いよいよ未到達領域へ!59階層に何があるのか!?「ソードオラトリア」11話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「ソードオラトリア」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容はまさに前人未到の領域である59階層へと向かう場面でした。50階層からは色々とヤバいらしいのですが、様々なモンスターやハプニングが有りつつも遂に今回で59階層へと足を踏み入れるロキファミリアでした。しかしながらそこで見たものとはまさかの・・・!? 次回が遂にラストとなるソードオラトリアですが、その1話前である今回11話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

遂に未到達領域である59階層へ! 精鋭部隊で挑むが・・・そこにはまさかの「ソードオラトリア」11話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ソードオラトリア」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容はまさに前人未到の領域である59階層へと向かう場面でした。50階層からは色々とヤバいらしいのですが、様々なモンスターやハプニングが有りつつも遂に今回で59階層へと足を踏み入れるロキファミリアでした。しかしながらそこで見たものとはまさかの・・・!? 次回が遂にラストとなるソードオラトリアですが、その1話前である今回11話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

ソードオラトリア11話の感想まとめと内容考察!

では早速、ソードオラトリア11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容はまさにいよいよラストに向けたものであると思いました。次回で最後となるソードオラトリアですが、今回は59階層へと足を踏み入れるまでを綴ったものでした。主に50階層から58階層までの間の戦闘場面などが多いですが、やはり前回のあのベルくんの戦闘が効いているみたいでしたね。そんな色々なことがあって11話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

ベルくんに触発されるヴェートたち 59階層に何が!?

ロキファミリアの遠征が始まり、50階層にたどり着いている一行ですが、皆の様子が少しだけ違う感じでした。それは先発隊であるヴェートやティオネ、ティオナなどでした。何故ならアレを見せられて何も感じない冒険者はいないでしょう。いくらレベルが低いとはいえあの戦いを見せられては体が疼いて仕方ないという感じでしたね。皆というよりは先発隊のレベル5メンバーがベルくんの戦いをみて触発されているという感じです。自分よりもはるかに強いミノタウルスを前に一歩も引かずに戦いそして勝利したベルくんです。その戦いで何かを感じ取ったのでしょうね。

しかしこれから先は今までのダンジョンとは違い相当の実力がなければ攻略できない場所です。以前ロキファミリアは58階層まではきているようでしたので、そこまでは攻略済みという感じでしたね。51階層からは突き抜ける感じで突っ走らなければならないとフィンは言っていました。雑魚に構って体力を消費するのは得策ではないというのは正しいでしょうね。

そして51階層からは選抜メンバーのみでの出発となりました。今までは大遠征という感じで団体行動でしたが、ここからは精鋭のみでの進行となることですね。意外にもレフィーヤがここに選ばれていました。いや、当然ながら物語でも主役級ですので選ばれるのは当然といえば当然なのでしょうが、実力的には置いていかれてもおかしくないですね。今まで色々と特訓してきたとはいえ、やはりレフィーヤはどちらかというと腰が弾けるタイプですので足手まといになりかねないというのがネックです。私がリーダーだったらまず選ばないでしょう。しかしこれは物語ということでレフィーヤも選抜されたということですね。サポートですが。

そしてレフィーヤはベルくんのことを皆が凄いと言っていることに対してかなり嫉妬、さらにはがっくりきている感じでした。何かとライバル意識をしているレフィーヤですので、ここでかなり差をつけられたと思っているのでしょうが、しかし自分でもそのことに気づきます。根底の問題ですね。誰かと比べている場合ではなく、今は誰かに追いつきたいと思うのが正しいのだと。冒険者とは冒険するものだと気づいたわけですね。アイズも「冒険してたよ」とベルくんのことを笑顔で話していました。

そしていよいよ51階層へと突入する一行ですが、かなり飛ばし気味でしたね。ヴェートもやる気満々でした。しかし52階層からは止まるのはよくないとフィンガ言いいます。狙撃されると言っておりましたが、なるほど、観て理解しましたね。地下からの炎の柱が上がる階層です。これはトラップかと思いきやまさかの58階層のドラゴンのブレス攻撃でした。岩をも溶かすブレスをボンボン撃ってくる階層って一体どんな階層だよ! って思いましたが、そこまでハイレベルな階層ということがわかりましたね。階層主のいる部屋からということでしたが、結局階層主は出てきていなかったように思えます。それはさておき、ここでレフィーヤやティオネ、ヴェートなどフィンたちと分断されます。フィンたちは正規ルートで58階層へと向かい、落ちたメンバーはそのままそこで戦いを行うというのがフィンの考えでした。ここで落ちたメンバーの助っ人に言ったのはまさかのヒゲおじいちゃんであるガレスでした。今までガレスが戦っているのをほとんど見たことがないのですが、今回初めてその戦いが見れましたね。普通に斧で敵をぶった切る感じの物理型でしたが、あの体格でよく動き回れるものです。レベル6だけに強さも折り紙つきということなのでしょう。ドラゴンを一発で殺していましたね。

ガレスも合流したところで一気に敵を殲滅する感じで皆奮闘していましたが、しかし無限のように湧いてくる芋虫。キリがないという感じでしたが、ここでついにフィンたちが到着です。リヴェリアの魔法で一気に一掃し、一旦の休息をとる一行でした。リヴェリアがきて一気に敵が滅んだって感じでしたね。もうリヴェリアとフィンとガレスとアイズ、それに鍛治師だけでいいんじゃね? って思ってしまう私でしたが、それでは物語が成立しないでしょうし仕方ないですね。

ここから先の59階層は未到達の領域であり、ゼウスファミリアの記録では極寒の地帯ということでしたが、フィンはあることに気づきます。それはその冷気が一切58階層まで届いていないということでした。ついに59階層へと足を踏み入れる一行でしたが、そこに広がっているのはまさに密林というような光景でした。極寒どころか暑そうでしたね。そしてそこで見つけたのは先ほどの芋虫を食べる植物です。捕食し強化するタイプのモンスターのようでしたが、このモンスターは以前の宝玉が割れた時に出てきたあのモンスターに似ていましたね。そしてそのモンスターが「アリア」と言葉を発します。結局アリアとはなんのことなのか不明なのですが、アイズは「精霊」と言っていました。次回全てがわかるのでしょうか?

ソードオラトリアの動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ソードオラトリア

次回のラストは全てがわかるのか!?

ついに59階層へたどり着いた皆ですが、そこで待っていたのは謎のモンスター。そしてアリアとはなんなのか? 次回で全てが明かされるのでしょうか!? 次回のソードオラトリアもお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。