【最終話】精霊とアイズと食べさせて・・・必中の矢が必中する「ソードオラトリア」12話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「ソードオラトリア」12話、最終話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回で遂に最後となりましたソードオラトリアですが、今まで謎であった部分がある程度は明かされたのではないでしょうか? 未だに謎な部分は無きにしも非ずですが、しかし今回の戦闘はかなり凄いものであったと思います。何せレベル6がボロボロになるというまさかの高レベルダンジョンであったということですので盛り上がらないわけはないでしょう! そんな12話、最終話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

レフィーヤの魔法がめっちゃ役立った! 最終話で色々と解決したソードオラトリア「ソードオラトリア」12話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ソードオラトリア」12話、最終話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回で遂に最後となりましたソードオラトリアですが、今まで謎であった部分がある程度は明かされたのではないでしょうか? 未だに謎な部分は無きにしも非ずですが、しかし今回の戦闘はかなり凄いものであったと思います。何せレベル6がボロボロになるというまさかの高レベルダンジョンであったということですので盛り上がらないわけはないでしょう! そんな12話、最終話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

ソードオラトリア12話,最終話の感想まとめと内容考察!

では早速、ソードオラトリア12話である最終話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回の内容はやはり前回とは違いかなり盛り上がる内容であったと思います。特に敵が意外すぎる攻撃をしてくることや、ロキファミリア古参メンバーであるレベル6が超絶苦戦している場面など面白い部分がたくさんありました。そんな中で最終的にトドメをさしたのはアイズでしたが、ここでまさかの大活躍を見せたレフィーヤです。フィンの采配はやはり間違ってはいなかったようですね。よくできた物語でした。そんな12話、最終話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

必中の矢がめっちゃ仕事する 精霊はブスだった

前回のラストシーンにて突如として現れた59階層の謎のモンスターです。以前宝玉が割れて出てきた時に寄生したあのモンスターにそっくりですが、精霊の出来損ない、つまりは幼体と言ってもいい感じですね。それに魔石を食わせると皆あのように強くなるということなのでしょうか? 私自身の解釈はそうなっております。それはさておき、皆は初めて見る精霊というものに色々と間違っているイメージを持っていることに気づきます。精霊とはかなり清楚な感じの美しいものであると思っていたのですが、実際は「ブス」だった。というか気持ち悪さのオンパレードでしたね。見た目はどう見ても強くはなさそうなのですが、まさかの魔法を詠唱するという自体に・・・驚いたのは皆でしたね。今までモンスターが詠唱を行うことなど全く持ってなかったことですので、これは意外にもほどがあるという感じでした。そして最初の詠唱はかなり長い魔法の詠唱であることがわかります。かなりの規模の魔法であり、すぐにフィンはリヴェリアに結界を張るように言います。そしてレフィーヤや鍛治師たちに魔法を止めるよう指示しますが、これが全く無意味な感じでした。いくら攻撃しても全く動じない精霊もどきです。障壁を張っているのでしょうか? 魔法を通していない感じでしたね。そして放たれる魔法ですが、まさかの隕石降る感じの大魔法・・・そしてすぐさま次の魔法の詠唱に入ります。今度の詠唱はかなり早くそして先ほどよりももっと強烈なものでした。遂にリヴェリアの結界も破られ、さらにはガレスをも吹き飛ばすほどのものだったのです。

演出もかなり派手でしたね。皆がボロボロになっている中、リヴェリアとガレスはかなりのダメージを受けて倒れこみます。フィンや他のメンバーもそこそこのダメージを負っておりもはやここまでかという感じでしたが、ここで士気をあげたのはまさに団長のフィン、そしてあのベルくんでした。もちろんベルくんがその場にいることはないのですが、団長のフィンがベルくんのように自分よりもはるかに強い相手に向かって突き進む姿を皆に言ったのでした。「冒険しよう」と遠回しに言っているように聞こえましたね。

それを界に皆はやる気マックスファイヤーで立ち上がります。フィンは倒れこんでいるガレスやリヴェリアにも声をかけます。わざと罵倒するような感じで言ったのは焚きつけるためでしょうね。そしてその言葉を聞いたガレスたちはむくりと起き上がりつつフィンに負けてられないという感じで応戦します。トドメはアイズが刺すという算段でフィンたちも全力で迎え撃ちます。ここでレフィーヤが初めて魔法障壁を作っていましたね。あのフィルヴィスに教えてもらった魔法でした。アイズもここぞとばかりに気張ります。しかし魔法をようやく受け流して倒れてしまいました。今回のレフィーヤはかなり活躍しているように見えましたね!

そしてここぞとばかりに皆が一斉に攻撃を仕掛けます。ガレスも腹を刺されながらも普通に立っているのでおっさんつええなと思いつつ、ようやくトドメを刺すところまで来たのですが、ここでまさかの口からビーム・・・。これは予想外の展開だったのでしょう。意表を突かれたという感じでアイズがピンチだったのですが、ここで、最後でまさかの大活躍を見せるレフィーヤでした。必中の矢が今まで必中じゃなかっただけに今回は必中し、そして仕事を果たすレフィーヤ! これによりアイズが精霊にトドメを刺すことができようやく59階層攻略というところでしたね。

結局のところわからなかったのは黒幕でした。ウラノスは黒幕ではなかったようですね。おそらくですが、ラストの喋りを見ていると黒幕というふうには感じませんでした。そして精霊という存在ですが、今回現れたのはおそらく精霊ではなく、精霊の卵のような存在だったのでしょう。本体はもっと地下深くに眠っているという感じでしたね。そして本当の黒幕の名前が出て来ていました。「エニュオ」、オラリアを破壊するものとウラノスは言っておりましたが、おそらくはこれは2期があれば語られるでしょうね! まだまだわからないことも多いですが、皆の成長が見られ、さらには本編の裏側という部分もわかってかなり面白いストーリーでした!

ソードオラトリアの動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ソードオラトリア

長い間ご覧いただきまして、ありがとうございました!

12話、最終話まで長くお付き合いいただきましてありがとうございました! 今回でソードオラトリアの感想まとめは終了となりましたが、皆さんいかがでしたでしょうか? なかなかに面白い物語であったと感じております。ダンまち外伝というだけあって、本編の裏側を忠実に再現しており、ダンまちファンであるなら確実に見たいという内容でした。原作もありますので、是非この機会に読んで見てはいかがでしょうか?

今後もボイスタをよろしくお願いいたします!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。