祝☆SOUND HOLIC初ワンマンライブ開催!公演概要と出演者情報まとめ

SOUND HOLICの初ワンマンライブ開催決定!出演者など概要をまとめてみました。SOUND HOLICとは何か?今回は、ファン待望の初ワンマンライブ概要をお届けします。もちろん出演者についてもあわせてご紹介します!

【SOUND HOLIC、待望の初ワンマンライブ決定】

SOUND HOLICの初ワンマンライブが開催されることになりました!長年活動している彼らですが、意外にもこれまでにワンマンライブは行われていません。

今回は、ファン待望の初ワンマンライブ概要をお届けします。もちろん出演者についてもあわせてご紹介!それでは、さっそくチェックしていきましょう。

【SOUND HOLIC初ワンマンライブ概要①SOUND HOLICとは何者?】

SOUND HOLICとは、クリエイターのGUCCIが主催している映像・音楽エンターテイメント創作サークルの名称。2006年頃から同人ゲーム『東方Project』の曲アレンジ(=東方アレンジ)で活躍し、ライブ活動や商業ゲームへの楽曲提供も行っています。

人気の秘密は確かな実力

彼らの作品は、そのクオリティの高さから絶大な人気を誇っています。リリース作品数はなんと60以上。アレンジスキルとセンスの幅が広く、マルチジャンルでのアレンジで漢字一文字のタイトルが特徴的な「漢字シリーズ」や、ロックアレンジの「”709sec.” フィーチャリングシリーズ」、メタルアレンジの「鋼鉄シリーズ」など、さまざまなアレンジでシリーズ化されています。一部の楽曲はカラオケ配信がされるほどの定番曲です。

姉妹レーベルの設立

SOUND HOLICは、姉妹レーベルとして「SWING HOLIC」を立ち上げています。ジャズ専門のアレンジに特化しており、他の作品同様、リリース作品の高いクオリティは多くの反響を呼びました。

オリジナルアルバムも発表

2015年1月21日には、彼らの初となるオリジナルアルバム『斬 -ZAN-』がリリースされました。全16曲収録というボリュームもさることながら楽曲も多彩なラインナップとなっており、彼らの魅力がギュッと詰め込まれた1枚。今回決定した初ワンマンライブの出演者として名を連ねている、クリエイターでヴォーカリストのNana Takahashiが多めにフィーチャーされています。

【SOUND HOLIC初ワンマンライブ概要②公演日程と会場】

今回初めて行われるワンマンライブは、10周年記念アルバム『焔 -MAGMA-』(2016年12月21日リリース)に因んで『MAGMA LIVE 2017』というタイトルがついています。ライブ告知ページには「感情に 焔をつけろ」といったキャッチコピーが!当日は、この10年間で積み重ねられてきた彼らの魅力でファンの心を掴む熱いステージを見せてくれるはず!続いては、公演日程と会場について細かくチェックしていきましょう。

公演概要

『MAGMA LIVE 2017』
日程:2017年2月18日(土)開場/開演:15:00/16:00
会場:新宿BLAZE
出演者:SOUND HOLIC/Nana Takahashi/709sec./A~YA/aki/CALEN/YURiCa/花たん/隣人(ZYTOKINE)/Josh(Gt.)ほか

来場者プレゼントにも注目!

告知ページには、当日の来場者全員に「書き下ろし新曲入り限定CD」を配布すると記載されています。これはファンにとっては見逃せないプレゼント!どんな曲か楽しみですね。

新宿BLAZEとは?

