舞台『K -MISSING KINGS-』上演決定!舞台『K -MISSING KINGS-』の日程や出演者などを紹介します

宮沢龍生をリーダーとする「GoRA」原作のオリジナルアニメ『K』、独特でスタイリッシュ、そして派手な異能バトルと人々の思いが絡み合うストーリーで好評を博しました。 『K』を原作とする舞台『K -MISSING KINGS-』の上演が決定、舞台『K -MISSING KINGS-』のキャスト情報や日程などを紹介します!

舞台『K -MISSING KINGS-』の公演が決定!

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

2012年に第1期が放送されたオリジナルアニメ『K』、2014年には劇場版『K -MISSING KINGS-』が公開され、そして今回『K -MISSING KINGS-』の舞台公演が決定しました!

7人の王のもとに集った者たちの交流や戦闘を描き人気を博した『K -MISSING KINGS-』の舞台、魅力的なキャラクターを誰が演じるのか、そしてバトルシーンなどがどのようになるか楽しみですね。

今回は舞台『K -MISSING KINGS-』の日程や会場、出演者情報のほか、アニメ『K』について紹介します。

『K』シリーズ紹介

(画像:Pixabay)

2012年10月から放送開始されたアニメ『K』、オリジナルアニメの第1期として放送されました。

7人組の覆面作家集団「GoRA」原作、発表当時はその7名が誰なのか非公開でしたが、2012年10月4日にその正体が公開されました。

メンバーはラノベ作家7名、それぞれの代表作を簡単に紹介します。

  • 宮沢龍生の代表作

「DEAMON SEEKERS – 這いつくばる者たちの屋敷」

  • 壁井ユカコの代表作

「キーリ 死者たちは荒野に眠る」

  • 高橋弥七郎

「灼眼のシャナ」

  • あざの耕平

「東京レイヴンズ」

  • 古橋秀之

「龍盤七朝 ケルベロス」

  • 鈴木鈴

「吸血鬼のお仕事」

  • 来楽零

「哀しみキメラ」

アニメ『K』の魅力は「GoRA」の作り出す世界観、ストーリーの他、魅力的なキャラクターが多数登場することが挙げられます。

そして『K』の特徴はそのスタイリッシュ感、おしゃれな作風でとてもビジュアルが綺麗ですね。

様々な特殊能力で戦う異能バトルとしても面白い作品です。

アニメ1期:『K』あらすじ

強力な特殊能力を持った王とその配下クランズマンたち、赤の王周防尊が率いるチーム吠舞羅と青の王宗像礼司が率いるセプター4がぶつかり合う。

ごく一般的な高校生の伊佐那社は1匹の白いネコとともに平和を謳歌し、学校生活を送っていた。

ある日社は文化祭の買い出しのため街へ行くが、そこで吠舞羅のメンバーに襲われる。

社の危機を救ったのは第七王権者「無色の王」の臣である夜刀神狗朗、狗朗に感謝を告げる社であったが狗朗は今度は社へ刃を向ける。

「劇場版 K MISSING KINGS」

社の行方を探す狗朗とネコ、2人は街で赤のクランズマン櫛名アンナと鎌本力夫を目撃します。

緑のクランに追われる2人、追われる理由はアンナが持つ特殊能力のため。

アンナは感応能力を持っており、社を探す緑のクランはそれを利用するためアンナを追う、事情を知った狗朗とネコは2人を自分の拠点へ匿おうとします。

しかし緑のクランズマン御芍神紫を受け、狗朗が応戦しますが全く歯が立たず、アンナは拉致されてしまいます。

アニメ2期:「K RETURN OF KINGS」

周防尊の死により櫛名アンナが赤の王として覚醒する。赤のクラン吠舞羅はまだ幼いアンナを守るよう結束し、周囲を固めます。

そんな中緑のクランズマンたちが動き出す、「Jungle」というアプリを使用しクランズマンを増やし吠舞羅を襲撃。

活性化する「Jungle」の動きをきっかけに、再び王たちの運命が動き出す。

舞台「K -MISSING KINGS-」キャスト紹介

舞台「K -MISSING KINGS-」のキャストを紹介します、2017年5月23日現在発表済みとなっているキャストはこちらです。

夜刀神狗朗役:荒牧慶彦

赤のクランズマンに襲撃された社の前に突如として現れた夜刀神狗朗を演じるのは荒牧慶彦。

