けや補足がなされたという印象を持つ方、補足ではなくキャラを軌道修正しているといった印象を持つ方など反応も様々のようです。一方で、アニメ放送から一定の期間があいたために、読者それぞれが自分の中で理想のキャラクター像を作り出してまったことが、小説とのブレをより強くしていると考える方もいます。今回の小説は過去の話であり、その時点から考えればアニメはあくまでも未来の話。未来を先に見た方にとっては、こんなキャラクターなはずがないという思いを強く持つ人も少なくないようです。

人によっては「この作者はこういうキャラを描くのか」といった楽しみ方で作品にふれている方もいるようです。あまり細かいところを気にせずに、「これはこれ、それはそれ」と割り切ることで、楽しめる作品に仕上がっていると話す方もいます。

舞台『K -Lost Small World-』に注目!

この作品は、読者が小説という限られた文字・情報のなかで、キャラクターの心情をくみ取り、世界を広げていく必要があると指摘する方もいます。読者にゆだねられる部分が大きいことから、人によって作品に対する見方や考え方のちがいが出てくるのは当然なのかもしれません。賛否両論の『K–Lost Small World-』。どのような形で舞台化されるのか、楽しみに公演を待ちましょう。

舞台『K -Lost Small World-』の情報はこちら

  • 東京公演:2016年7月22日(金)~7月24日(日)AiiA 2.5 Theater Tokyo
  • 京都公演:2016年7月30日(土)・7月31日(日)京都劇場

舞台『K -Lost Small World-』のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。