ワンマンライブの会場として選ばれた新宿BLAZEは、東京随一の歓楽街である新宿・歌舞伎町のど真ん中にあるライブハウス。新宿東宝ビル(旧新宿コマ劇場)前にある広場の一角に見える、どーんと大きな看板が目印です。最大キャパシティはオールスタンディングで約800名。

その広さは渋谷Duo MUSIC EXCHANGEと同等で、恵比寿LIQUIDROOMよりもやや狭いくらいになります。パフォーマンス制限の少ない奥行きあるステージが魅力で、ビジュアル系バンドからアイドルまで、さまざまなジャンルのライブやイベントが行われています。

会場内施設について

新宿BLAZEにはコインロッカーが完備されています。料金は300円、数は540個ありますが、入場後の利用となります。入場前に荷物を預けておきたいのであれば、駅などに設置されているコインロッカーを利用しましょう。トイレは男女別に設置されています。会場内は全面禁煙なので、喫煙者の人は注意してくださいね。

アクセス

  • 所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-21-7 新宿アネックス B2F
  • JR線・丸の内線「新宿」、西武線「西武新宿」より徒歩5分
  • 小田急線・京王線「新宿」より徒歩10分

新宿BLAZEの看板はこちら!隣にはコンビニのファミリーマートもあるので、すぐに見つかりますよ。

【SOUND HOLIC初ワンマンライブ概要③出演者紹介】

最後に、現在決まっている出演者について解説します。

SOUND HOLIC

主催のGUCCIは作編曲・作詞を手がけているほか、企画やプロデュース、デザイン、ウェブ管理などを行っており、非常に多彩な才能の持ち主です。

Nana Takahashi

岐阜県出身。作詞・作曲家、アレンジャーでありヴォーカリスト。ジャンルを問わず、各方面への楽曲提供で活躍しています。ヴォーカリストとしては2010年にアニメ『kiss×sis』のED曲「星空物語」でメジャーデビュー。SOUND HOLIC以外には、隣人(ZYTOKINE)とのオリジナルユニット「cold kiss」でも勢力的に活動中です。

709sec.

作曲家、アレンジャー、ヴォーカリスト。名前の読み方は「ナナマルキューセック」。そのセンスやアレンジ力は特にロックサウンドで魅力が発揮され、彼がアレンジした曲はほぼカラオケ配信されています。イケボとしても人気が高く、Nana Takahashiとのコラボはファンにもかなり好評です。

A~YA

福岡県北九州市出身のヴォーカリスト。ソロでの活動もしていますが、SWING HOLICでも活躍中。過去にアメリカでジャズクラブを渡り歩くなど、本場で鍛えられた実力は確かなもの。オリジナルソングからジャズスタンダードまで、幅広く歌いこなします。

aki

SOUND HOLIC関連で活躍中のヴォーカリスト。

CALEN

SOUND HOLICの初期作品から参加しているヴォーカリスト。

YURiCa/花たん

ニコニコ動画 の「歌ってみた」 カテゴリーに投稿したことでブレイクした実力派ヴォーカリスト。オリジナルアルバムをはじめ、個人名義で作品をリリースしていますが顔出しは一切していません。

隣人(ZYTOKINE)

作詞・作曲家、アレンジャー。兄弟で構成されたマルチサークル「CYTOKINE」のサウンド担当、Nana Takahashiとの宇宙的なユニット「cold kiss」のメンバーとして活動しています。アーティストへの楽曲やRemix提供、ゲーム音楽制作などで活躍中です。

Josh(Gt.)

SOUND HOLIC関連で活躍中のギタリスト。

一部のアーティストの実態は謎に包まれていますが、それぞれ多岐にわたる活動をしているのですね。だからこそ、SOUND HOLIC作品の完成度も高いのでしょう。ライブ出演者はまだ第一弾のみが発表されたところ。今後追加されるようなので、要チェックですね!

【SOUND HOLICの記念すべきワンマンライブに参加しよう♪】

(出典:pixabayより)

長年活動しているSOUND HOLICの成り立ちから、2017年2月に決定した初ワンマンライブの概要や出演者情報までギュギュッとまとめてお届けしました。オリジナル作品のリリースもされるようになった近年、これまで以上に注目されている創作サークルの記念すべきワンマンライブにぜひ参加しましょう!もちろん、ライブの前には書き下ろし新曲も収録されたオリジナルアルバム『焔 -MAGMA-』もしっかり聴き込んでおきましょうね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。