遠征前の特訓!レフィーヤが嫉妬しまくる!?「ソードオラトリア」9話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「ソードオラトリア」9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容はロキファミリアの大遠征前にベルくんとアイズが特訓をするという場面の裏側を描いたものでした。あの本編では語られていなかった部分もしれて中々いい回だったのではないでしょうか? 今回の内容はそれに加えてレフィーヤの嫉妬大妄想も含まれます。かなり笑かしてくれる回でもありましたね。ギャグ的な要素と今まで見たことのないレフィーヤの表情も見られてとても良い9話でした。そんな9話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

特訓と嫉妬・・・久々の紐神登場!? そしてラストシーンが気になる!「ソードオラトリア」9話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ソードオラトリア」9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容はロキファミリアの大遠征前にベルくんとアイズが特訓をするという場面の裏側を描いたものでした。あの本編では語られていなかった部分もしれて中々いい回だったのではないでしょうか? 今回の内容はそれに加えてレフィーヤの嫉妬大妄想も含まれます。かなり笑かしてくれる回でもありましたね。ギャグ的な要素と今まで見たことのないレフィーヤの表情も見られてとても良い9話でした。そんな9話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

ソードオラトリア9話の個人的な感想まとめと内容考察!

では早速、「ソードオラトリア」9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回の内容はレフィーヤの大嫉妬とさらに遠征の前の特訓の裏側についての語り場面でした。本編ではベルくん主体でしたが、今回はソードオラトリア、外伝ということでアイズ視点やレフィーヤなどがメインとなっていましたが、久々に紐神が登場していましたね。ヘスティア様が久々の登場でファンの皆さまも盛り上がったことでしょう。そんな9話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

遠征前の大特訓! レフィーヤの嫉妬と面白シーン!?

ロキファミリアの大遠征がいよいよ8日後に迫っているこの時期ですが、本編ではちょうどベルくんとアイズが本格的に出会うという場面ですね。その遠征前にこの間のダンジョンで拾った籠手を返して謝らなければと思っているアイズ・・・しかしながら会ってもすぐに逃げてしまうベルくんをどうしたら良いものか・・・悩んでいるところギルドへちょうど顔を出したベルくんです。そしていつもの逃走、からの筋肉マッチョの男の人にぶつかってアイズのお尻にめり込む・・・。なんて羨ましい! と思った方は少なくはないでしょう。しかしこれでようやく対面が叶ったということですね。アイズは今まで言えなかったことを言います。しかしそれは逆であり、ベルくんから平謝りを受けるアイズでした。ポカーンとした表情のアイズも中々可愛かったですね! そしてなぜベルくんがこの短期間でここまで強くなったのかを確かめたいという思いから自ら剣術の教え役として買って出ます。ここでのアイズの心境はどうやら「どうしてこんなにも早く強くなれるのか」ということを確かめたかったからというのがあったですね。本編ではアイズはほとんど語らないので心を読取りづらかったのですが、ここにきてようやく理解できました。恋愛感情は一切なく、今までベルくんにご執心だったのはやはり彼の強さというものが気になっていたからでしょうね。おそらくではありますが・・・。

そして特訓をするのですが、その前にやはりありましたね。レフィーヤの妄想シーンが・・・。レフィーヤは平行詠唱をうまく成功させるためにフィルヴィスのように剣術もうまくなりたいと考えていました。そこで考えたのはアイズに教えをこうということでしたね。まさか裏でこのようなことがあったとは思いませんでした。しかしながら、レフィーヤのしつこさというものがここでようやく理解できましたね。まさにストーカーレベル・・・。

偶然を装って朝に出会そうとしたのですが、アイズはこっそりと姿を消します。それをみて追いかけるレフィーヤ・・・そしてまさかのベルくんと出会っていたということも驚きでした。まさかですね。こんな絡みがあったとは・・・この時の表情や言葉は今までにないレフィーヤでしたので結構レアな言動ではなかったでしょうか?

そしてとあるものを目撃します。それはベルくんとアイズが肩を寄せ合っているシーンでした。その時の絶望感ときたらもはやいうことはないでしょう。ありえないほどに絶望的な顔をしていましたね。ギャグすぎる展開でしたが、夕食どきすらもかなり死んだような顔をしていました。ベルくんのことを「ヒューマン」というのも中々面白いですね。ベルくんにこのような嫉妬心を燃やすとは、まさに百合の中の百合ですね。しかしながらこの時は普通に「羨ましい!」ということで感情を抑えます。そしてアイズに自らも教えてほしいと頼み込みますが、ここはあっさりと受け入れられます。もちろんアイズはただ仲間を大切に思っていて、普通にOKという感じでした。レフィーヤはもちろん卑猥な妄想込みですね。これはもはや想像もつくでしょう。ベルくんが特訓をして肩を貸してもらっていたのであれば自分はそれ以上・・・「膝枕」なんてしてもらえるのでは? 的な妄想がありましたが、ここでネタをぶち込んでくるのがラノベ的な展開ですね。ベルくんが膝枕をしているシーンを目撃します。この後のレフィーヤの必死感に笑いました。自らもボロボロになって膝枕をしてもらおうとしていたのがまさに見え見えでしたし、妄想力というのが半端ないというのもわかりました。ベルくんがまさに悪役キャラになってしまっているということも面白かったですね!

そしてその後は久々にフィルヴィスも登場します。フィルヴィスと再びエルフの集いがあるのですが、フィルヴィスはレフィーヤに対していいアドバイスをしましたね。それはレフィーヤは生粋の魔法師であるということ。つまり付け焼き刃の戦闘は危険であるということですね。ここは普通に詠唱に専念し、あとはひたすら避けるのみ。これもある意味立派な平行詠唱であると言います。そして最後には自らの盾の魔法も教え、「無事に帰ってきてくれ」なんて死亡フラグまで立てる始末。まあ死ぬことはないでしょうが、それにしても色々と今回は面白い回でした。アイズがなぜ力を求めるかというのもわかりましたね。やはりあの騎士は父親だったのですね。それもわかりかなりスッキリしました。そしてラストシーンです。紐神さまも出てきてまさにギャグ的展開だったのですが、この後に本編では語られていなかった襲撃シーンが入ります。今回はここで終了でしたが、次回はこの襲撃というのがなんなのか、わかるといいですね!

ソードオラトリアの動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ソードオラトリア

次回のソードオラトリアは本編では語られていなかった部分!

ラストの襲撃シーンですが、本編ではありませんでした。ヘスティアも含めてこの襲撃がどのような結果になるのか、とても楽しみですね!次回のソードオラトリアもお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。