パフォーマンス集団HIROZ三期生として活動をしていたが、2012年に脱退します。

舞台を中心に俳優活動を行い、「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン」では甲斐裕次郎役を演じました。

2017年舞台「初恋モンスター」で舞台単独主演を果たした荒牧慶彦、スマートフォン向けゲーム「戦刻ナイトブラッド」で上杉謙信役で声優にチャレンジ、幅広い分野で活動中です。

過去の『K』の舞台でも夜刀神狗朗を演じました。

荒牧慶彦の主な出演作品

  • ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン 甲斐裕次郎
  • 舞台「曇天に笑う」 青木弥次郎
  • 舞台「初恋モンスター」 高橋奏

御芍神紫役:佐々木喜英

緑のクランズマン、jランカーの御芍神紫を演じるのは佐々木喜英。

舞台を中心に活動しており、「ミュージカル・テニスの王子様」では白石蔵ノ介役を演じました。この他テレビドラマや映画などにも出演経験があります。

俳優業の他、音楽ユニット「3Peace☆Lovers」としても活動中です。

佐々木喜英の主な出演作品

  • ミュージカル・テニスの王子様 白石蔵ノ介
  • 舞台「刀剣乱舞〜虚伝 燃ゆる本能寺〜」 宗三左文字
  • 超歌劇「幕末Rock 黒船来航」 沖田総司

2017年5月23日現在発表済みのキャストはこちらの2名となります、他のキャストがどうなるか今後の発表が楽しみですね。

舞台「K -MISSING KINGS-」会場情報

京都劇場

住所

京都府京都市下京区 烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビル

アクセス

JR「京都駅」中央改札口すぐ

天王洲 銀河劇場

住所

東京都品川区東品川2−3−16

アクセス

東京モノレール「天王州アイル駅」下車徒歩1分

りんかい線「天王州アイル駅」下車、出口Aより徒歩5分。もしくは、出口Bよりスカイウォーク利用。

舞台「K -MISSING KINGS-」日程

京都劇場

  • 2017年10月19日(木) 19:00
  • 2017年10月20日(金) 19:00
  • 2017年10月21日(土) 12:00/17:00
  • 2017年10月22日(日) 12:00/17:00

天王州 銀河劇場

  • 2017年10月27日(金) 14:00/19:00
  • 2017年10月28日(土) 12:00/17:00
  • 2017年10月29日(日) 12:00/17:00

舞台『K -MISSING KINGS-』の舞台が楽しみ!

舞台『K -MISSING KINGS-』の情報を紹介しました。

2012年に第1期アニメ『K』が放送されてから、その独特でスタイリッシュな世界観、そしてストーリーと魅力的なキャラクターの数々で人気を博してきた『K』シリーズ。

舞台『K』シリーズもアニメに負けず劣らず大人気ですね、2014年の舞台『K』、2015年の舞台「『K』 第二章 -AROUSAL OF KING-」、2016年の「K-Lost Small World-」と好評を博してきました。

今回は評価が高い劇場版『K -MISSING KINGS-』が原作となりそうですね、泣けると評判のストーリー、どのように舞台化されるのかとても楽しみです。

キャストの情報がまだまだ少ないですが、社役は今まで通り松田凌が担当するのではないでしょうか、新たなキャストの情報にも注目ですね!

舞台『K -MISSING KINGS-』へ足を運んで、その世界観を楽しみましょう!


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。メテオラがかわいい!
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年春アニメは「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」、「Re:CREATORS」の速報記事を書くのでそちらの記事もよろしくお願いします。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。