あのミノタウルス戦が再び! ベルくん大奮闘「ソードオラトリア」10話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「ソードオラトリア」10話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容はついに遠征が始まろうということでダンジョンへと進行する辺りです。そしてこれは本編をご覧になっている方はご存知でしょうが、あの伝説のミノタウルス戦が再び見られます! ベルくんが大奮闘しますが、そこへ裏の大ボスであるオッタルがまさかのアイズと戦うという場面がありました。これはかなり実物でしたが、オッタルは唯一のレベル7であり相当の実力者であるのがわかりますね、一体どうなったのでしょうか? 10話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

ミノタウルスVSベルくん そして猛者オッタルVSアイズ「ソードオラトリア」10話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ソードオラトリア」10話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。今回の内容はついに遠征が始まろうということでダンジョンへと進行する辺りです。そしてこれは本編をご覧になっている方はご存知でしょうが、あの伝説のミノタウルス戦が再び見られます! ベルくんが大奮闘しますが、そこへ裏の大ボスであるオッタルがまさかのアイズと戦うという場面がありました。これはかなり実物でしたが、オッタルは唯一のレベル7であり相当の実力者であるのがわかりますね、一体どうなったのでしょうか? 10話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います!

ソードオラトリア10話の感想まとめと内容考察!

では早速、ソードオラトリア10話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容はあの伝説のミノタウルス戦が再び放送されました。そしてアイズとオッタルの戦闘も今回はあるということでかなり気合が入った回であることがわかりますね! 本編を観られている方はもうご存知でしょうが、ベルくんがレベルアップに繋がったあのミノタウルス戦はかなり凄まじいアニメーションでした。それを再び観られるというのは中々のボリュームであると言えるでしょう! そんな10話の内容を個人的な視点で掘り下げていきますので是非最後までご覧になって頂ければと思います!

ミノタウルス再び フレイヤファミリアが一枚噛んでいる?

今回の始まりはまさに前回からの続きでした。本編では一切語られてはいなかった部分ですね。アイズとの特訓が終わって帰っているところを襲撃に会います。その襲撃をした人物、裏の人物とは「フレイヤ・ファミリア」でした。つまりベルくんが狙いということですね。別にベルくんを殺そうと思って位やっていることではないのですが、あのフレイヤの道徳を邪魔するなという意味での警告だったのでしょう。その相手はアイズも名前を知っているほどの人物であり、さらにフレイヤファミリアで猛者と呼ばれているオラリア最強のレベル7であるオッタルもダンジョンに現れたという話を耳にしているロキファミリアの上層部でした。これは色々とフレイヤファミリアが関係あるのでは? と思ったのですが、ロキがそれはないと断言します。もちろん今回のことに関してはフレイヤは関係ないというのでしょうが、別のことの首謀者であるというのは否定できませんべ。フレイヤはベルくんにご執心ですので、これは確実に黒でしょう。

それはそうと遠征がついに始まるのですが、これでベルくんとアイズの特訓も終わりですね。そしてもちろんレフィーヤもついに遠征に行くということで早めの特訓切り上げとなりました。しかし今回もまた嫉妬心まるだしのレフィーヤでしたね。あのヒューマンには負けない! と意気込んでいました。一方アイズはベルくんに触発されて自らも頑張らなければならないと力を入れ直します。ベルくんの頑張りがアイズを強くしている気がしましたね。

そして遠征が始まります。遠征は先発と後発に別れて出発し、アイズは先発隊でした。そして謎が残る59階層についてですが、やはり前人未到の場所なのですね。フィンたちもついにここまできたと今まで以上に力を入れていたように感じました。元々3人だった頃に比べてロキファミリアはずいぶん成長したようですね。そりゃ時間も経てば色々と変化はあるでしょうが、色々な思い入れもあるようです。

そして遠征が始まりますが、遠征が始まってすぐに9階層でまさかのまさかのミノタウルス出現の知らせ・・・白髪という言葉に反応するアイズです。誰よりも早くその場へと向かうアイズですが、途中でオッタルに出くわします。まさかのレベル7に出くわし、さらにはオッタルから勝負を挑まれるという展開に・・・、これは個人的には予想外でしたがオッタルはやはり強いですね。アイズの本気モードなのかどうかはわかりませんが、魔法を使っても全く手足が出ていない感じでした。「ぬるい」という言葉も吐き捨てていましたので、やはりオッタル最強伝説はモノホンでしたね。しかしながらそこで援軍が到着し、さらにはフィンも現れます。フィンからの問いかけに自分の独断で行ったことであるといいその場を立ち去るオッタルでした。さすがにロキファミリアとの全面戦争はフレイヤも望んではいないのでしょうね。むしろフレイヤは戦争というよりも自分の欲望を満たすためだけに生きているという感じですので、戦闘狂のように誰彼構わず喧嘩を売るということはしないでしょう。もしそうであるとするならばここでオッタルが喧嘩を買っていたのですから、確実と言えるでしょうね。

そしてアイズは一足先にベルくんの元へと向かいますが、助けるという言葉に対してベルくんは拒否します。これ以上アイズに助けられるというのはもうごめんだという感じでしたね。自分の憧れ、そして好意を寄せている人物に助けられてばかりではやはりメンツはたちません。ちょっとは成長した姿やかっこいいところを見せたいと思うのは必然でしょう。

そして一人猛進するベルくんですが、やはり彼の成長ぶりはなかなかのものでした。ミノタウルス相手に互角以上の戦いをし、さらにはそのミノタウルスを撃破します。この時のアニメーションは何度見ても華々しいものでした。作画がとても細かく、さらに迫力のある戦闘シーンであり何度見てもいいですね!

ここで今回の回は終了しますが、次回は本格的にアイズたちの遠征、物語の最終へ向かうところでしょう!

ソードオラトリアの動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ソードオラトリア

次回11話はかなり怒涛の回か!?

次回がラストから一つ前の話数となりますが、最終話にかけてかなり怒涛であると考えられます。次回の物語はいよいよ59階層、今までの謎のがわかる回かもしれませんね! 次回のソードオラトリアもお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。