アイズ敗北!? 殺人犯との一騎打ち!「ソードオラトリア」5話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「ソードオラトリア」5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容は今までで一番の戦闘シーンがあったのではないでしょうか? かなり緻密に作られた作画でしたが中々面白かったと個人的には思いました。そして今回のメインバトルはやはりアイズと殺人犯とのバトルシーンですが、まさかのあのアイズが敗北!? それほどの強さを持ったその犯人とは一体誰なのか! そんな色々なことがあった5話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になってくださいね!

殺人犯の強さが尋常ではない! そしてウラノスとは? ダンジョンでの大戦闘!「ソードオラトリア」5話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ソードオラトリア」5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容は今までで一番の戦闘シーンがあったのではないでしょうか? かなり緻密に作られた作画でしたが中々面白かったと個人的には思いました。そして今回のメインバトルはやはりアイズと殺人犯とのバトルシーンですが、まさかのあのアイズが敗北!? それほどの強さを持ったその犯人とは一体誰なのか! そんな色々なことがあった5話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になってくださいね!

ソードオラトリア5話の感想まとめと内容考察!

では早速、ソードオラトリア5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回はかなりのバトルシーンが盛り込まれていました。その中でもアイズと赤髪の女との戦闘はかなり目を引くものがありましたね! そんな5話ですが、序盤にウラノスというギルドの大物ができたり、盗まれた宝玉とアイズが共鳴したり・・・さらにはアリスという名前が突然出てきたりなど、色々と考え深いものがたくさんありました。そんな5話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

アイズVS赤髪の女 ウラノスとは?

今回の序盤で登場した新たな神である「ウラノス」というジジイですが、めちゃくちゃラスボス的な存在感でした。神の中の神という感じがありましたね。ロキは前回のモンスターフィリアでの出来事を率直に訪ねたという感じですが、「それは違う」と断言する「ウラノス」でした。そしてロキもまた「ほな」と言いつつあっさり帰るという具合でしたが、そのあとに出てきたマントの人物がかなり気になるところですね。そしてこの二人のセリフから見てもこいつらが黒幕じゃないのか? と思わせられるようなものでした。ロキを相手にするのは得策ではない、と言っていたのも含めてやはり怪しさマックスという感じですね。

そして一方アイズたちの方ですが、突然現れたあの食人植物が街にうじゃうじゃといることに驚きフィンたちと合流しようとします。しかしながらそこで現れた謎の女です。最初はレフィーヤが殺されかけるのですが、危機一髪でアイズが救います。そのさいの姿はやはりあの時の殺された男の顔でしたね。そしてその顔を剥ぐと女の顔が・・・赤髪ということで、あの時のベッドシーンでいた女で間違いはなさそうです。そして驚くべきなのはこの赤髪の女の強さですね。あのアイズと互角以上に序盤は戦っていました。むしろアイズが押されていましたね。さらにレフィーヤの魔法を素手で受け止め弾き返すという荒技も・・・そんなのありかというような感じでしたが、レベルが上がればあんな芸当もできるのだなとちょっと面白く見させてもらいました。

一方フィンたちですが、徐々にモンスターを除去している感じでした。フィンは高台で冷静に分析します。この統率の取れた動きは誰かが操っていると。ショタなのに賢いですね。さすがは団長です。そしてアイズたちの方ですが、アリスという名前にかなり敏感に反応するアイズ・・・これはもしや母親の名前がアリスなのでしょうか? その辺りはよくわかりませんが、あの謎の騎士も出てきました。この辺りのことについてはいずれ分かるとは思いますがかなり気になっているのは私だけでしょうか?

そして突然、あの宝玉が反応し、食人植物と融合します。中にいた謎の気持ち悪いモンスターですが、一体あればなんなのでしょうか? 結局そのモンスターはレフィーヤやティオナ、ティオネに粉砕され、死んでしまったのですが、結構強そうな雰囲気を出しつつ簡単に死ぬあたりが謎ですね。どういう意図であれを持ってきたのでしょうか。そもそもあの宝玉に入っていたモンスターはなんなのか・・・わからないことだらけですね。

そして一方アイズですが、あの赤髪の女にかなり押されている状況でした。テンペストという風の魔法を纏っている状態ですらかなり押されていたので相当の使い手でしょう。そして最終的にはアイズが敗北します。トドメの一撃を喰らわそうとしたその時、やはりここではやられないのが物語のセオリーですね。団長やリヴェリアがそれを守ります。その後フィンが応戦しますが、フィンの強さにも驚きました。レベル6というのはここまで強いものなのですね。かなり涼しい顔で「指が折れた」と言っていましたが、フィンですら負傷するくらいの強さをもつ敵ということもわかりました。

結局取り逃がした形になったのですが、敵の正体、そして黒幕などやはりウラノスが一番噛んでいるということなのでしょうか。その辺りもまだはっきりしない状態ですが、ここからの物語はかなりペースが遅くなります。アイズ敗北からアイズはかなり落ち込みますが、それもやはり自分の実力があの女にかなり劣っていたということが理由なのか・・・自らダンジョンに残ると言います。もう食料も残り少なくなってきたので、団長は帰ろうと言いますが、アイズはそれでも残りたいと言います。これはやはり強くならなければならないという強い思いがあるからですね。その思いというのはやはりあの回想シーンなどで出てくる騎士や母親に関係していることでしょうか? その辺りもまだはっきりしないのですが、結局リヴェリアがお守り役として残ることでフィンも了承しました。そして最後に現れのたこの階層のボスでしたね。これは本編でも語られていた気がします。おそらくこのボスに一人で勝つのだとは思いますが、その勝負も次回へと持ち越しになりました。おそらくこれで一皮剥けるのか、もしくは私の記憶が正しくなく、ここで破れるのか・・・どうかははっきりわかりませんが、次回の話もかなり重要になってきますね!

ソードオラトリアの動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ソードオラトリア

次回の6話は色々と判明するのか?

今回までで謎が多いことがたくさんありましたが、どれか判明することが次回語られるのでしょうか? わからないことが多く、今の段階では推測しかできない状況ですが、どこかしらに伏線が張られていると見てもいいかもしれませんね。次回のソードオラトリアもお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。